マーケット

FX勝ち組のトレード法則

FXトレードのノウハウまた市場の分析、解説を行います。またトレードには必要なテクニカル分析を自ら実戦し解説、戦略情報を提供しています。

全て表示する >

深まるイタリア政局の混乱

2013/04/21

■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■
          〜真心のお客様対応〜
         FX勝ち組のトレード法則
■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■

こんにちは、発行人のkochanです。
今週は総じて調整相場となっていた円相場ですが、G20の声明をうけて
再び円安相場に勢いが増してきています。

ユーロ円相場も、週末再び大台の130円台に戻ってきています。
異次元の金融緩和による円資金が世界中にばらまかれている構図が再び
クローズ・アップされつつあるようです。

今回は、ユーロの不安材料であるイタリアの政局について書くと同時に
それに焦点が当たらない背景を書いてみたいと思います。

混乱深まるイタリア政局に反応しない市場
編集後記

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
混乱が深まるイタリア政局に反応しない市場
-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

5月の辞任をむかえるイタリア、ナポリターノ大統領の後任が
未だ決まりません。

現在の最大与党、民主党が推すブロディ氏が4回目の投票でも過半数
をとれず、中道右派との連立を模索に失敗した民主党代表ベルサー二代表が
引責辞任に追い込まれています。
結局、高齢のナポリターノ氏が大統領に再選される結果となりましたが、
政権樹立の枠組みは見通しがたたないままです。

しかしながら、そんな混乱ぶりにもかかわらず、イタリア国債は連日
買われています。
キプロスの問題がシステミックリスクに発展しなかったことで、
日本発の流動性が、利回りの高い国債に向かう流れが強いようです。

その今回のキプロス救済案、ドイツ議会では承認されまたが、
キプロス国内では、この救済策が採決されるかどうかいまだ
不透明な状況です。

キプロスの負担が当初の予定よりも増えるとの観測が強まるなか、
キプロスの金資産売却の憶測も強まっているなど、キプロス国内の議会
もまだ一筋縄ではいかなそうです。
先週の金相場、コモディティ価格の急落に一役かってしまいました。

そんな混乱ぶりにもかかわらず、ユーロ円相場は、日本の異次元の金融緩和に
よる流動性が利回りの高い通貨に集まってきています。当面まだ世界中の過剰
流動性による円安基調が続きそうです。
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
 編集後記
-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
今回もメルマガを読んでいただきありがとうございます。

ご意見・ご感想お待ちしております。皆様におきましてはよい週となることを
お祈りいたします。
では、また次回お会いしましょう。        (kochan)

FX取引は損益リスクの伴う取引です。こちらのメルマガは情報提供を主たる目的として
おり、実際の取引に関しては自己責任で行なっていただくようお願い致します。

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2012-06-09  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。