健康・家庭の医学

健康は自分で守りましょう

生きていくのに健康はとても大切です。
以前は体の健康から、今は心のケアを
書いています。

全て表示する >

食の常識は危ない

2013/07/18

手術した後お粥が出るけど、本当は普通食の方がいいのです。

それはよくかむからです。そうすると唾液の分泌を促し
消化エンザイムと食べ物が混ざりあい、食物の分解が
スムーズになり消化吸収がよくなります。

それがお粥だとよく噛まずに飲み込みます。それで
エンザイムと十分に混ざらず消化が悪くなります。


新谷先生は胃の手術の三日後に普通のお寿司を
出したこともあるそうです。ただし「ひとくち70回は
噛んで下さい」と指導されました。

よく噛むことは消化吸収をスムーズに行い
とても大切です。
ふだんから30〜50回噛むことをお勧めします。

実は牛乳は消化が悪いのです。
その理由は明日書きます。

       ―病気にならない生き方―
         新谷弘実氏より引用

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2013-07-02  
最終発行日:  
発行周期:日刊  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。