その他のスポーツ

子どもがグングン伸びる「3分間コーチング」

実際に子供達に教えているビデオが盛り沢山!
子どものやる気を引き出すプロコーチに学ぶ! 「目からウロコの3分間アドバイス」 
人間の脳の仕組みを理解し、アジア人の身体(構造)に適した古武術の動きを知ると子供がぐんぐん伸びる

全て表示する >

【フードリ通信】vol.715 逆サイドダイブなどを絡めた4on4練習

2017/01/22

こんにちは。フードリのたかじさんです。
今日は逆サイドダイブ、ピック&ロール、1on1を含めた4on4練習です。



↓それでは動画をどうぞ↓
https://www.youtube.com/watch?v=y6JSxqUHqZI


ここまでの流れとして、
逆サイドダイブからポスト勝負する練習をしていました。
一昨日、昨日のメルマガでお伝えしてきたとおりです。


でその発展練習として、
逆サイドからのダイブ、ピック&ロール、1on1で
攻めることに主眼を置いた4on4練習を行っています。


いつもお伝えしているように、
このように、徐々に選択肢が増えて難易度レベルが上がり、
脳への負荷が上がっていく練習が、
上達しやすい練習です。


で動画の中で、ピック&ロールのディフェンスの話に
話が逸れてしまっていますが、
今世の中にはピック&ロールのディフェンスは
細かく言うと10種類以上あります。


使い分けは
「相手チームの怖いのがどこか」
というところで、
ユーザーのドライブが怖いのか
ユーザーの3pが怖いのか、
ビッグマンのロールが怖いのか、
ビッグマンのポップアウトからの3pが怖いのか、
逆サイドの3pシュートまで怖いのか
等々によって、
使い分けをしています。


10種類をゲーム内で的確に使い分けるのはちょっと難しいですが、
(頭がパンクしますね笑)
3種類ぐらいもっておいて、使い分けられれば面白いですね。


NBAチーム、ユタジャズのコーチのアントニオラング氏が、
昨年度日本でその講習をしていた際にちょっとした愚痴をこぼしていました。


「カリーがピック&ロールを始めたら、
トンプソンが外で3Pを打とうと待ってるんだ。
たまんないよね。

それにさ、、、来季からは
そこにデュラントもいるんだ アハハ苦笑」

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2013-12-13  
最終発行日:  
発行周期:1週間に3回程度  
Score!: 100 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。