工芸

日本の伝統に触れる

和服、特に手染め江戸小紋は、100円玉のスペースに1000個の穴を開ける訓練等で培われた技術が支える美の粋。 続き柄の反物は、ミクロの世界の柄合わせを目視で行う技術と集中力の賜物。 失われつつある技術の凄まじさと、込められた愛情を伝えたいと思う。

メルマガ情報

創刊日:2013-11-13  
最終発行日:2017-08-13  
発行周期:週刊  
Score!: 100 点   

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

最新記事

最新のコメント