名言

人生のサプリメント ― 蔵書より、今日のワンフレーズ

人生を拓いてくれた手持ちの書籍たちから、その日の直感で選んだフレーズをご紹介していきます。

全て表示する >

【人生のサプリメント】中途半端に●●性を出すから失敗する 《2017年09月11日号》

2017/09/11

 

 今日のひとりさん。

 個性の話。
  ↓ ↓
 https://youtu.be/k3KPvCs78P8

 色眼鏡で他人を観るのが人のサガ。



 というわけで、おはようございます。

 発行人のせらつかです。

 今日も本メールをご覧いただき、

 誠にありがとうございます。



 このメルマガではその日の直感で選んだ蔵書から、

 気になったフレーズをご紹介しています。

 穴埋めクイズ形式になっていますので、

 頭の体操代わりに答えを予想してみてください。



 ■■今号のメニューはコチラです■■

  ★フレーズ穴埋めクイズ
  ★今日のフレーズについて
  ★(ブログには書かない)編集後記

______________________
______________________

★フレーズ穴埋めクイズ:第1477問目
______________________

「自分が信じていることを疑う勇気」(長谷川雅彬/きこ書房)より
 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4877713700/1dayphrase-22/ref=nosim/


『多くの人が失敗するのは、中途半端に他人の意見に迎合し、
 中途半端に●●性を出すからです。』(p174)

 ●●に当てはまる言葉は?

 (NGワード:「社会」)


 ↓答えはこちら
 http://1dayphrase.sblo.jp/article/180947735.html


 ↓過去ご紹介したフレーズの検索はこちら
 http://1dayphrase.blog.fc2.com/

_______________________
_______________________

★今日のフレーズについて
_______________________

「自分が信じていることを疑う勇気」(長谷川雅彬/きこ書房)より
 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4877713700/1dayphrase-22/ref=nosim/



 過去、現在、未来、すべてを通し、

 誰一人として、誰かと同じ人はいません。



 つまり、個性的でない人はいない――

 のですが、かといって全員が満足に、

 オリジナリティを産んでいるとは限りません。



 その過程で、他人の意見を受け入れるあまり、

 自分自身にしか出せない個性的な魅力を、

 希釈させてしまう――大抵、それが原因です。


 長谷川さん、よい本をありがとうございます。



「自分が信じていることを疑う勇気」(長谷川雅彬/きこ書房)
 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4877713700/1dayphrase-22/ref=nosim/

 この本のピンポイント評価(最大★5)
 玉虫色は個性と認識されにくい度:★★★★☆

_______________________
─…─↓ PR ↓─…─…─…──…─…─…──…─…─…──…─


初心者からPC自作ユーザーまで幅広いご支持を頂いております
「ドスパラ」のWeb通販サイトです。自由にカスタマイズできる
オリジナルパソコン「Prime」を中心に現在躍進中です!
皆様のご訪問を心よりお待ちしています!
http://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=25XYAT+6Z8Y2A+NTS+60OXF

…─…─…──…─…─…──…─…─…──…─…─↑ PR ↑─…
_______________________

★(ブログには書かない)編集後記
_______________________

=======================

   ↓ブログも同時更新中です↓
   http://1dayphrase.blog.fc2.com/

=======================

 前述の通り、個性のない人はいません。

 冒頭の音声でも同じことを仰ってますが、

 自己主張をしない人を指して、

 「あの人は個性がない」

 などというのは、あまりに傲慢な話です。



 「自己主張をしない」という個性であって、

 「自己主張しなければ個性はない」という、

 勝手な価値観を押しつけているわけですから。



 リンゴの林の中にあっても、

 梅の木に生った果実は酸っぱい梅なんです。



 「梅の木さんよぅ、

  ここリンゴ林なんだからリンゴ実らせろや」

 なんて無理言うより、梅とリンゴを組み合わせて、

 パイなりタルトなりサングリアなり、

 地元名物を創ればいいんです、というお話です。

_______________________

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2013-08-06  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: 98 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。