その他ニュース

仏蘭西通信

仏蘭西・メディア(ル・フィガロ紙、パリ・マッチ誌、エル誌などなど)、巷の情報、テレビ、ラジオなどを通じて仏蘭西国の風をお送りします。仏蘭西在住の方、非在住の方、仏蘭西を熟知している方、未知の方のすべて方にお送りするものです。

メルマガ情報

メルマガ情報は非表示設定にされています。

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

このメルマガは最新記事のみ公開されています。

第66回カンヌ映画祭予想

2013/02/26




大成功だったベルリン映画祭が終わって、映画関係者の関心は今、今年のカンヌ映画祭へと移った。巷のうわさ、誤った情報、撮影中の映画などなどがネット上に溢れる中、現時点でまとめをするのも悪くないだろう。毎年、テイエリ−=フレモ理事長はわれわれをあっと言わせるようなハプニングを巻き起こすけれど。



                                       ******



まず長編アメリカ映画から。スティ−ブン=ソデ−ベルグ監督、マット=デモン、マイケル=ダグラス出演の「Behind The Candelabra」。ソフィア=コッポラ監督、エマ=マトソン出演の「The Biling Ring」。エザン=コ−エン、ジョエル=コ−エン兄弟監督の「Inside Llewyn Davis 」、ケリー=リチャード監督、「 Night Moves」、ジェイムス=グレイ監督、マリオン=コティヤ−ル、ジョアキム=フェニックス出演の「 Nightingale」、スパイク=ジョ=ンズ監督「Her」、 アレクサンダー=ペイン監督「 Nebraska」など。ウディ=アレン監督の新作も期限ぎりぎりで間に合いそうだが...




予告編「Inside Llewyn Davis 」
http://www.youtube.com/watch?v=LFphYRyH7wc





そしてカナダ勢は毎度のごとくグザヴィエ=ドラン監督「農場のトム」やドゥニ=ヴィユヌ−ヴ監督のメラニ−=ロ−ラン出演の「敵」。「敵」は監督自身が、エロティックな実存主義的スリラ−と評し、モントリオ−ル紙によればノーベル文学賞受賞作品(ジョゼ=サラマゴの「ボク様なあいつ」)の映画化。南米映画も多数。ミカエル=ロヴェ監督「Manto Acuifero}(メキシコ)、ディエゴ=ルナ監督「  Chavez」(同)、ルシナ=プエンソー監督「   Wakolda」(アルゼンティン)、イスラエルーアドリアン=カエタノ監督「   Mala」(ウルグアイ)などなど。




予告編:   Mala
http://www.youtube.com/watch?v=UhCwcrYyUxo




欧州勢は、「通りすがりの恋人たち」のアルモドバ−ル監督も「ニンフォマニアック」のフォン=トリエ監督もカンヌ映画祭に参加しない模様故、Khrzhanovsky監督の「DAU」(ロシア)、マリアン=クリザン監督「ロッカ−」(ルーマニア)、コルネリウ=ポルンボイウ監督「ナイン・ミニュッツ・インタ−ヴァル」(同)、スティ−ヴ=マックイ−ン監督「Twelve years of Slave」(英国)、ドキュメンタリ−映画「ダ−ウィンの悪夢」(オ−ストリア)などの新人。ニコラス=ヴィンディング=レフン監督「Only god forgives」(デンマ−ク)やジャン・リュック=ゴダ−ル監督「言葉よさようなら」(スイス)、アレクシ=ゲルマン監督「神様でいるのは大変」(ロシア)などのベテラン勢。



予告編:Only god forgives
http://www.youtube.com/watch?v=j-nmf_-OnBE




アジア勢
Ari Folman 監督「The Congress」 
Bong Joon-ho 監督「Transperceneige」(韓国) 
Kiyoshi Kurosawa 監督「Real」(日本) 
park兄弟監督「Day Trip」
Asghar Farhadi 監督「過去」(イラン)
Tsai Ming-Liang監督「若者の日記」(台湾)などなど



予告編 :Real
http://www.youtube.com/watch?v=lCrcQzZytOA



フランス映画

ケシシェ監督「青色は暖色」
アルノー=デプレチャン監督「平原のインディアン」
レベッカ=ジオトウスキ監督「グランド=セントラル」
ヴァレリー=ブルニー=テデスキ監督「イタリアのお城」
ギヨ−ムーカネ監督「Blood Ties」




最新のコメント

  • コメントはありません。