自然科学一般

ASTRO Sci-Tech NEWS

宇宙・航空・先端研究・最新技術など、世界中から夢ある科学技術ニュースを分かり易く解説します!! 
中高生からオタクまで、幅広く楽しんで下さい!

全て表示する >

Astro Sci-Tech NEWS VOL.3-25 2014.12.16

2014/12/16

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓ 
   A S T R O  S c i−T e c h  N E W S    
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛ 
                          2014.12.16   VOL.3-25
┌                                    ┐ 
  宇宙・航空・先端研究・最新技術など、世界中から夢ある科学技術ニュースを
  分かり易く解説します!! 中高生からオタクまで、幅広く楽しんで下さい! 
└                                    ┘
┌                                    ┐
  ブログHPでは動画リンクしています!! 是非訪問下さい。
       http://npoastro.blog.shinobi.jp/
└                                    ┘
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓ 
 <目 次>   
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛ 

 ◆宇宙情報 

  火星へ向けて第一歩!! 新世代宇宙船オリオンの試験 無事成功!!

 ◆先端研究

  エレベータにもイノベーション!! 建築世界を変えるその技術とは?!  

 ◆最新技術

  ローラーコースターの記録更新!! 17年完成のスカイスクレーパー!!


〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓 

 ▼火星へ向けて第一歩!! 新世代宇宙船オリオンの試験 無事成功!!


  2011年春の計画発表から3年半、無人試験船の打ち上げは無事成功し、予定
  の飛行計画を終え、無事太平洋に着水した。予定より1日遅れ12月5日だった。

  このオリオンは、小惑星や火星へのミッションを想定し開発されている。形状は
  一世代前のアポロのような形だが、サイズは大きく、3倍の容積がある。
   注:発音はオライオンに近い

  ISS往復には4名であるが、宇宙飛行士も最大6名まで搭乗でき、アポロ3名
  に比べ大きくUP。緊急脱出装置が装備される等、安全性能は大幅に改善された。

  スペースシャトルの後継宇宙船としては、先祖返りの感があるが、往還のための
  翼は、宇宙空間では意味がなく、再使用の整備が予想以上だった事が要因の様だ。

  今回は、試験機はまず地球を1周、続いてデルタ?の第2段エンジンを再点火、
  高度約5,800kmまで到達。その後、大気圏再突入、太平洋上に着水した。

  この試験により、電子機器や耐熱システム、パラシュートなどが、設計通り機能
  するかを確認する。耐熱シールドが受ける温度は、約2,200℃にまで達する。

  但し、サービス・モジュールは構造体だけで、太陽電池やロケット・エンジン、
  生命維持システムは搭載されてない。


  まさに新しい宇宙時代の幕明けだ。これからの有人の宇宙探査計画の中核を成す
  宇宙船の試験飛行が成功した事は、深く歴史に刻まれるだろう。  


  日本語情報
   http://wired.jp/2014/11/29/nasa-orion/
   http://www.jiji.com/jc/c?g=int&k=2014120500848
  英語情報
   http://www.gizmag.com/eft-1-launch-scrubbed/35024/
   http://www.extremetech.com/extreme/195317-watch-nasas-orion-launch-live-video
   http://www.extremetech.com/extreme/195242-the-first-test-flight-of-nasas-orion-capsule-heres-how-it-will-work

  オリオンについて
   http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%83%AA%E3%82%AA%E3%83%B3_(%E5%AE%87%E5%AE%99%E8%88%B9)
   http://news.mynavi.jp/column/orion/001/
   http://news.mynavi.jp/column/orion/002/
   http://news.mynavi.jp/column/orion/003/
   http://news.mynavi.jp/column/orion/004/


  動画:オリオン 試験飛行解説ビデオ(約7分)
   http://youtu.be/KyZqSWWKmHQ

  動画:打上・着水成功ニュース報道(1分強)
   http://youtu.be/UYQsq4bWr0A

  動画:オリオンでの小惑星探査イメージCG(1分強)
   http://youtu.be/WuHn2sG3u48

  動画:オリオン開発・試験の全て(約1時間半)
   http://youtu.be/p6TWU4o0xQQ

  動画:オリオン カプセルについて(3分弱)
   http://youtu.be/Up7WzmxBsMM

  動画:アポロVSオリオン(2分強)
   http://youtu.be/dM87u5eIfGw


 ▼エレベータにもイノベーション!! 建築世界を変えるその技術とは?!  


  アルキメデスが発想したエレベータ、実用は中世ヨーロッパ時代になってからと
  されるが、ロープと滑車を組み合わせるという典型的構成は、今も変わらない。

  そのエレベータにイノベーションの時代が到来した。従来のロープと滑車を捨て
  リニアモータを使おうと言うのだ。言わば、レール軌道のようなシステムだ。

  ロープを外れたエレベータ、何が嬉しいか。一番のメリットは、縦に複数の配置
  が可能となる事。ロープでは、1つのケージが一般的だ。

  それ故、名前もMULTI(マルチ)と付けられた。複数置けば、一つ当たりの
  容積が減らせる、結果フロアー面積が増える訳だ。25%UPの試算がある。

  また、これまでエレベータのロープにより制約があったビル設計に於ける高さも、
  もう悩むことなく、自由に競う事ができる。現在の最高は636mだそうだが。

  そしてもう一つ、横にも動かせる。これにより、ビル内にループ循環を作る事が
  できる。昇降階ではゆっくり、移動は早くできれば、何時でも乗れる。

  
  ITイノベーションが進む中、モノ造りも負けられない。この技術は、建築世界
  も変え、社会構造も変える可能性があるモビリティを生み出すかもしれない。


  日本語情報
   http://gigazine.net/news/20141206-multi-rope-free-elevator/
   http://wired.jp/2014/12/05/thyssenkrupp-wonkavator/
  英語情報
   http://www.designboom.com/technology/worlds-first-rope-free-elevator-multi-12-05-2014/

  エレベータについて
   http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%83%AC%E3%83%99%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%BC
  MULTIについて
   http://www.thyssenkrupp-elevator.com/Show-article.104.0.html?&L=1&cHash=08b38cb686f00ec874ad82c44c737427&tx_ttnews%5Btt_news%5D=546
  パーテルノステル(循環式エレベータ)について
   http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%86%E3%83%AB%E3%83%8E%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%AB
  超高層ビルについて
   http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B6%85%E9%AB%98%E5%B1%A4%E5%BB%BA%E7%AF%89%E7%89%A9
  
  開発会社(独 ティッセン・クルップ社)HP
   http://www.thyssenkrupp.com/en/index.html
   http://www.thyssenkrupp-japan.com/jp/index.php?sprache=jp


  動画:プロモーションCG(2分半弱)
   http://youtu.be/KUa8M0H9J5o

  動画:同社開発 革新的動く歩道プロモーション(2分半強)
   http://youtu.be/ygbfFOHD-8w

  動画:1913年パーテルノステル式エレベータ(4分弱)
   http://youtu.be/9ZFwU11iIQs

  動画:スペースエレベータ(1分半)
   http://youtu.be/oHotoCEdOJM


 ▼ローラーコースターの記録更新!! 17年完成のスカイスクレーパー!!


  記録破りの世界最大のローラーコースター構想が持ち上がった。最高到達高さが、
  なんと173m。ビルで例えると、地上40階相当の高さとなる。

  最大の特徴はその構造だ。総延長1500m以上のトラックルートは、展望ビル
  に絡む様に設計され、まず屋上付近まで上昇した後、UPDOWNを繰り返す。

  一方、速度は最大100km/h。現在の最高記録200km/hには、遠くは
  及ばないが、連続するカーブやUPDOWNは、よりスリリング、気が抜けない。

  曲がりの多いトラックには、カーゴも小規模だ。4人乗りの2台連結という構成
  となっている。連結数が多い、スピード重視のコースターとは違うところだ。

  建設コストが280億円前後と桁違いに高いのは、展望ビルも含んだものだろう。
  完成予定は、2017年。米国フロリダ州オーランド、ディズニーランド近くだ。


  エンターテイメントの世界は、技術というよりはアイデア、構想の世界だ。次の
  コースターのニュースは、アニメの国、日本からを期待したい。


  日本語情報
   http://karapaia.livedoor.biz/archives/52178483.html
  英語情報
   http://edition.cnn.com/2014/11/20/travel/world-tallest-roller-coaster-florida/
   http://insider.foxnews.com/2014/11/21/skyscraper-roller-coaster-orlando-will-be-worlds-tallest
   http://www.orlandosentinel.com/travel/attractions/theme-park-rangers-blog/os-skyscraper-roller-coaster-design-orlando-020141117-post.html

  開発企業(USスリルライド社)HP
   http://www.usthrillrides.com/
  施設(インターナショナル・ドライブ)HP
   http://www.internationaldriveorlando.com/
  日本のコースタートップ10
   http://allabout.co.jp/gm/gc/312569/
  世界のコースタートップ17
   http://karapaia.livedoor.biz/archives/51686483.html


  動画:スカイスクレーパー・プロモーションCG(4分弱)
   http://youtu.be/1gK5MWQ__Ns

  動画:同社 ポラーコースター・プロモーションCG(2分強)
   http://youtu.be/LPCZy-3n4x0

  動画:大規模コースター 世界トップ10(5分強)
   http://youtu.be/xIjjchqzDFg

  動画:日本No.1 スチールドラゴン(2分強)
   http://youtu.be/8yAcjzAVDUM


〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓 
<発行にあたり> 
--------------------------------------------------------------------------- 

  このメルマガは、NPO法人 ASTROがお贈りする、宇宙を始めとする
  世界中の最先端の科学や技術の情報をご紹介するものです。

  日本では、あまり報道されない、面白いネタニュースを探して、分かり易く
  説明・解説し、科学技術の楽しさや大切さを伝えていきたいと思っています。

  ご意見、ご感想もお待ちしております。宜しくお願いします。

--------------------------------------------------------------------------- 
<後記> 
--------------------------------------------------------------------------- 


  地球は、宇宙に飛び交う放射線に晒されている。太陽風など、その侵入の阻止を
  担うのが、ヴァン・アレン帯だ。内帯・外帯の二層構造で守ってくれている。

  ところが、衛星や宇宙飛行士にダメージ与える、光速近くで飛び交うキラー電子、
  高エネルギーの放射線の侵入については、よく分かっていなかった。

  この謎解きに、2012年に打ち上げられた探査衛星ヴァン・アレン・プローブ
  が一役買った。内外ヴァン・アレン帯の間に、新たなシールド帯を見つけたのだ。

  まさにキラー電子を静止する。ヴァン・アレン帯の内外帯の間に位置する宇宙船
  からは、そう見えていると言う事だ。


  地球でさえ知らない事が多い。遠くの月や火星に至っては、何も分かっていない
  そう考えるべきだろう。だからこそ、チャレンジするのかもしれないが。


   <ニュース報道>
    http://youtu.be/BVX_4okyfy4

   <ヴァン・アレン・プローブ>
    http://youtu.be/P5KKHzWafDg

  original JPN
   http://oka-jp.seesaa.net/article/409900070.html
  original ENG
   http://phys.org/news/2014-11-star-trek-like-invisible-shield-thousands.html 


〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓 

 <まぐまぐ>
 ◇マガジンID 0001502650  購読者数(00036)
 ◇本メールはインターネットの本屋さん『まぐまぐ』を利用して発行しています。 
      発行システム:『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/
 ◇本メールの配信中止・アドレス変更・新規登録は、下記「登録・解除」ボタン 
  からお願いします。        http://archive.mag2.com/0001502650/index.html
        ・・バックナンバーも、ここにあります。・・
 <メルマ!>
 ◇マガジンID 195104    購読者数(00038)
 ◇本メールはメルマガスタンド[メルマ!]を利用して発行しています。 
      発行システム:http://melma.com/
 ◇本メールの配信中止・アドレス変更・新規登録は、下記「登録・解除」ボタン 
  からお願いします。        http://melma.com/backnumber_195104/
     ・・バックナンバーも、ここにあります。(Vol.1-25より) ・・

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
    End 14.12.16 Vol.3-25 End 14.12.16 Vol.3-25 End 14.12.16 Vol.3-25 End 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2012-09-24  
最終発行日:  
発行周期:月刊以上目標  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。