自然科学一般

ASTRO Sci-Tech NEWS

宇宙・航空・先端研究・最新技術など、世界中から夢ある科学技術ニュースを分かり易く解説します!! 
中高生からオタクまで、幅広く楽しんで下さい!

全て表示する >

Astro Sci-Tech NEWS VOL.5-26 2016.12.27

2016/12/27

□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□ 
   A S T R O  S c i−T e c h  N E W S    
□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□ 
                          2016.12.27 VOL.5-26
┌                                    ┐ 
  宇宙技術を中心に航空・先端研究・最新技術など、世界中から夢ある科学技術
  ニュースを分かり易く解説します!! 幅広い方々にお楽しみ頂けます!! 
└                                    ┘
┌                                    ┐
  ブログHPでは動画リンクしています!! 是非訪問下さい。
       http://npoastro.blog.shinobi.jp/
└                                    ┘
□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□ 
 目 次   
□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□ 

 ◆宇宙技術

  世界に誇る こうのとり !! 次に挑むはデブリ退治の大イベント!!

 ◆宇宙技術

  気球を使った衛星打上げ?! 新タイプ ドーナツ型ロケットはこれだ!!  

 ◆天文科学

  カッシーニ グランドフィナーレ突入?! 最後の観測ミッションに期待!!


〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓 

 ▼世界に誇る こうのとり !! 次に挑むはデブリ退治の大イベント!!
  
   related blogs; link1, 2, 3
    http://npoastro.blog.shinobi.jp/61-%20astro%20news-%20space%20tech/%E2%96%BC%E6%AC%A7%E5%B7%9E%E3%82%82%E7%9D%80%E6%89%8B%E3%81%97%E3%81%9F%E3%82%B9%E3%83%9A%E3%83%BC%E3%82%B9%EF%BD%A5%E3%83%87%E3%83%96%E3%83%AA%E6%8E%92%E9%99%A4%E8%A8%88%E7%94%BB%EF%BC%9F%EF%BC%81%E3%80%80%E6%9D%A5%E5%B9%B4%E3%81%AB
    http://npoastro.blog.shinobi.jp/61-%20astro%20news-%20space%20tech/%E2%96%BC%E5%AE%87%E5%AE%99%E3%82%B4%E3%83%9F%E3%82%92%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%82%B6%E3%83%BC%E3%81%A7%E4%B8%80%E6%8E%83%EF%BC%9F%EF%BC%81%E3%80%80%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%81%8C%E9%80%B2%E3%82%81%E3%82%8B%E6%8A%80%E8%A1%93%E9%96%8B%E7%99%BA
    http://npoastro.blog.shinobi.jp/61-%20astro%20news%20mailmag/20140126
  
  日本の誇る宇宙輸送船 こうのとり。最近のISSへの輸送は、米・ロ、共に失敗
  が続き、こうのとり6号の成功は、いぶし銀の成果と言える。
    
  更に、6号は物資輸送だけでなく、デブリ除去の実証という大きなミッションが
  課せられている。実行するのは17年1月末になる見込みだ。
  
  その方法がユニークだ。デブリにテザーと呼ぶ電気を通すヒモを取り付けるだけ
  だが、その長さは700mにも及ぶ。その名もKITE*、凧に引っ掛ける。
   *;Kounotori Integrated Tether Experiments
  
  地球に直角に垂らされたテザーには、地球磁場が作用、ローレンツ力が発生し、
  進行方向と逆の力が発生する。即ち ブレーキが掛かり、大気圏突入という訳だ。
    
  比較的大きなデブリにも有効に働くという方法で、JAXAは98年から研究を
  進める。カギは、テザーの製作だ。欧米では上手くいかず 遂に日本が完成した。
    
  製作したのは、漁網の老舗メーカー 日東製網 という会社だ。結果的に10年の
  歳月を掛けて、今回の実験を迎える。
  
  日本はスペースデブリ対策に、大きな貢献をしつつある。スペースベンチャーの
  アストロスケール社は知られているが、川崎重工も参入の意を表明している。
  
  
  宇宙開発は、ロケット打ち上げや惑星探査など どうしても夢のある部分が強調
  されるが地道な静脈系も存在する。縁の下の力持ち、日本の力が発揮できそうだ。
  
  
  日本語情報
   https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2016-11-29/OG97436TTDSR01
   http://sorae.jp/030201/2016_12_09_kite.html
  英語情報
   http://www.space.com/35059-japan-space-junk-tether-tech.html
  
  JAXA広報誌 デブリ特集 pdf
   http://www.ard.jaxa.jp/publication/pamphlets/pdf/saizensen6.pdf
  スペースデブリ対策に関する調査報告書 pdf
   http://www.sjac.or.jp/common/pdf/jkahojyojigyou/houkoku_h24/ucyuu/H24_chousahoukokusho.pdf
  川崎重工 発表論文 pdf
   https://repository.exst.jaxa.jp/dspace/bitstream/a-is/23080/1/ARDS12060.pdf
  
  
  動画:導電性テザー実証実験CG(6分強)
   https://youtu.be/AIBXnRz5-7g
  
  動画:共同ニュース 打上げ報道(2分半)
   https://youtu.be/ccdBD2a0qsw
  
  動画:日経 アストロスケール社(4分弱)
   https://youtu.be/NxC0O6KGZFI
  
  動画:ギョーカイ通信 日東製網(6分強:テザーは3:40付近から)
   https://youtu.be/YLzA-h0k0Ys


 ▼気球を使った衛星打上げ?! 新タイプ ドーナツ型ロケットはこれだ!!  
  
  気球を使って低コストに衛星を打ち上げる、そんな構想を、スペインのスペース
  ベンチャー Zero2infinity社 が提唱している。Bloostar と名付けられている。
  
  地上20km前後の成層圏まで大型気球が引っ張り上げ、そこから、ロケットが
  起動、衛星を軌道投入する。
    
  成層圏は空気が少なく、気圧は15km毎に1/10に小さくなる。そんな環境
  では、あまり空気抵抗を気に掛ける必要はない。
  
  そんな事から3段のロケット構成は、通常ロケットのように、縦方向に繋がって
  いるのではなく、ドーナツ状になって横方向に広がるという奇抜なモノだ。
    
  ペイロードは150kg、到達高度は600km。コストは4−5億円程度と、
  大変お手軽な価格。日本のHII-Aでは100億円、その差は明らかだろう。
  
  
  初打上げは、2018年から19年に掛けてに予定される。この様な空中発射型
  ロケットは、まだまだアイデアがあり、今後の展開が楽しみだ。
  
  
  日本語情報
   http://business.newsln.jp/news/201612120143390000.html
  英語情報
   http://phys.org/news/2016-09-bloostarlaunching-satellites-balloon.html
   http://spaceref.com/iac2015/bloostar-and-other-smallsat-launchers-look-to-fill-a-need.html
  
  動画:Bloostar 打上げイメージ(2分半)
   https://youtu.be/RmK-K9oKszc
  
  動画:アルジャジーラ報道 Zero2infinity社(2分強)
   https://youtu.be/dHsUG34YHB0
  
  動画:NASA 気球による天体観測機器の打上げ(1分半)
   https://youtu.be/rH6vr3GL5MM
  
  動画:CNN報道 気球による宇宙散歩(3分)
   https://youtu.be/wO6uKSjw81s

  
 ▽カッシーニ グランドフィナーレ突入?! 最後の観測ミッションに期待!!
    
  related blogs; link1, 2, 3, 4, 5
   http://npoastro.blog.shinobi.jp/61-%20astro%20news-%20astronomy/%E2%96%BD%E5%9C%9F%E6%98%9F%E3%81%AE%E7%92%B0%E3%81%AB%E7%95%B0%E5%A4%89%E3%82%92%E7%99%BA%E8%A6%8B%EF%BC%9F%EF%BC%81%E3%80%80%E3%83%80%E3%82%A4%E3%83%8A%E3%83%9F%E3%83%83%E3%82%AF%E3%81%AA%E5%AE%87%E5%AE%99%E3%81%AE%E5%A7%BF%E3%81%8C%E3%81%9D%E3%81%93%E3%81%AB%EF%BC%81%EF%BC%81
   http://npoastro.blog.shinobi.jp/61-%20astro%20news-%20astronomy/%E2%96%BD%E6%8E%A2%E6%9F%BB%E8%A1%9B%E6%98%9F%E3%82%AB%E3%83%83%E3%82%B7%E3%83%BC%E3%83%8B%E3%81%8C%E4%BC%9D%E3%81%88%E3%81%9F%E6%96%B0%E4%BA%8B%E5%AE%9F%EF%BC%81%EF%BC%81%E3%80%80%E5%9C%9F%E6%98%9F%E3%81%AE%E7%92%B0%E3%81%AF%E5%AE%9F
   http://npoastro.blog.shinobi.jp/61-%20astro%20news-%20astronomy/%E2%96%BD%E6%9C%AA%E7%9F%A5%E3%81%AE%E4%B8%96%E7%95%8C%E3%81%AE%E8%A7%A3%E6%98%8E%E9%80%B2%E3%82%80%EF%BC%81%EF%BC%81%E3%80%80%E5%AE%87%E5%AE%99%E6%8E%A2%E6%9F%BB%E8%A1%9B%E6%98%9F%E3%81%8B%E3%82%89%E8%A6%8B%E3%81%88%E3%82%8B%E5%A4%AA
   http://npoastro.blog.shinobi.jp/61-%20astro%20news-%20astronomy/%E2%96%BD%E5%9C%9F%E6%98%9F%E3%81%AE%E6%96%91%E7%82%B9%20%E5%A4%A7%E7%99%BD%E6%96%91%E3%81%A8%E3%81%AF%E4%BD%95%EF%BC%9F%EF%BC%81%E3%80%80%E8%A7%A3%E6%98%8E%E9%80%B2%E3%82%80%E6%83%91%E6%98%9F%E3%81%AE%E8%AC%8E%20%E3%81%BE%E3%81%9F%E4%B8%80%E3%81%A4%EF%BC%81%EF%BC%81
   http://npoastro.blog.shinobi.jp/61-%20astro%20news-%20astronomy/%E2%96%BD%E5%9C%9F%E6%98%9F%E3%81%AE%E8%A1%9B%E6%98%9F%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%82%B1%E3%83%A9%E3%83%89%E3%82%B9%E3%81%AB%E7%94%9F%E5%91%BD%EF%BC%9F%EF%BC%81%E3%80%80%E7%9B%B4%E5%BE%84%EF%BC%95%EF%BC%90%EF%BC%90%EF%BD%8B%EF%BD%8D%E3%81%AE
  
  1997年に打上げられた土星観測衛星 カッシーニ。17年秋に運用を終わる
  最後の観測 グランドフィナーレ の段階に突入した。
    
  この観測は土星の北極上空から、一番内側リングの更に内側、土星最接近コース
  を取り、重力場、磁場、環物質等を観測する計画となっている。
    
  これらにより、一日の正確な長さ、リングの総質量に関する新発見が期待され、
  最終的にリングの年齢推定の手助けとなる。又、塵粒子も採取、分析する計画だ。
  
  期待が高まる最接近の観測だが、逆に、リングを構成する粒子に衝突する可能性
  もあり、ラスト22回の周回を固唾を飲んで見守る事になりそうだ。
  
  
  カッシーニは、土星の衛星にも焦点を当ててくれた。2020年に計画される、
  タイタン・サターン・システム・ミッションが、更なる深化をしてくれるだろう。
  
  
  日本語情報
   http://www.astroarts.co.jp/article/hl/a/8836_cassini
   http://sciencejournal.livedoor.biz/archives/5317774.html
   http://planetary.jp/topics/JPL/2016-6623-jpl.html
  英語情報
   http://www.jpl.nasa.gov/news/news.php?feature=6693
   http://www.jpl.nasa.gov/news/news.php?release=2016-308
   https://saturn.jpl.nasa.gov/mission/grand-finale/overview/
  
  
  動画:NASA カッシーニグランドフィナーレについて(20分弱)
   https://youtu.be/VbsoZ3bDs9s
  
  動画:土星の4日間(2016.4 2分弱)
   https://youtu.be/omo4t7NgSIM
  
  動画:土星のクローズUP(2分弱)
   https://youtu.be/-QoErN4OK0w
  
  動画:土星リングの近接映像(2分強)
   https://youtu.be/oC8C0TMYzMo
  
  
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓 
<発行にあたり> 
--------------------------------------------------------------------------- 

  このメルマガは、NPO法人 ASTROがお贈りする、宇宙を始めとする
  世界中の最先端の科学や技術の情報をご紹介するものです。

  日本では、あまり報道されない、面白いネタニュースを探して、分かり易く
  説明・解説し、科学技術の楽しさや大切さを伝えていきたいと思っています。

  ご意見、ご感想もお待ちしております。宜しくお願いします。

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓 

 <まぐまぐ>
 ◇マガジンID 0001502650  購読者数(00046)
 ◇本メールはインターネットの本屋さん『まぐまぐ』を利用して発行しています。 
      発行システム:『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/
 ◇本メールの配信中止・アドレス変更・新規登録は、下記「登録・解除」ボタン 
  からお願いします。        http://archive.mag2.com/0001502650/index.html
        ・・バックナンバーも、ここにあります。・・
 <メルマ!>
 ◇マガジンID 195104    購読者数(00057)
 ◇本メールはメルマガスタンド[メルマ!]を利用して発行しています。 
      発行システム:http://melma.com/
 ◇本メールの配信中止・アドレス変更・新規登録は、下記「登録・解除」ボタン 
  からお願いします。        http://melma.com/backnumber_195104/
     ・・バックナンバーも、ここにあります。(Vol.1-25より) ・・

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
    End 16.12.27 VOL.5-26 End 16.12.27 VOL.5-26 End 16.12.27 VOL.5-26 End 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2012-09-24  
最終発行日:  
発行周期:月刊以上目標  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。