小説

怪談・逢魔が時物語 −怖い投稿が本やCDになる!−

あなたの怪奇体験が本やCDになる怪談メールマガジン! 身の毛もよだつ怖い話の数々。怖いもの見たさのあなたを刺激する読者数日本一の人気怪談マガジンです。

メルマガ情報

創刊日:1999-02-24  
最終発行日:2018-06-12  
発行周期:毎月1,15日  
発行部数:4236  
総発行部数:2548982  
Score!: 非表示   

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマ!ガ オブ・ザ・イヤー 2005 受賞メルマガ メルマ!ガ オブ・ザ・イヤー 2005 受賞メルマガ メルマ!ガ オブ・ザ・イヤー 2005 受賞メルマガ メルマ!ガ オブ・ザ・イヤー 2005 受賞メルマガ メルマ!ガ オブ・ザ・イヤー 2005 受賞メルマガ メルマ!ガ オブ・ザ・イヤー 2005 受賞メルマガ

このメルマガは最新記事のみ公開されています。

■怪談「逢魔が時物語」【異】にまつわる怪談−水無月1

2018/06/12

.
 〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
         ★ 怪談 逢魔が時物語 ★

        【異】にまつわる怪談−水無月1
              2018.06.12
 〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓



    ≪ 逢魔が時(おうまがどき)物語へ、ようこそ ≫


 ここは、あの世とこの世の間にあるユラユラとした境界です。

 今宵も、背筋がゾッとする怖い話、不思議な話をお届けしましょう。

 では、気をつけて逢魔が時に足を踏み入れて下さい。


                逢魔プロジェクト主宰・雲谷斎



 ━━ 目 次 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


 ≫≫ 【異】にまつわる怪談−水無月1
     ・幽霊騒ぎ
     ・遺品

 ≫≫ 逢魔プロジェクトNEWS
     ・イベント 売店
     ・読者×雲谷斎
     ・逢魔メンバーズ便り

 ≫≫ 雲谷斎の編集後記
     「鹿のだいうんこ」終了しました

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




 ≪≪≪≪≪≪ 【異】にまつわる怪談−水無月1 ≫≫≫≫≫≫



 世の中のすべての事象は、正常か異常かの二者択一だけで成り立つ。

 圧倒的多数の日常の退屈の中に、突如紛れ込んでくる怪異。

 制御不能の現象が激震となり、人間の小宇宙に容赦なく飛来する。 



 さて水無月は、信じがたい事が起こる怪異をお届けしよう。





 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
         ≪≪≪ 幽霊騒ぎ ≫≫≫
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                  ワカメさん(男性・長野県)



 二十年以上ほど前になるが、長野県の天竜川沿いに新しく

 道路工事が始まった。



 早朝から深夜まで工事をしているので、工事関係者が寝泊り

 できるよう空き家を借りることになった。

 しばらくすると、工事関係者から噂が立ち始めた。



 よくある平屋の古い家に、夜な夜な老人の幽霊が出るというのだ。

 そうなると、工事関係者は怖がって泊まりたがらない。

 何てことはない、よくある平屋の古い家なのだが……。



 家の背後は崖がせり出し、上から竹林が覆い被さっている。

 崖上の樹木が生い茂った中に、寂れた祠がポツンとある。

 家の右側に車一台がやっと通れる道がある。



 その道の正面は墓地で、いわば八方ふさがりの状態。

 そんな立地の奥まったところに問題の家があった。



 さて、無理もないが、作業員たちは幽霊の噂を怖がった。

 そこで神社の神主さんを呼んでお祓いをしてもらう。

 さらに、一晩中煌々と電気を灯したりするようになった。



 ところが、なんと幽霊が捕まった!? という知らせが入る。

 幽霊は、工事現場近くに住んでいた爺さんだという。



 早朝深夜の騒音がうるさいので、作業員に文句を言うため、

 家の前にボ〜っと立って中の様子を窺っていた。

 その姿を作業員が、幽霊と間違って騒いだらしいのだ。



 爺さんはそれに味をしめた。

 夜になると、作業員を脅かしに行っていたらしい。



 話はここでチャンチャン、となるはずだったが……。



 それから二年ほどして、私は会社を転職し東京へ移った。

 そして、十年ぶりに東京を引き払い、また田舎に戻って来た。

 家の前にはバイパスが通り、田舎はガラリと変貌していた。



 ある日、ふとあのお騒がせの家のことを思い出した。

 興味本位で見に行くと、家はまだあった。

 誰も住んでいる様子はなく、廃家と化していた。



 周りの木々はさらに成長し、家を半分くらい覆い隠している。

 家に通じる道も雑草に埋もれ、誰も足を踏み入れた形跡はない。



 家に帰り、何気に父に尋ねてみた。すると。

 「あの家はやっぱり変だぞ」と言う。



 道路工事が終わった後、その家を一般の貸家にしたらしい。

 しかし、住人が入っても二ヶ月ももたない。

 早ければ、たった一ヶ月で出て行ってしまうというのだ。



 最後に独居老人が半年ほど住んだが、結局、孤独死した。

 それ以来、人に貸すのはやめたようだという。

 何があったか知らないが、やはり良い家ではないと父は言う。



 この家のある地区に住む友人にも話を聞いてみた。

 「ほら、爺さん幽霊が捕まっただろ? でも、工事関係者から

 こんな話が出たんだよ。あの爺さんも見たけど、姿、顔が

 明らかに違う別の爺さんや、さらには、女も見たとかいうのさ。

 しかも、あの家の中でだよ……」



 工事が済むまで、あの家は何度もお祓いをしていたそうだ。




 ≫≫ 雲谷斎のイッチョ噛み

 「ホンマもんの幽ちゃんがおったちゅうことですか。
  素人の生きた爺さん幽霊が下手くそったから、出てきた?」



 ≫≫ あなたのランキン採点は?
 http://form.mag2.com/daeluphait





 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
          ≪≪≪ 遺品 ≫≫≫
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                   shangさん(男性・大阪府)



 大阪の大東市でアパートの部屋を貸している。

 入居者は高齢者が多いので、たまに部屋で亡くなったりする。



 アパートは築四十年ぐらいで、改築もあまりしていない。

 廊下の蛍光灯をつけ替えても、暗いままのように思えるほど。



 そんな古アパートで、また一人高齢のお爺さんが亡くなった。

 親族に遺品処理は任せていた。

 しかし、意図的に置いていったらしき物があった。



 それは、新聞紙に包まれた長い棒きれ。

 中身を確認すると、刃渡り一メートル以上の刀のようだった。

 しかし、刀にしてはえらく真っ直ぐだった。



 それは侍が使う刀ではなく、鮪をさばくための包丁だった。

 市場へ行けばよく見かけることがある代物。

 ものの見事に手入れされ、刃には一点の曇りもなかった。



 だが、そんな物騒なものを借家に置きっ放しにできる訳がない。

 当時の家主である祖父は自宅に持ち帰った。

 人目のつかない場所に隠し、長く保管していた。



 やがて祖父は、祖母に包丁の保管場所を伝えて亡くなった。

 そのまま数ヶ月が流れた。



 ある日の早朝、母が私の弟を起こしに三階へ上がった。

 すると、整然とした学習机の上に『それ』は置かれていた。

 朝日に照らされ、ギラッと輝く刀身の眩しさに母は腰を抜かした。



 なんとか意識を持ち直した後、祖母に報告した。

 祖母は動じることなく、すぐに包丁を新聞紙に包んだ。



 家の前は川である。

 車で二キロほど下流に走り、深みに包丁を放り投げ捨てた。

 母はまったく包丁のことは知らなかった。




 祖母はなぜか頑なに、また意味ありげに、

 家の誰にも包丁の在り処を教えていなかった。



 弟がその在り処をどう知ったのか、何で持ち出したのかは不明。

 当時の弟には、その理由を訊けない雰囲気があった。



 ちなみに、包丁が隠されていた場所は冷蔵庫の裏。

 調理具の棚やラックを動かさない限り、絶対発見できないのだが。



 ≫≫ 雲谷斎のイッチョ噛み

 「わざと置いていった遺品の鮪包丁、それ訳アリとちゃいます?
  鮪以外のものを切ったとか……ああ、コワッ」



 ≫≫ あなたのランキン採点は?
 http://form.mag2.com/daeluphait





 〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓



         【実話怪談 投稿募集】

 メルマガ掲載の他、怖さ・不思議さが高レベルな話は出版物に内定。
   ・フォーム投稿  http://form.mag2.com/mouphoumac
   ・メール投稿   oma-pj@e-oma.com

 ※投稿された時点で、逢魔プロジェクトが許諾する出版物、各種媒体
  への掲載・加筆等の承諾を得たものとします。
 ※盗作、創作、類似、都市伝説、意味不明等の投稿は掲載不可。
 ※掲載話は雲谷斎が投稿文章への加筆・訂正を行います。
 ※メルマガ掲載はLevel☆3.0以上の投稿だけです。
 ※Level☆5.0(4.5一部含む)五つ星級は出版物内定です。
 ※投稿ストックが多く、掲載までに長時間かかっています。



         【読者の採点と感想】
 
 6月は【異】にまつわる怪談−水無月のメルマガを3回発行します。
 毎回2話ずつ掲載しますので、評価・感想をお寄せ下さい。
 6月の【異】にまつわる怪談への評価・感想は7月に発表します。

 2018年5月発行分【感】にまつわる怪談評価・感想は。
 http://www.e-oma.com/mm-kanso.html

 〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓






 ≪≪≪≪≪≪≪≪≪ 逢魔プロジェクトNEWS ≫≫≫≫≫≫≫≫≫




            【イベント・売店】


 ◆雲谷斎の新刊
 「怖すぎる実話怪談−鬼哭の章」6月10日出版。書店、アマゾンで。


 ◆雲谷斎のツイキャス
 雲谷斎の怪談、お笑い野放しトーク。6月27日(水)22:00〜23:00
 http://twitcasting.tv/omaproject/


 ◆逢魔が時チャンネル
 逢魔プロジェクト制作、超オモシロ怖いyoutubeチャンネル。
 https://www.youtube.com/channel/UC8gm_7u3j_AxvdHpjwf7QDw


 ◆逢魔が時売店
 逢魔が時の怪談本、オモシロ怖いDVDなど、在庫限り割引き中。
 http://www.e-oma.com/btn-top.html


 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


           【読者×雲谷斎】


 雲谷斎さん、私は名古屋なので逢いになかなか行くことが
 出来ませんがYouTubeで色々と話を聞かせてもらっています。
 これからも応援しています。怖がらせてください。
                ・ichan305さん(女性・名古屋市)


 いつも怖い話や、雲谷斎さんの面白さを楽しませていただいております。
                ・りさこさん(女性・高知市)

              ↓↓↓

 遠方の方はイベント参加むずかしいので、YouTubeの逢魔が時チャンネル
 で面白こわいコンテンツを楽しんでくださいね。 雲谷斎


 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


          【逢魔メンバーズ便り】


 ≫逢魔メンバーズではない方へ

 3千人の仲間に入りません? メンバーには専用の配信システム
 からメルマガをお届けします。


 ≫逢魔メンバーズの方へ

 メルマガが届かない! 登録されたメルアドが、エラーメール扱いに
 なる場合があります。配信システムがアホになって、配信停止してし
 まうんです。原因不明です。その場合、もう一度再登録して下さい。


 ◆逢魔メンバー登録(入会金・会費無料)
  メルアド変更など、登録データの訂正などもこちらから
  https://i-magazine.jp/bm/p/f/tf.php?id=omaproject


 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

          【雲谷斎の編集後記】

 10日前、大阪で『鹿のだいうんこ』怪談イベントをやりました。
 ほぼ、70人満席で盛り上がりました。ホンマにおおきにでした。
 大阪やのに東京、神奈川、四国といった遠方からも来ていただき
 ました。1部2部を通しての怪談漬けは、出演者の我々も楽しめ
 ましたよ。6/10は『東京闇語りスペシャル』でワイワイしました。

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

             ●

    【逢魔プロジェクト HP SNS】

 ・逢魔が時物語ホームページ http://www.e-oma.com
 ・雲谷斎/ブログ      http://ameblo.jp/omaproject/
 ・雲谷斎/ミクシー     http://mixi.jp/
 ・雲谷斎/ツイッター    http://twitter.com/omaproject
 ・雲谷斎/フェイスブック  https://www.facebook.com/
 ・各種お問合せは:     oma-pj@e-oma.com
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ※「逢魔が時物語」メルマガ配信の登録・解除はご自身でお願いします。
 ※「逢魔が時物語」は複数のメルマガ発行スタンドから配信中です。

最新のコメント

  • zBxzo3VfPHNq2016-04-26 23:50:27

    29cHi Lyndelle. Not as yet, but check out MBK centre, you might have some luck there. I haven’t been in a while so they may have got them in. Other than that I have no other su&Tsetions.gnbsp; TheghailandLife

  • UvKuFaTJ2012-09-19 05:13:58

    Mighty useful. Make no mistake, I apprecaite it.

  • 名無しさん2012-08-10 19:15:19

    毎月0のつく日が楽しみで仕方ないです(。'▽'。)

    いつもありがとうございます(^人^)感謝♪

  • 名無しさん2012-07-27 07:59:38

    いつも楽しく拝読させていただいております。これからもよろしくお願いします。

  • 名無しさん2011-04-05 22:00:37

    偽善コメ、飽きた