恋愛・人生

ワルの恋愛

基本的にこの世の中っていうにはワルな男がモテル。なぜだろうか?それは心理学を巧みに使って、ワルの恋愛テクニックを知っているから。さあ、ワルな男になってモテようか。

メルマガ情報

メルマガ情報は非表示設定にされています。

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

このメルマガはサンプル記事のみ表示されています。

このメルマガはサンプル記事のみ公開されています(最新号を読むにはメルマガ登録が必要です)

サンプル記事

2000/01/01

サンプル号
■■■■■■■■ 
■ ご 挨 拶
■■■■■■■■




こんにちは。


発行者のゆうきです。


あなたは女性と楽しく会話できていますか?

というより女性を楽しませてあげていますか?


男性との会話なら盛り上がるのに、

女性との会話になると盛り上がらない。

そんな経験はありませんか?


それには原因があるんです。


何だと思いますか?


その理由はいたって簡単です。



男性と女性との間ではおもしろさの基準が
まったく違うからです。


そうなんです。
男性と女性とでは会話の内容を変える必要があるんです。 


そのためには、
女性がどういう会話を好むかを知る必要があります。


ゆうきが女性との会話を研究した結果、


3つの法則を発見しました。




この3つの法則を理解してしまえば、


女性と楽しく会話することは
それほど難しいことではありません。


是非覚えて下さい。

いえ、絶対覚えて下さい。



まず1つ目です。



■男性と女性とでのおもしろさの違い



男性のおもしろさは分かりますか?


これを読んでいるあなたは
おそらく男性なので分かると思います。


男性の場合は言葉の通りそのまま
「おもしろい」ということです。


難しく考える必要はありません。


問題は女性です。



簡単に言えば、
女性のおもしろいは楽しいということです。


つまりいっしょにいて楽しい人が、
女性にとっておもしろいわけです。


ここでは 女性は、楽しさを求める
ものだということだけ覚えておいて下さい。




2つ目です。



■男性と女性の会話の違い



男性の会話は中身がしっかりしているのに対して、



女性の会話は、男性が聞いていると、



「で?」「だから?」



というものが多いです。



ちなみに結論もありません。



なぜこのような違いがあるのでしょうか?




それは男性の会話は、情報交換が主であり、



話の最後にはきちんと結論というものが存在します。



それに対して女性の会話とは、



何かを実行したり、見たりしたことによって



感じたものを誰かと共感したいと感じています。



だから会話があちこちに飛んだり、会話の内容も特に必要ありません。



結論もありません。 



女性は共感を求める生き物である。



3つ目です。


■女性はつっこまない



ファミレスなどで女性同士の会話を聞いていると、



まあ〜、つっこみません!



つっこみがあってもシンプルで下手くそです。
(苦情は受け付けていません)



あなたもせっかくボケたのに、
つっこみがなかった経験があるはずです。


ゆうきはボケの説明をした悲しい経験すらあります。


女性につっこみを期待してはいけません。


女性はつっこみをしません。



つっこまれるのは好きですが、
つっこみはしません。(苦情は受け付けません)


何が言いたいのかというと、


つっこみがいらないボケをしなさい!


ということです。


ではこの3つの法則をまとめてみます。



女性が楽しく感じられ、
共感でき尚且つ、
つっこみのいらない会話です。



これを意識するだけで、
あなたは女性からおもしろい人と思われるようになります。



さっそく今から意識して練習して下さい。



その中でも今日から使える会話を1つ伝授します。


■あるあるネタで笑いをとれ


あるあるネタは今さら説明の必要はないと思いますが一応、



あるあるネタとは、



「日常生活などで多くの人が経験しているような
身の回りの些細なことを挙げたり、
社会の矛盾点にツッコミを入れたりし、



観客の共感を得ることで笑いを誘う漫才の手法である。」
((Wikipediaより引用)




例えばこんなのがあります。



お笑い芸人の「いつもここから」がやっているような


「悲しいとき〜5時55分を見て大喜びをしている人を見たとき」



があります。


どうしてこれがおもしろいのでしょうか?


共感という感情が存在するからです。



ですがこのあるあるネタではまだ弱いです。


次に女性の反応がいい、
あるあるネタを紹介します。


■嫌われる悪口、好かれる悪口




女性が数人集まると、
どんな会話をしているか知っていますか?



実は女性は人の陰口、悪口、
うわさ話が大好きなんです。



ただし、男性が人の悪口を言う事に関しては非常に厳しいです。



はい、とても矛盾しています。



女性とは矛盾の塊です。



自分が言うのはいいが、男が言うのは許せない!



それが女性です。



そんな勝手なことを言うのが女性なんです。
(苦情は受け付けておりません)





しかし、なぜか好かれる悪口というものが存在します。



その抜け道をあるあるネタで利用します。


では具体的にはどういうものでしょうか?




■こんなあるあるネタが女性にはうける




それは「ブス」に関するあるあるネタです。


この「ブス」に関する話題を話すことによって


あなたは「ブス」ではありませんよ


と間接的に言っていることになります。


ということは間接的に褒めていることになるんです。


男性から聞く悪口が嫌いな女性でも、
褒められるとうれしいものです。




基本的に女性は誰も自分がブスだとは思っていないので、



ほとんどの女性に使えます。



ただし、「ブス」に関することだけにして下さい。




間違っても、デブや、
胸の大きさなどに関するあるあるネタは絶対にしないで下さい。




女性は体形のことに関しては、クリ●リスより敏感です。



このブスあるあるネタを使って
女性とより親密になってほしいと思います。




最後になりましたが
こんなブスあるあるネタはどうでしょうか?



ブスほど、自分の好きなアイドルに彼氏ができた時、その人にふさわしいか評価しだす


ではまた次回をお楽しみに。




最後まで読んでくれて


ありがとうございました。 

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃ ワルの恋愛
┃ 発行者:  ゆうき
┃ メール:  info@annsinn1bann.com
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

最新のコメント

  • コメントはありません。