健康・家庭の医学

健康は自分で守りましょう

生きていくのに健康はとても大切です。
以前は体の健康から、今は心のケアを
書いています。

全て表示する >

食事一時間前の水がよい

2013/07/27

人間の体の大部分は水分です。
よい習慣の一つによい水を飲むことです、
水にもよい飲み方があります。

飲んだ水は胃腸で吸収され、血管を通って
全身の細胞に細胞に運ばれます。血液の流れを
よくし新陳代謝がスムーズに行われます。
よい水はコレステロールや中性脂肪を減らす
効果があります。
そのために一日1500〜2000cc飲むといいでしょう。

ただ食前は胃がいっぱいになって食べれなくなるし
食事中や食後は消化吸収を妨げますのでコップ一杯250cc
がいいでしょう。
理想的な水の補給は寝起きと食事一時間前です。
朝起きて 500〜750cc
昼食の1時間前 500cc
夕食の1時間前 500cc
これは一つの目安です。

夏場や体を動かし汗をかく人はもっと多くの水分が必要です。
胃腸が弱く消化吸収に時間がかかる人は食物が吸収する前に
水分で流されるので下痢するかもしれません。
体の大きさによっても必要な水分量は違ってきます。
もし1500ccの水を飲んで下痢をするようなら
一度に飲む量を350ccに減らし少しづつ増やしていくように
するとよいでしょう。

冬場は冷たい水を飲むと体が冷えるので、少し温めた水を
ゆっくり飲むとよいでしょう。
人間の体内でエンザイムが最も活性化するのは体温が36〜40
度です。この範囲内であれば体温が0.5度上がれば免疫力が
35%アップします。病気の時発熱するのは、体温を上げることで
エンザイムが活性化します。

          ―病気にならない生き方―
            新谷弘実氏から引用 


きょうは友人のすずさんのレポートを紹介します。
ID・パスワード管理に困った事のあるあなたへ お悩みを一発解消する裏ワザを無料公開
http://mailzou.com/get.php?R=65109&M=27810

きょう私が作ったゴールデン動画劇場は可愛い子犬達です。
http://760508dc1373b56b.lolipop.jp/gdg2/doubutu/dog.php

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2013-07-02  
最終発行日:  
発行周期:日刊  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。