その他健康

鍼灸雑記帳

鍼灸の臨床をしていて気づいたことや本や雑誌を読んでためになったことなどをお伝えします。

全て表示する >

難病に伴う構音障害の治療

2018/09/14

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ 

現在治療中の中でパーキンソン病2名、SBMA(球脊髄性筋委縮症)1名の構音障害が改善しているのでお伝えします。

3名とも特に舌音(タ行・ナ行・ラ行)の発音が上手くできないことが共通でした。

治療は明治国際医療大学の福田晋平先生が全日本鍼灸学会で発表された外金津・外玉液(奇穴)に増音(新穴)を加えて行いました。

ちょうど顎二腹筋の筋腹あたりに相当します。

構音障害は治療直後に改善し、会話が聞き取りやすくなりました。

直後効果だけではなく、継続的に効果が得られています。

SBMA(球脊髄性筋委縮症)の方は以前風邪を契機に誤嚥性肺炎を起こしたことから風邪予防の治療も行っております。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

*五枢会治療セミナー

2011年から再現性の高い治療・有効率の高い治療をマニュアル化し、治療セミナーを行なっています。

興味がある先生・学生の方は下のホームページをご覧になって下さい。

http://5su.muto-shinkyu.com/

*メールマガジン鍼灸雑記帳のバックナンバー

このメールマガジンのバックナンバーは五枢会ブログで見ることが出来ます。

http://ameblo.jp/5su/

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2012-08-30  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。