健康・家庭の医学

健康長寿の知恵袋 〜健康で長生きのための実践栄養学〜

今の日本は平均寿命と健康寿命には約10年位の開きがあり、人生の最後の10年間は介護期間です。
そこで、健康寿命延伸対策に必要な骨粗鬆症、生活習慣病、ガン予防のための食事・栄養療法について今まで大学や一般向けのセミナーで話してきた内容について書いていきます

全て表示する >

【週刊】健康長寿の知恵袋 【通巻18号】 脂質代謝異常の病態

2013/08/11


脂質代謝異常症というのは、血液中の脂質、特にコレステロールや
トリグリセリド(中性脂肪)が多過ぎる病気のことです。

病気と言っても、脂質代謝異常症はそれ自体はほとんど無症状で、
痛くもかゆくもないので軽く見られがちです。しかしこの病気の恐ろしいところは、
放置しておくと心筋梗塞や脳梗塞など命に係わってくる虚血性疾患の原因となる
動脈硬化を引き起こすことです。

動脈硬化とは、動脈が硬くなったり、狭くなったりして血液の流れが
悪くなった状態のことをいうのですが、この動脈硬化を予防できれば、
65歳以上の寝たきりの1/4を占める脳血管疾患や心疾患を予防でき、
その結果、国民の健康寿命を延ばしていくことも可能になってくるのです。

今回を含め、15回に渡り、脂質代謝異常予防の知恵についてお話ししていこうと思います。

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2013-02-15  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。