マーケット

FX勝ち組のトレード法則

FXトレードのノウハウまた市場の分析、解説を行います。またトレードには必要なテクニカル分析を自ら実戦し解説、戦略情報を提供しています。

全て表示する >

ユーロの調整売りはこないのか?

2013/02/03

■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■
          〜真心のお客様対応〜
         FX勝ち組のトレード法則
■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■

こんにちは、発行人のkochanです。
早いもので2月に突入しました。
昨年末から円安が急加速しており、この一ヶ月も調整なしで、対ユーロでは
126円台をつけ、ユーロ高が止まりません。

オーシーレーター系のテクニカル分析では、明らかに買われ過ぎの警告がずっと
出ているにもかかわらず、それを無視してワンウェイの状況で上昇しています。

ユーロの安値から20%以上の上昇をし、債務危機に売られていたディスカント分
ほぼ埋め合わせたようにもみえる水準まで上昇しているユーロですが、目先調整
がないのか、現状のユーロのファンダメンタルズを見直してみたいと思います。

ユーロの調整売りはあるのか、またその材料は?
編集後記

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
ユーロの調整売りはあるのか、またその材料は?
-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
先週第一回目のLTROの早期返済予定額が公表され、それに好感して
ユーロの上昇に拍車がかかったかたちとなり、ユーロ円ではいっきに
125円突破、昨日は126円台に突入しています。

ユーロは対円だけではなく、他の通貨でも軒並み過熱しすぎの域内に突入
し、オーシーレーター系のテクニカル分析が通用しない状況にまでヒートアップ
しています。

ユーロの債務危機回避でのユーロの上昇は以前から指摘してきましたが、
ここまで上昇すると、ユーロの債務危機懸念によるディスカウントぶんを
埋め合わせただけではなく、次のユーロのファンダメンタルズの好転を
前倒ししているようなユーロ高の相場展開となっています。

ここ一ヶ月、ほぼ調整なしのユーロ高が続いていますが、どのタイミングで
調整がくるのか、懸念されるポイントを整理しておきたいと思います。

1.ドイツの景況感は好調を示していますが、一方でフランスのPMIなどは
下降傾向をたどっている。

2.今月実施されるイタリアの総選挙、イタリアの銀行の不正会計の問題に
モンティ首相の支持が下降気味であること。

3.スペインの25%超える失業率、失業給付金の支給の延長など、社会問題
が深刻化していること。

4.第一回目のLTROの早期返済額は予想よりも高かったですが、今週の第二回目では
早期返済額が大きく減少していること。

ユーロのファンダメンタルズに立ち返れば、ドイツ以外では深刻なままであり、
また緊縮財政を強いられているなか、イタリアの選挙も控えており、近いうちの
ユーロの調整も想定しています。

-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
編集後記
-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
今回もメルマガを読んでいただきありがとうございます。

ユーロの独歩高の様相を呈していますが、テクニカル的RSIなどでは、明らかに
買われすぎの領域にはいってしばらく続いています。
それでも調整なしで上昇していくのか、あるいはこのRSIを解消する調整がどのタイミ
ングでくるのか注視しています。

ご感想、ご意見は、お気軽にご連絡ください。
では、また次回お会いしましょう!!|        (kochan)

FX取引は損益リスクの伴う取引です。こちらのメルマガは情報提供を主たる目的として
おり、実際の取引に関しては自己責任で行なっていただくようお願い致します。
---------------------------------------------------------------------------------

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2012-06-09  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。