その他のスポーツ

子どもがグングン伸びる「3分間コーチング」

実際に子供達に教えているビデオが盛り沢山!
子どものやる気を引き出すプロコーチに学ぶ! 「目からウロコの3分間アドバイス」 
人間の脳の仕組みを理解し、アジア人の身体(構造)に適した古武術の動きを知ると子供がぐんぐん伸びる

全て表示する >

【フードリ通信】vol.713 パワー不足でも戦えるポストで1on1練習

2017/01/20

こんにちは。
HOOP DREAMSのたかじさんです。


今日はパワー不足でも戦えるポストで1on1練習


↓それでは動画をどうぞ↓
https://www.youtube.com/watch?v=b_Ofx9sP1Yk


昨日ボディーチェック、バンプの動画をお届けしましたが、
今日はそれに続いてポストの1on1練習です。


身長が高く、力強いポストプレイヤーは
多くの公立高校でそうそうお目にかかれません。
試合会場でも時々しか見かけることはありません。


ポストで面の取り合いを行い、
ディフェンスにしっかりシールしてボールをもらう、
そして力強くターンをしてステップをしての1on1は理想ですが、
現実問題、そんな力も弱く、身長もさほどない、体力もない選手が
それをやるのは難しいです。


そこで、最初からポストにポジショニングするのではなく、
逆サイドなどからダイブ(移動)してきて、
ボールをレシーブし、ポストプレイをする練習が効果的です。


これなら、しっかりシールしていなくても、
動きに合わせてパスを入れやすく、
もらってすぐに勝負できます。


ダイブしてきて一瞬の面取りでレシーブ、
又は、
完全にバンプされても
すぐに逆方向(ローポスト側)に回転してレシーブ
なので体力の消耗も少ないです。


力と高さの真っ向勝負では敵わなくても、
横のスピードとキャッチの瞬間の判断勝負に持ち込めます。


大きい選手はいなくても、
ポストにボールを入れて攻めることは
試合にはとても大切なことです。
(ポストにボールが入った回数が多いチームが勝つ、という統計もあるそうです)


是非取り入れてみてください。

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2013-12-13  
最終発行日:  
発行周期:1週間に3回程度  
Score!: 100 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。