恋愛・人生

人生のMan Of The Match

あなたに惚れたと言わせたい! 〜今、求められる男とは〜 同性からも異性からも求められる男になるために

全て表示する >

【人生のMan Of The Match】創刊号

2013/10/18

こんにちは、はじめまして、エースです。

今回【人生のMan Of The Match】というタイトルで、
メルマガを創刊させていただきました。

多くの人に自分自身の人生を有意義に過ごしていただきたく、
以下のような内容のメルマガをこれから発信していきたいと思います。



■コンプレックスなんて誰でもある


コンプレックスは誰もが持っているもの。

私だってもちろん、1つじゃなくいくつも持っている。
(肌が黒い、足が太い、鼻声、背が高くない、くせ毛、顔が濃いなど)

ただ、そのコンプレックスを逆に強みに変えてとらえてみたり、
それができないまでもフォーカスを当てる部分をシフトして、
強みのある部分を伸ばせば良い。



■もっと恥をかくことを楽しむ


あなたはカッコつけてばかりで恥をかきたくないと思うかもしれない。



違う違う。全く違う。



だいたいそういう男性は、実は、カッコつけてもいないのに
恥だけはかきたくないと思っている。
そのほとんどが誰にも見向きもされない人だったりする。



出ない杭は打たれもしない。



なぜならば、その存在が小さすぎて認識されないから。

何度も言うが、まず目立て。

埋もれたら、あなたの存在がないのも一緒。


そこから巻き返すのは可能だし、
そのギャップはレバレッジ(テコ)として使える。

もちろん、あるグループで目立つ人というのは
決まっているように思えるかもしれないが、
私が所属するグループはみんなが自分の味と長所を知っていて、
そこに全力を注ぐので、みなそれぞれ輝いてて、
仲間としてさわやかにジェラシーを感じてしまうほどである。



■もっとカッコつけよう


以前は、かっこつけすぎて力(りき)んでしまっている人に、
もっと自然体になろうと言われる風潮あったが、
最近 “自然体”や“自分らしさ”という言葉に甘んじて、
見られる自分を適当にしすぎる男性が多いと感じている。

どんな鳥でも、自分を華やかに見せたり、毛づくろいはして、
いつでもメスに対するアプローチができるようにしている。

あなたにも、デートがなくても、合コンがなくても、
パーティがなくても、鍋会がなくても、
いつどこで素敵な女性に会うかはわからないのである。



120%バッチリ決めてこいとは言わない。



ただ、急にデートになっても、髪型整えて、
香水つければいけるくらいの最低80点はいつでも意識しよう。


人生のMan Of The Match 創刊号

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2013-10-16  
最終発行日:  
発行周期:不定期、月に2回程度  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。