読書

斎藤一人さんの本

僕が尊敬している斎藤一人さんの本を紹介しています。

全て表示する >

心を明るい方へ

2012/10/27

心を明るい方へ向けることが大切です。

人間は暇になると暗い方へと意識が
向きがちです。

明るい方が良いと思っていたとしても
もし○○が起こったらどうしようという
有りもしない事柄について悩むのです。

災害が起こったらどうしよう?
世界不況がひどくなったらどうしよう?
老後の生活が悲惨になったらどうしよう?

グルグルと負のスパイラルにはまって
いくのです。

現代社会において備えることが重要視
されており、その不安要素に対する
備えを行うことが大切だと認識させら
れています。

何よりも人間は、不安なことを考える
方が楽なのです。
不安なことを考えて、その対処法を
いつも考える方が、明るい人生を考え
るよりも楽なのです。

はっきり言いましょう。
不安なことを考えるのは無駄です。

不安なことを考えていては
不安なことがより現実化してしまいます。

幸せになりたいのであれば、幸せに
なることだけを考えましょう。

「私は愛と光と忍耐です」

この言葉は、「心を愛と光にとどめる
忍耐強さを身につけましょう」という
ことなのです。

楽な「暗い不安なこと」についての
考えを改めましょうということです。

幸せになりたければ、明るい方へ
意識を向けるようにしましょう。

毎日が素晴らしい日々であると
感じましょう。

【送料無料】知らないと損する不思議な話 [ 斎藤一人 ]
http://hb.afl.rakuten.co.jp/hgc/0d797ba2.5b6d795f.0d797ba3.83a4d6d2/?pc=http%3a%2f%2fitem.rakuten.co.jp%2fbook%2f11911502%2f%3fscid%3daf_link_mail&m=http%3a%2f%2fm.rakuten.co.jp%2fbook%2fi%2f16031436%2f

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2012-09-19  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。