トップ > アート&カルチャー > 名言 > 人生のサプリメント【紅玉版】 ─ 蔵書より、今日のワンフレーズ

人生を拓いてくれた手持ちの書籍たちから、その日の直感で選んだフレーズを、クイズ形式でご紹介していきます。

RSS


メルマガの登録・解除

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。



【人生のサプリメント】死に人が最も恐れるのは、●●●●から別れねばならないこと 《2016年09月19日号》

発行日:9/19

  

 今日の一曲。

 中島みゆき「時代」
  ↓ ↓ ↓
 https://youtu.be/JwDtGWha0EU

 生れ変わつてめぐりあいませう。



 というわけで、おはようございます。

 発行人のせらつかです。

 今日も本メールをご覧いただき、

 誠にありがとうございます。



 このメルマガではその日の直感で選んだ蔵書から、

 気になったフレーズをご紹介しています。

 穴埋めクイズ形式になっていますので、

 頭の体操代わりに答えを予想してみてください。



 ■■今号のメニューはコチラです■■

  ★フレーズ穴埋めクイズ
  ★今日のフレーズについて
  ★(ブログには書かない)編集後記

______________________

─…─↓ PR ↓─…─…─…──…─…─…──

◆◇インクカートリッジが激安 インクナビ◇◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━………
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

プリンタを買ったけれども…
インクカートリッジ代が「高い!」とお嘆きのあなたッ!
【インクナビ】にお任せください!

最大79%OFFの低価格!
納得の高品質!送料無料の製品も盛り沢山!

さらに!!今ならポイント10倍サービス!

安心の1年間保証付!

購入後も安心してお使いいただけます!

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

詳しくはこちら
>> http://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2BNM0Y+AQZTJ6+2EFE+64C3N

………━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
…─…──…─…─…──…─…─↑ PR ↑─…

______________________

★フレーズ穴埋めクイズ:第1130問目
______________________

「魂の伴侶―ソウルメイト 傷ついた人生をいやす生まれ変わりの旅」(ブライアン・L. ワイス/PHP研究所)より
 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4569573096/1dayphrase-22/ref=nosim/


『ベッドの上で死のうと
 銃で撃ち殺されようと
 人が最も恐れるのは
 ●●●●から別れなければならないことだ。』(p129)

 ●●●●に当てはまる言葉は?

 (NGワード:「学生時代」)


 ↓答えはこちら
 http://1dayphrase.sblo.jp/article/176927283.html


 ↓過去ご紹介したフレーズの検索はこちら
 http://1dayphrase.blog.fc2.com/

_______________________

─…─↓ PR ↓─…─…─…──…─…─…──…
───────────────────────
【本・電子書籍】ハイブリッド総合書店honto
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
文芸・ビジネス・資格・実用・マンガ
欲しい本が見つかります!
ハイブリッド総合書店「honto」
いまならポイント3倍!
http://tinyurl.com/lv47s9x
───────────────────────
─…─…──…─…─…──…─…─↑ PR ↑─…

_______________________

★今日のフレーズについて
_______________________


「魂の伴侶―ソウルメイト 傷ついた人生をいやす生まれ変わりの旅」(ブライアン・L. ワイス/PHP研究所)より
 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4569573096/1dayphrase-22/ref=nosim/



 W・B・イェーツの言葉だそうです。



 生物が死を恐れ、死を避けようと懸命に励むのは、

 ごくごく自然で当然な生存本能です。

 ただ、こと人間の場合は、微妙に事情が異なります。



 未知で不可知であるがゆえに、

 「死」そのものに対し、ただ恐れる人もいる一方。

 その不可知を許容し、ただ「死」によって生じる、

 身辺の関係性の変化の方をこそ恐れる人もいます。 



 結局のところ、死とは、天地宇宙が用意した、

 人知を超えた大いなる営みと仕組み、そのひとつ。

 人の小賢しい知恵や論理力を振り回したところで、

 到底、把握しきれるものではないのでしょうね。


 ワイス博士、よい本をありがとうございます。



「魂の伴侶―ソウルメイト 傷ついた人生をいやす生まれ変わりの旅」(ブライアン・L. ワイス/PHP研究所)
 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4569573096/1dayphrase-22/ref=nosim/

 この本のピンポイント評価(最大★5)
 メメント・モリ度:★★★★★

_______________________

─…─↓ PR ↓─…─…─…──…─…─…──…─…─…──…─

初心者からPC自作ユーザーまで幅広いご支持を頂いております
「ドスパラ」のWeb通販サイトです。自由にカスタマイズできる
オリジナルパソコン「Prime」を中心に現在躍進中です!
皆様のご訪問を心よりお待ちしています!
http://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=25XYAT+6Z8Y2A+NTS+60OXF

…─…─…──…─…─…──…─…─…──…─…─↑ PR ↑─…

_______________________

★(ブログには書かない)編集後記
_______________________

=======================

   ↓ブログも同時更新中です↓
   http://1dayphrase.blog.fc2.com/

=======================

 あの曲の歌詞は、

 ミクロにもマクロにも捉えることのできる、

 本当に懐の深い歌詞だとしみじみ思うのです。



 この深さは、一曲という小さめな規模の中だからこそ、

 醸し出されてくるのかもしれません。



 これがあるいは長編映画だったら。

 たとえばマトリックスやアバター、

 古くはネバーエンディングストーリーなどのように、

 (比較的ですが)比喩に比喩を重ねることで、

 比喩になりすぎることもないわけでして。

 (いや、もちろんどれもが精神的真髄を描いた、

  不朽の名作だと思うのであしからず)



 敦盛で言えば五十年。

 人生も、一生という適度な区切りがあるから、

 存分に味わい深いのかもしれません。


_______________________

最新の記事

ブックマークに登録する

TwitterでつぶやくLismeトピックスに追加するdel.icio.usに追加Buzzurlにブックマークニフティクリップに追加Yahoo!ブックマークに登録記事をEvernoteへクリップ
My Yahoo!に追加Add to Google

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。


この記事へのコメント

コメントを書く


上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。
コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  1. 感情を乱すことと、感情に素直であることは別物。
    感情を殺すことと、冷静に人生を歩むことも別物。 
    こういう風に書いて貰えると「そうか」とピンと来ます。ありがとうございました。

     2016/9/22

このメルマガもおすすめ

  1. Japan on the Globe 国際派日本人養成講座

    最終発行日:
    2017/05/21
    読者数:
    13242人

    日本に元気と良識を。歴史・文化・政治・外交など、多方面の教養を毎週一話完結型でお届けします。3万8千部突破!

  2. 宮崎正弘の国際ニュース・早読み

    最終発行日:
    2017/05/23
    読者数:
    24268人

     評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

  3. e-doctor ドクタースマートの医学なんでも相談室

    最終発行日:
    2017/05/17
    読者数:
    3296人

    読者の質問に内科医であるドクタースマートがお答えするメルマガです。病気に関するどんなことでも、なんでも質問してください。すべての質問に、ドクタースマートが本気・本音でお答えいたします。

  4. 頂門の一針

    最終発行日:
    2017/05/23
    読者数:
    5693人

    急所をおさえながら長閑(のどか)な気分になれる電子雑誌。扱う物は政治、経済、社会、放送、出版、医療それに時々はお叱りを受けること必定のネタも。

  5. 甦れ美しい日本

    最終発行日:
    2017/05/19
    読者数:
    7050人

    日本再生のための政治・経済・文化などの発展・再構築を目的とし、メールマガジンの配信を行う

発行者プロフィール

過去の発行記事