独立・起業

24才既婚、ビジネスと投資で資産を築く。

23歳から海外投資を始め、経済的自由への道をここに記録しています。 これからビジネスや海外投資を始める方などの参考になれば幸いです。 「時間」というレバレッジを有効に使いながら、 資産形成を行っていきましょう。

メルマガ情報

創刊日:2012-06-15  
最終発行日:2012-12-18  
発行周期:日刊  
Score!: - 点   

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

このメルマガは最新記事のみ公開されています。

【経済的自由への一歩】安定思考の罠

2012/12/18

私は末っ子なので元々家を継ぐポジションにはいませんでした。

そのため両親は私に"就職"についてのアドバイスを
小さな頃からしてきました。

キーワードは「公務員」「大企業」です。

結局は、
「安定的にお金が入ってきて、
 世間からも認められていることをしなさい」
という事を伝えたかったのかもしれません。

この"教え"は我が家だけのものではなく
安定志向が植え付けられた家系では
代々言い伝えられていることだと思います。

私も「公務員」または「大企業の社員」になることが
"安定"した人生をおくるために最も大切なベースとなると
高校生の時まで信じていました。

自分の人生のゴールか"
安定した生活を送る"ことだけになってしまうと
全てお金を中心に考えるようになります。

旅行とか豪華な外食などを
自分の思考の枠を広げたり、自分へのご褒美と考えられず
"贅沢"とか"無駄"としか思えないような思考になってしまい
人生の豊かさを失ってしまうのです。

会社員として働き、倹約することが
"誠実さ"と勘違いしていたのかもしれません。

なぜ勘違いなのかというと
会社員としてお金のすべてを依存することが
自分自身と向き合うことを疎かにし
"思考停止状態"を作ってしまうからです。

"思考停止状態"における最大の恐怖は
自分で何も生み出すことができないことです。

つまり、

誰か・何かに依存しなければ生きていくことができないのです。

実はこれがもっとも"不安定な状態"にあるといえます。

会社員として働いている以上、
会社に貢献するために身を捧げることは
とても素晴らしいことだと思います。

しかしそれが自己満足ではなく
家族の将来を考えるなら
給料プラスαで資産を築き始めることをおススメします。

今は大企業が潰れたり、
早期退職を求められる時代です。

自分自身が空(カラ)になるまで働いて
「これ以上やり残すことは無い」と思って仕事を首になっても
その後の収入もゼロになってしまったのでは
それはただの自己満足に過ぎません。

まずはお金の勉強を始めること。
そして行動を起こすこと。

この2つを行っていれば、
必ず資産は築けます。

行動を起こしていくと
想定通りに上手くいかないことも必ずあります。

私も想定通りの運用成績が出ずお金を失ったり、
投資先が翌月破綻し借り入れだけが残った経験があります。

ただそれも上手くいない方法を理解することができたわけで、
失敗ではありません。

それよりも何もしていないことの方が
機会損失をしていると言えるでしょう。

"超安定思考"が植え付けられてしまったあなたの場合、
給与以外のところから"副業"とか"投資"なので
お金を得ることに罪悪感を感じているかもしれません。

でも毎日送っているのは自分の人生なのです。
人生が豊かになるように毎日努力しましょう。

最新のコメント

  • コメントはありません。