メンタルヘルス

簡単に短期間で改善できる!対人恐怖症改善法

初めまして丸山大輝と申します。このメルマガでは対人恐怖症を改善する方法を紹介していきます。私は実際にこの方法を使って、行動を制限されることなく生活できるまでに改善することができました。わかりやすくあなたに教えていきますのでどうぞよろしくお願いします。

全て表示する >

対人恐怖症改善法「より深く解説します」

2013/09/25

こんにちは、
発行人の丸山大輝です。


今日は、
以前エクササイズとして紹介した
心を落ち着かせる方法について

もう一度詳しく解説していこうと思います。


このエクササイズは、心理学を取り入れていて、
実際にあなたが体験したことがあると思われることと関連しています。


エクササイズの内容は以下のとおりです。


ステップ1
自分が最も心が落ち着いていてリラックスできていた時を思い出してください。

リビングのソファーで寝ているとき、夜風にあたっているときなど、
普段自分がリラックスできている時でもいいです。


ステップ2
目を閉じてその時にいた場所やそこにいた人、
どんなモノが置いてあってどんな色だったか
というように細部まで思い出してください。


ステップ3
細部まで思い出してから、自分がそのイメージ上で
リラックスしている様子を観察してください。


ステップ4
それが観察できたら、
実際にそのイメージの中に入って、
その時に感じたことをリアルに感じてください。

どんな匂いがするのか、どんな音が聞こえているのか、
どんなモノが見えているのか、どんな感触がするのかなど、

その時に感じていたことをリアルにもう一度感じてください。


ステップ5
十分に感じることができたら、
自分の胸をポンポンと軽く叩きながら

「平常心が戻ってくる」
「平常心が戻ってくる」

と何回か心の中でゆっくり唱えてください。


ステップ6
目を開けて下さい。


これがエクササイズの内容ですが、

このステップ5でどうして
自分の胸を軽く叩かなければならないのかわかりますか?


また、なぜ「平常心が戻ってくる」と何回か心の中でゆっくり唱えるのか
わかりますか?


答えは心理学を学べばわかるのです。


心理学の用語に、
アンカーとトリガーという言葉があります。

この二つについてはまた後で話します。

これは、どちらも似たようなものですが、
若干異なります。

その他にも様々な心理学を学んでみると
面白いので、調べてみてください。


それで、最初の胸を叩く理由は二つあります。


一つは、今言ったアンカーとトリガーを有効活用するため。

もう一つは、心臓に近い場所を叩くほど、リラックスできるからです。


では、
アンカーとトリガーの話をします。

アンカーというのは、
昔に感じた気持ちや昔の思い出を、

その時と同じような感情を抱くことで
当時の記憶や思い出が溢れてくるという現象をさします。


また、トリガーというのは、
懐かしい匂いや懐かしい音楽、

こういう昔の思い出を五感で感じた時に
当時の記憶や思い出が溢れてくる現象をさします。


この違いがわかりますか?


アンカーというのは、
感情面で昔の思い出が一致したとき

トリガーというのは、
五感で感じたものが昔の思い出と一致したとき

という違いです。


それで、
叩くことと、どう関係があるのかというと、


同じ場所を叩くことで、そのときのリラックスをした感じを
再び感じやすくするためです。


このエクササイズは毎日やってもらっていると思いますが、
やる度にリラックスしやすくなっていると思います。


しかし、
心臓に近い場所を叩くほど、リラックスできるというのは、

科学的に証明されているのかわからないので、
私の個人的な意見をいいますが、

心を落ち着かせるんだから、心に近いところを触ったほうがいいだろ
という単純な考えです。

でも、これは実際にやってみるとわかるのですが、

足や手、腕や腹ではなく、胸がもっともリラックス出来る場所だと
わかると思います。


じゃあ次に、

なぜ「平常心が戻ってくる」と何回か心の中でゆっくり唱えるのか
わかりますか?


これは、アファメーションと呼ばれる心理学を利用するためです。


これは一種の自己暗示のようなものですが、
心理学的に解明されているらしく、

自分自身に語りかけることで、本当にそのような状態になるという
力を持っています。


アスリートと呼ばれる人も同じようなことをやっていますよね。


自分がパフォーマンスをする前に


なんて言っているのかわかりませんけど、
自分に繰り返し同じ言葉を語りかけていますよね。


これも同じようなものだと思います。


はっきりと証明できなかったところもありますが、


このエクササイズの謎は全て解明できたということで
いいでしょうか?


また、わからないことがあったら
どんどん質問してくださって構いませんので、
よろしくお願いします。


では、今回も最後まで読んで下さって
ありがとうございました。

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2013-08-23  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 非表示   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。