国際

グローバル・ファンド・アップデート

途上国のエイズ・結核・マラリア対策に資金を供給する「世界エイズ・結核・マラリア対策基金」(世界基金)は、経済危機の中、時代の最先端を担う国際機関として改革に取り組んでいます。本メールマガジンは、世界基金の改革と感染症対策の「今」を伝えます。

全て表示する >

【グローバル・ファンド・アップデート第5号】世界基金が技術審査委員会のメンバー募集(7月31日まで)

2013/07/21

2002年に設立され、世界のエイズ・結核・マラリア対策に必要な資金を供給してきた「世界エイズ・結核・マラリア対策基金」(世界基金)。世界経済危機の第変動の中で、世界基金も、時代の最先端を担う国際機関を目指して改革に取り組んでいます。「グローバル・ファンド・アップデート」は、世界基金とエイズ・結核・マラリア対策の「今」を伝えるメールマガジンです。

=====================
◎記事紹介

★発行遅延のお詫び

★世界基金、技術審査委員会(TRP)メンバーの募集を実施
=応募締め切りは7月31日=

★<連載第5回>ポスト「ミレニアム開発目標」時代の国際保健への資金拠出機関を目指して 第5回:エイズとの闘いはどこへ行くのか(最終回)

=====================

---------------------
★発行遅延のお詫び
---------------------

本メールマガジン「グローバル・ファンド・アップデート」は、ほぼ月刊を目指しており、昨年(2012年)はほぼそのペースで発行できていましたが、本年(2013年)に入って、諸般の事情により、月刊のペースを維持できず、第5号の発行が半年遅れてしまいました。そのあたりの事情は、今号の「連載第5回」に書いてありますので、お読みいただければ幸いです。いずれにせよ、半年間、発行できなかったことについてお詫びします。今後は、より定期的な発行を心がけていきたいと考えています。なお、今号の「連載第5回」には、ポストMDGsを始め、いろいろな事項を書いてありますのでよろしければお読みください。

---------------------
★世界基金、技術審査委員会(TRP)メンバーの募集を実施
=応募締め切りは7月31日=
---------------------

世界エイズ・結核・マラリア対策基金は、現在、2014年〜16年の3年間の任期を務める技術審査委員会 Technical Review Panel の委員となる専門家を募集している。応募締め切りは7月31日正午(グリニッジ時間。日本時間では同日午後9時)。

詳細はこちら→
http://blog.livedoor.jp/projectring-gfu/archives/29773609.html

---------------------
★<連載第5回>ポスト「ミレニアム開発目標」時代の国際保健への資金拠出機関を目指して 第5回:エイズとの闘いはどこへ行くのか(最終回)
---------------------

世界エイズ・結核・マラリア対策基金で2011年末から進行している「大改革」。前回は、この改革が世界基金に何をもたらしたのか、また、この改革の真価はどのように問われるのかについて見てきました。今回は最終回ということで、この改革によって世界基金はどう変わるのか、また、それはポストMDGs時代にどのようにフィットしていくのかについて見て行きたいと思います。

詳細はこちら→
http://blog.livedoor.jp/projectring-gfu/archives/29783164.html

=====================

★発行者:(特活)アフリカ日本協議会
※編集責任者:稲場雅紀(国際保健部門ディレクター)
 住所:東京都台東区東上野1-20-6丸幸ビル3F
 電話:03-3834-6902
 電子メール:ajf.event@gmail.com
 グローバル・ファンド・アップデート ウェブサイト
 →こちら http://blog.livedoor.jp/projectring/

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2012-08-29  
最終発行日:  
発行周期:ほぼ月刊  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。