時事・世論

2100年 〜トビラ〜

環境分野で活躍する新進気鋭の企業が「持続可能な未来」を描きます。

メルマガ情報

創刊日:2013-01-04  
最終発行日:2013-03-23  
発行周期:ほぼ日刊  
Score!: 非表示   

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

このメルマガは最新記事のみ公開されています。

【本日のトビラ】【3月23日号】

2013/03/23

■□─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─□■

2013年3月23日 2100年 〜トビラ〜

「継続は力なり」


                       株式会社アースコム
                       
                       企画戦略室 広報課
                       
                       http://earthcom-eco.jp/

■□─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─□■

◎本メールマガジン(2100年 〜トビラ〜)は、

 主として太陽光発電設備を取り扱う
 
 新進気鋭の環境関連企業

 株式会社アースコムが

  ---------------------------------

  ・格言

  ・注目ニュース

  ・評論

  の提供を通じた

  企業価値の向上

  社会貢献
  
 ---------------------------------

 を目的として発行いたします。

■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■
  
◆格言

 「罪を憎みて罪人を憎まず」
     セネカ

 よく知られた格言ですね。

 刑法では、「行為無価値」と「結果無価値」の争いとなっています。

 端的に言えば、「犯罪という行為」が悪いのか、「犯罪を犯した人」が

 悪いのか、という議論です。

 これだけで本が一冊書けてしまうほどの大テーマなわけですが・・・。

 私が「結果無価値」を指示していることだけ書き記しておきます。
 
 ちなみに、実務も同理論に準拠していると言われています。
            

■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■

◆評論

┌─────────────────────────────────┐
│            継続は力なり               │
└─────────────────────────────────┘
 
 これまたよく知られた格言ですね。

 しかし、そういう言葉に限って、なかなか「身になる」レベルには到達して

 いないものです。

 「継続」は想像以上に難しい作業です。

 私の見立てでは、同じことを数年ないし数十年単位で継続できる人は、全人

 口の数%しかいません。

 それ以外の人は、早い人で数秒、遅い人でも数か月で投げ出してしまいます。

 なぜか。

 答えは簡単で、上述のように、「継続は難しいから」です。

 投げ出す理由は様々でしょうが、一番多いのはやはり「飽きる」というもの

 でしょう。

 同じ作業に異なるファクターを発見し続け、あたかも全く違う作業に従事し

 ているかのように見えてしまう。

 そこを旗艦とし、広範なフィールドに打って出る。

 「継続」を「力」にできるということは、きっとそういうことなのだと私は

 思います。

 _
■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■

◆編集後記

 新たな業務として、図面作製を担当することになりました。

 補助的なポジションですが、全く経験したことがない仕事ですので、日々

 大いなる挑戦を迫られています。

 何事も経験。

 頑張ります。
  
 
■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■

最新のコメント

  • コメントはありません。