名言

人生のサプリメント ― 蔵書より、今日のワンフレーズ

人生を拓いてくれた手持ちの書籍たちから、その日の直感で選んだフレーズをご紹介していきます。

全て表示する >

【人生のサプリメント】どの世界でも大切なのは実力を●●すること 《2017年10月11日号》

2017/10/11

 

 今日のひとりさん。

 仕事を続ける方法、ほか。
  ↓ ↓ ↓
 https://youtu.be/EjYO86xyF34

 いずれにしても研究と実践。



 というわけで、おはようございます。

 発行人のせらつかです。

 今日も本メールをご覧いただき、

 誠にありがとうございます。



 このメルマガではその日の直感で選んだ蔵書から、

 気になったフレーズをご紹介しています。

 穴埋めクイズ形式になっていますので、

 頭の体操代わりに答えを予想してみてください。


 ■■今号のメニューはコチラです■■

  ★フレーズ穴埋めクイズ
  ★今日のフレーズについて
  ★(ブログには書かない)編集後記

______________________
______________________

★フレーズ穴埋めクイズ:第1507問目
______________________

「決断力」(羽生善治/角川書店)より
 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4047100080/1dayphrase-22/ref=nosim/


『どの世界においても、大切なのは
 実力を●●することである。』(p195)

 ●●に当てはまる言葉は?

 (NGワード:「無視」)


 ↓答えはこちら
 http://1dayphrase.sblo.jp/article/181249365.html

 ↓過去ご紹介したフレーズの検索はこちら
 http://1dayphrase.blog.fc2.com/

_______________________
_______________________

★今日のフレーズについて
_______________________

「決断力」(羽生善治/角川書店)より
 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4047100080/1dayphrase-22/ref=nosim/



 働かざる者食うべからず、と言いますが、

 たった一日従事しただけで、

 一生食べていける実入りのある労働なんて、

 当然ながら、まずありえません。



 つまり、瞬間的、単発的にしか仕事がない、

 という状況は、多くの人にとって過酷なもの。



 それを避ける対策はいろいろあるはずですが、

 仕事の方がこちらを放っておかないくらい、

 地道に自分を磨き、力を保ち高めておくのが、

 最も有効な手の一つなのは間違いありません。


 羽生さん、よい本をありがとうございます。



「決断力」(羽生善治/角川書店)
 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4047100080/1dayphrase-22/ref=nosim/

 この本のピンポイント評価(最大★5)
 無事是名馬度:★★★☆☆

_______________________
─…─↓ PR ↓─…─…─…──…─…─…──…─…─…──…─

初心者からPC自作ユーザーまで幅広いご支持を頂いております
「ドスパラ」のWeb通販サイトです。自由にカスタマイズできる
オリジナルパソコン「Prime」を中心に現在躍進中です!
皆様のご訪問を心よりお待ちしています!
http://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=25XYAT+6Z8Y2A+NTS+60OXF

…─…─…──…─…─…──…─…─…──…─…─↑ PR ↑─…
_______________________

★(ブログには書かない)編集後記
_______________________

=======================

   ↓ブログも同時更新中です↓
   http://1dayphrase.blog.fc2.com/

=======================

 一日で一生食えるくらい稼げる仕事って、

 どんなのがあるでしょうね?

 もちろん合法的に。あとカジノとか除いて。



 金融トレードとか、油田や金鉱掘り当てるとか、

 その程度しか思いつかない創造力の貧困さよ(笑)



 もっとも、そんな“仕事”でさえ、

 それ以前の準備とか元手とか習熟とか、

 外からは見えなくても、必ずあるわけで。

 

 ミケランジェロのこんな逸話があります。

 「たった二週間で作った彫刻がこの高値か」

 と、依頼主に渋られて返した言葉が、

 「たった二週間で彫れるようになるのに、

  私は何十年と研鑽を積んできたのだ」

 

 どんなに爆発的な成果を出したように見えても、

 必ず、陰には何かしらの蓄積があり、

 それを得るべき理由があるよ、というお話です。

_______________________

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2013-08-06  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: 98 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。