ダイエット

美活通信

あなたのそのダイエット法は逆効果かも知れません!
常識を覆すダイエットノウハウを無料公開..

このメールマガジンでは今ダイエット業界で伝えられている間違った知識を暴露し、本当に効果的に痩せるにはどうすればいいのかについて具体的な方法を説明しています。


全て表示する >

ソフトクリームを食べ切る事出来ますか?

2012/11/09

どうも、こんばんは、石脇です。

もうすぐ日本は冬ですね。

僕は冬が大嫌いで毎年この季節になると
日本がなんとか常夏になってくれる事を願うばかりです(苦笑)

この前行ったセブ島は常夏なのでかなり暑かったです。

常夏なのはいいですが、セブは貧困層が多く
仕事がなくてご飯が食べれない人で溢れていました。


なぜかはわかりませんが南の方の暖かい国はほとんど
貧困に苦しんでる国が多いような気がします。


東南アジアもそうだし、アフリカも南米も
貧困と四季は何か関係があるんですかね?

僕はあまりそのあたり詳しくないので
もし知ってたら是非教えて下さい。


ちなみにあなたは「もし世界が100人の村だったら」
とゆう書籍を読んだ事ありますか?


僕は昔読んだんですが、海外旅行に行くとそれが本当に
現実にある事を感じさせられます。


僕が一番衝撃を受けた内容を一部お話します。

「もし世界が100人の村だったら全体の70%の食料を
世界の30%の人達が食べてしまっています。

残りの30%の食料を世界の70%の人達が
少しづつ分けあって食べているのです。」


そうこの食料を独占している30%の人達とは
僕達日本人も含まれているのです。

その為に残りの70%の人達は満足のいく
食事が取れずにいるのです。

本当は均等に食料を分けあえば100人全てが
満足するだけの食料が世界にはあるのです。


こうやって考えると僕達は食べ物を
無駄に食べ過ぎているとゆう事になります。

もちろん僕達が食べ過ぎなければ
この問題は解決するのかと言えばそんな単純ではない事はわかっています。

でも少なくともこうゆう問題が現実にあると
意識していれば無駄に食べ過ぎたりはしないはずです。


食べる事は楽しい事ですが食べ過ぎは苦しくなるだけで
自分にも他人にも何も良い影響なんてないんですから。。

食べ過ぎの習慣が太る最大の”原因”である事は
誰でも知っている常識です。


ですが誰もその一番の”原因”に目を向けず、
”結果”ばかりに目を向けて対策等に振り回されているように思います。

もちろん運動は大切ですよ。

食事制限だけでは一時的に痩せた所で結局リバウンド
してしまうので..

今日僕が話しているのは結果に対してどうこうではなく
もっと根本的な所の話です。


極端な事を言えば無駄な食べ過ぎは自分にも他人にも
なんのメリットもない”悪”であるとゆう事です。


これは極端過ぎる考えとは思いますが、
僕はそれ位意識をして食事をしています。

もちろん僕も完璧じゃないのでたまに食べ過ぎて反省する事はあります。

それでも意識をするだけでもこれは大切な事だと思うのです。

セブ島は僕が行った東南アジアの中でも一番貧困層が多く
ストリートチルドレンがたくさんいました。


他の東南アジアでもなんちゃってストリートチルドレンは
たくさんいるのですが、セブ島は本当に劣悪な環境で生活してる
子供がたくさんいるのです。

2,3歳の子供が街中で一人で寝ているなんて当たり前にあります。

服を着てない子供もたくさんいます。

僕は街でソフトクリームを買って何度か食べたんですが
一度も最後まで食べ切る事が出来ませんでした。


それはなぜかとゆうと子供達が食べかけのソフトクリームを
くれくれと必死にお願いしてくるのです。

そんな姿を見せられたらあげないわけにはいきませんでした。

それだけ飢えている子供達がたくさん居るのです。

人の食べかけでも欲しがる子供達がたくさんいるのです。

僕達が何も考えずのうのうと食事を食べている
影にはこうゆう人達が存在しているのです。


食事を食べるのは僕達も生きる為に必要な
事なので悪いとは思いません。

ただ無駄に食べ過ぎて太っている場合じゃないと僕は思うのです。

少なくともこうゆう現実がある事を意識してれば
食べ過ぎて太ってしまったとゆう事にはならないと思います。


ちょっと今日は熱苦しい話をしてしまいましたが、
少しだけでも意識してみて下さい。

それではまた^^





今日の内容が為になったと感じられたら下記URLをクリック頂けたら嬉しいです。
「人気ブログランキング」
http://blog.with2.net/link.php?1408598

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2012-09-28  
最終発行日:  
発行周期:日刊  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。