資格

マンション管理士・管理業務主任者の過去問

過去問を解けば合格が見える!合格への最短コースは過去問です。平日の毎日、1日に1問、マンション管理士・管理業務主任者の過去問をお届けします。継続は力なり。試験合格のためのメルマガです。正確でポイントをついた解説と解法のテクニックで合格を目指そう!

メルマガ情報

創刊日:2013-08-17  
最終発行日:2019-05-24  
発行周期:平日刊  
Score!: 68 点   

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

このメルマガは最新記事のみ公開されています。

マンション管理士・管理業務主任者の過去問 No.1502[H23管-5]

2019/05/24

-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=

 マンション管理士・管理業務主任者の過去問 No.1502[H23管-5]
                             2019.5.24
                            平日毎日発行
                           2013年8月創刊

-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=*-=


長い期間でしたが、昨日で昨年度のマンション管理士・管理業務主任者の本
試験解説が終わりました。

本日からは、通常の過去問配信に変わります。本試験解説が始まる前の続き
からになります。

よろしくお願いいたします。

それでは早速、本日の問題にいきたいと思います。



■■ 問 題 ■■


平成23年 管理業務主任者

【問 5】 制限行為能力者に関する次の記述のうち、民法の規定によれば、
正しいものはどれか。

1 成年被後見人が、成年後見人の同意を得て行ったマンションの賃貸借契
約は、取り消すことができない。

2 成年後見人が、成年被後見人に代わって、成年被後見人が所有する居住
の用に供するマンションの専有部分について抵当権を設定する場合には、家
庭裁判所の許可を得なければならない。

3 未成年者が、マンションの専有部分をその区分所有者から賃借した場合
は、法定代理人の同意を得ているか否かにかかわらず、当該賃貸借契約を取
り消すことができる。

4 被保佐人が、自己の所有するマンションの専有部分につき大修繕のため
の請負契約を締結する場合には、保佐人の同意を得る必要はない。



※ 解答は下にあります。





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 宅建通信学院からのお知らせ!
--------------------------------------------------------------------

■ マンション管理士・管理業務主任者の本試験解説ページ↓
 http://www.law-ed07.com/shiryou/top.html


■ 本メルマガの姉妹誌「宅建の過去問」
 まぐまぐ http://www.mag2.com/m/0000179544.html
 メルマ  http://www.melma.com/backnumber_148763/


■ 宅建通信講座!
 一番安くて、一番内容が充実している宅建通信講座!
 9,700円ですべての教材が揃います。
 詳しくは下記ホームページで!
 http://www.law-ed07.com/takken/top.html

 ・ツイッター https://twitter.com/law_ed07
 ・YouTube 宅建 辻説法 http://www.law-ed07.com/takken/YouTube.html
 ・宅建本試験解説ページ http://www.law-ed07.com/shiryou/top.html



宅建通信学院ホームページ

 http://www.law-ed07.com/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





■■ 解 答 ■■


【問 5】 正解 2

1 誤り。

成年後見人には、成年被後見人の行為に対する同意権はなく、成年被後見人
が、成年後見人の同意を得て行ったとしても、そのマンションの賃貸借契約
は、取り消すことができる。
*民法9条
http://www.law-ed07.com/cyber-law/minpou/0009.php

2 正しい。

成年後見人は、成年被後見人に代わって、その居住の用に供する建物又はそ
の敷地について、抵当権の設定その他これらに準ずる処分をするには、家庭
裁判所の許可を得なければならない。
*民法859条の3
http://www.law-ed07.com/cyber-law/minpou/0859_3.php

3 誤り。

未成年者の法定代理人は、同意権を有しているので、未成年者が法定代理人
の同意を得て行った賃貸借契約は取り消すことができない。
*民法5条1項
http://www.law-ed07.com/cyber-law/minpou/0005.php

4 誤り。被保佐人が、新築、改築、増築又は大修繕をするには、その保佐
人の同意を得なければならない。
*民法13条1項8号
http://www.law-ed07.com/cyber-law/minpou/0013.php



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
記事を読んだら、あなたの評価をつけてください。
評価は3段階で簡単にできますので、本メールの一番下からご参加ください!
___________________________________
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



====================================================================

 【マンション管理士・管理業務主任者の過去問】
 ■発行者 宅建通信学院 松本圭司
    ホームページ http://www.law-ed07.com/
 ■このメルマガは、一応「発行時点」における法改正に対応しております
  が、本試験までの法改正への対応を保証するものではありません。
 ■発行システム:『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/
         『メルマ』   http://melma.com/
  登録及び配信中止はこちら
      まぐまぐ  http://www.mag2.com/m/0001614987.html
      メルマ   http://melma.com/backnumber_197321/
 ■ご意見・ご感想は、このメルマガに直接「返信」の形でお送り下さい。

 Copyright(C)2019 宅建通信学院 All rights reserved.

====================================================================


最新のコメント

  • 名無しさん2018-03-07 08:09:29

    むずかしかった、簡単だったは、単なる本人の主観の問題。もっとその問題自身のことをアドバイスしてほしい!!