芸術

エイブル・アート ニュース

障害のある人のアート活動を通し、社会の新しいあり方を提案するエイブル・アート・ムーブメント。エイブル・アート・ジャパン、財団法人たんぽぽの家、Able Art Companyから、展覧会やフォーラム、ショップ、イベント情報をお知らせします。

全て表示する >

エイブル・アート ニュース

2018/08/15

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
まだまだ暑い日が続きますね。こちら、奈良のたんぽぽの家では熱中症対策として「塩飴」がブームになっています。みなさまもお体お気をつけくださいね(大井)

【Pick up】
[01]Good Job!プロジェクトのポップアップ・ストアを開催中!@東京
たんぽぽの家が運営してきた「Good Job!プロジェクト」は2016年度にグッドデザイン賞金賞を受賞いたしました。そしてこの度、グッドデザイン賞を受賞したアイテムの販売を行う「GOOD DESIGN STORE TOKYO by NOHARA」にて、期間限定の販売イベントを開催します。
「Good Job!アワード」に入選した取り組みの中から、プロダクトや食品を中心に13 団体約60点のアイテムをセレクト。特別企画としてGOOD DESIGN STORE TOKYO by NOHARAとGood Job!プロジェクトのコラボ商品「G×Gグラス」が販売されるほか、会期中には、トークイベントやワークショップも開催されます。ぜひお誘いあわせのうえお越しください!

会期:2018年7月25日(水)〜8月21日(火)11時〜21時、日・祝は20時まで
会場:GOOD DESIGN STORE TOKYO by NOHARA(東京都千代田区丸の内二丁目7番2号 KITTE丸の内 3階)

 ※詳細、お申込みはこちら→http://goodjobcenter.com/news/1296/

[02]日本財団 DIVERSITY IN THE ARTS 2020 ミュージアム・オブ・トゥギャザー サーカス@東京
2017年10月に開催され、大変な好評を得た展覧会「ミュージアム・オブ・トゥギャザー」。2018年は「サーカス」をテーマに開催されます。カラフルな会場デザインや、来場者が展示の一部として参加できるユニークな企画も実施、不思議で賑やかな空間で新たなアートと出会えます。世代やコミュニティ、専門性や領域をこえて、あらゆる人が参加する5日間限りのサーカスにぜひお越しください。前回に引き続き、ラーニング協力としてNPO法人エイブル・アート・ジャパンが協力。アートセンターHANAの小松和子さんや、エイブルアート・カンパニーのアーティストも出展しています。

会期:2018年9月13日(木)〜17日(月祝)11:00〜20:00
会場:渋谷ヒカリエ8/COURT(東京都渋谷区渋谷2-21-1)
展示作家:川内理香子、小松和子、清水千秋、ピーター・マクドナルド、古谷秀男、竜之介、渡邊義紘

主催:日本財団 DIVERSITY IN THE ARTS
特別協力:渋谷区
ラーニング協力:NPO法人 エイブル・アート・ジャパン
協力:社会福祉法人やまなみ会 やまなみ工房、WAITINGROOM、一般財団法人たんぽぽの家、社会福祉法人わたぼうしの会、アトリエ・エー、社会福祉法人大和会 大和高原太陽の家(順不同)

 ※詳細はこちら→https://www.diversity-in-the-arts.jp/exhibition2020/moto-circus

◯ボランティア募集!
本展覧会の会場で活動する?ボランティアリーダー、?ボランティアを募集します。ご興味と意欲を持ってご参加いただける方のご応募をお待ちしております。

〈ボランティア事前説明会〉
9月12日(木)17:00-18:00  渋谷ヒカリエ8階 8/COURT

?ボランティアリーダー
活動内容:ボランティアのシフト調整、会場内安全管理、事務局との調整など
シフト:1日あたり5時間15分(休憩込)の2交代制 A:10:30-15:45 B:15:30-20:45
応募条件:(1)イベント会期中3日以上参加、(2)事前説明会(9/12)への参加、(3)事務局との事前打ち合わせ(3時間程度)、(4)2020年展覧会のボランティアリーダーとして参加可能、(1)〜(4)に参加できる方を優先します。
旅費・食費:1時間当たり1000円(税込)×時間数(旅費別途)

?ボランティア
活動内容:会場内の監視、案内、誘導、作品安全管理、アクセスサポート、イベント運営補助
シフト:1日あたり5時間15分(休憩込)の2交代制 A:10:30-15:45 B:15:30-20:45 
応募条件:(1)イベント会期中2日以上参加、(2)事前説明会(9/12)への参加、 (1)と(2)に参加できる方を優先します。
旅費・食費:1日当たり3000円(税込)

〈お申込み〉
「ミュージアム・オブ・トゥギャザー サーカス応募 」という件名でメール(office@ableart.org)またはファックス(03-5812-4630)で下記の項目を記入してご送信下さい。
?希望する役割(ボランティアリーダーかボランティア)
?氏名(フリガナ)
?所属・大学(専攻)など
?ご住所
?ご連絡先(電話番号、メール)
?参加動機
?参加可能な日のシフト(例:9/13(木)Aのみ、9/14(金)A・B両方)

〈お問い合わせ〉
「ミュージアム・オブ・トゥギャザー サーカス」ボランティア窓口(エイブル・アート・ジャパン内)
電話:03-5812-4622 ファックス:03-5812-4630 メール:office@ableart.org


【展覧会・イベント】
[01]障がい者アート公募展:2018年度「コラボ・アート21」作品募集しています!(〜9/10)
関西電力は、2001年度から「コラボ・アート21」を実施しています。これは、関西一円から障がいのある方々の作品を公募し、入選作品を発表展示するものです。この世界にひとつしかない「あなただけの作品」に出会えることを、心から楽しみにしています。
(共催:関西電力株式会社、一般財団法人共済会記念文化財団/特別協力:一般財団法人たんぽぽの家)

募集内容:平面作品・立体作品を募集しています。
応募料:無料
応募締切:2018年9月10日(月)必着
応募資格:障害のある方で関西圏にお住まいの方。個人、グループは問いません。ただし、1人、1グループ1点でお願いします。

 ※詳細、お申込みはこちら→http://www.kepco.co.jp/sustainability/csr/contribution/collabo/art2018/index.html

[02]《SHIRO Atelier&Studio》アトリエ事業スタート!@仙台
『障害のある人とない人が ともに表現することができる アトリエ、はじまります。』―仙台市の文化施設を活用した定期的なアトリエ事業を実施します。絵を描いてみたいな、いつも家で自己流の創作をしているけどみてほしいな、関心をもつ仲間と出会う機会がほしいな、障害のある人の表現活動のサポートをしたいな、など、障害のあるなしに関わらず、どなたでも参加できます。
(《2018年度仙台市文化プログラム SHIRO Atelier&Studio -ともにつくる芸術劇場-》主催:特定非営利活動法人エイブル・アート・ジャパン/公益財団法人仙台市市民文化事業団/仙台市)

日時:?9/22(土)/?10/20(土)/?11/17(土)/?12/15(土)/?2019年2/23(土)
   14:00〜17:00(16時以降は鑑賞&茶話会)
会場:せんだいメディアテーク 7F スタジオb(仙台市青葉区春日町2-1)
対象:障害のある人、障害のある人と表現活動をすることに関心がある人
定員:15名程度(障害のある人は10名程度)
参加費:無料(申込先着順)
ファシリテーター:瀬尾夏美(画家、作家、一般社団法人NOOK)、佐竹真紀子(美術作家、一般社団法人NOOK)

◯ボランティア募集
事務局とアトリエ活動をサポートするボランティア募集!社会人や大学生など5名程度。お申込みの際「ボランティア枠希望」のところにチェックしてください。

 ※詳細・お申込みはこちら→http://soup.ableart.org/news/000182.php

[03]「IoTとFabと福祉」参加団体募集中!
2017年、一般財団法人たんぽぽの家が主宰し、各地でスタートした障害福祉×現代技術の実験的な取り組み「IoTとFabと福祉」。2018年度は、これまでの実施してきた地域に加え、新たに2地域での活動をスタートしたいと考えています。そこで、IoTとFabなどの技術を福祉の現場に生かしていく本事業への参加団体を募集します。ご関心のある、福祉関係者、Fabスペース、大学や学校、技術者やデザイナーなどのみなさんからのご応募をお待ちしています!

応募締切:2018年9月20日(木)

 ※詳細・お申込みはこちら→http://goodjobcenter.com/news/1301/

[04]Good Job!センター2周年 オープンウィーク開催!@奈良
2016年9月にGood Job!センター香芝が開所してから、あっという間に2年を迎えます。この間、いつも試行錯誤をくりかえしながら、いろいろな人との出会いと協働から仕事が生まれてきました。まだまだ途中のこともたくさんですが、何を大事にして、どのように取り組んできたか、また新しくはじめている実験をみなさんと共有する1週間にしたいと思います。この機会にぜひGood Job!センター香芝に遊びにきてください。メンバー、スタッフ一堂お待ちしています!詳細は決定次第、ウェブサイトでお知らせいたします。

日時:2018年9月18日(火)〜23日(日)11:00〜17:00
会場:Good Job!センター香芝(奈良県香芝市下田西2-8-1)
*オープンウィーク中は、仕事や活動のようすを展示やツアーでご案内します!
*イベント開催時は、時間外もオープンします!

 ※Good Job!センターウェブサイトはこちら→http://goodjobcenter.com/

[05]エイブル・アート・アワード2018 応募者募集中!
エイブル・アート・ジャパンが障害のある作家の発掘や制作現場への資金的なバックアップを目的として開催してきた、障害のある人たちの作品公募展「エイブル・アート・アワード」が今年も開催されます。20周年を迎える2018年度はアワードの歴史を振り返り、歴代受賞者のこれまでの歩みと作品を一緒に展示する「エイブル・アート・アワード20周年記念受賞者展(仮)」を開催いたします。そのため、今年度は「展覧会支援の部(個展)」の募集は行わず、「画材支援の部」(個人・団体 合計6件)、「小さなアトリエ支援の部」(20万×1件)の2部門の募集をいたします。みなさんのご応募をお待ちしています。

 ※詳細、お申込みはこちら→http://www.ableart.org/topic/award/award_201806.html


【セミナー】
[01]「アートとソーシャルデザイン」研究会@東京
2017年に立ち上がって以来 2年目を迎える「アートとソーシャルデザイン研究会」。「障害×アート」に様々な立場で取り組む人々が出会い、ソーシャルデザインのための新しいヒントをみつける情報交流の場となることを目指してきました。2018年度のテーマは「過去から見つける未来のヒント」。2020年のオリンピック・パラリンピックに向けてのもりあがりの先に続く未来を見据えて、障害と芸術のこれまでの歴史を振り返り、これから何をすべきか、どのような可能性が見出されるかについてじっくり考える会を設けます。
運動の実践者やアーティスト、研究者など多様な話題提供者とともに、“アートだからこそできること”や、表現と社会の関係について話し合ってみませんか。みなさまの参加をお待ちしています。

第5回 「ハンセン病の歴史から考える表現と社会の関係―障害者アートの可能性に寄せて―」
日時:9月8日(土)14:00〜17:00(13:30開場)
話題提供者:荒井裕樹(二松學舎大学専任講師。障害者文化論)
聴き手 /司会:平島朝子(大学院生、エイブル・アート・ジャパン インターン。社会学、障害者運動史研究)

第6回 「アートだからこそできること、アートにしかできないこと―社会学者と考える、社会の中のアート―」
日時:10月13日(土)14:00-17:00(13:30開場)
話題提供者:北田暁大(東京大学大学院教授。メディア史、理論社会学が専門。)
聴き手/司会:平島朝子

場所:A/A gallery(東京都千代田区外神田6-11-14 アーツ千代田3331#208)
参加費:一般2,000円、学生1,500円、エイブル・アート・ジャパン会員1,000円
参加対象者:障害のある人、芸術文化関係者、福祉・医療関係者、行政関係者、企業関係者、教育関係者、NPO関係者、学生等
定員:各回30名

 ※詳細・お申込みはこちら→http://www.ableart.org/topic/project/201806_art&socialken.html

[02]東京モノづくりサロンシンポジウム〜福祉がつくる暮らしの未来シンポジウム2018@東京
今年も東京モノづくりサロンシンポジウムが開催決定いたしました!福祉施設におけるモノづくりの取り組みや課題を共有する「モノづくりサロン」。今年は「福祉がつくる暮らしの未来」をテーマに、モノづくりに携わっている様々な立場の皆さんから、具体な実践例や課題解決へのアプローチを紹介します。

日時:2018年9月30日(日)10:00〜16:00
場所:東京ウィメンズプラザ(東京都渋谷区神宮前5-53-67)
参加費:3000円

◯東京モノづくりサロンシンポジウム説明会・交流会
モノづくりサロンシンポジウムの開催にあたり、施設の現状や課題について伺う場として、交流会を開催いたします。モノづくりサロンシンポジウムへの参加を検討されている方、内容を詳しく知りたい方、施設のモノづくりに興味がある方など、みなさまのご参加をお待ちしています。 

日時:2018年8月29日(水)19:00〜21:00
場所:エイブル・アート・ジャパン(東京都千代田区外神田6-11-14アーツ千代田3331#208)
参加費:500円
*みなさま一品持ち寄りをお願いしております。

 ※詳細・お申込みはこちら→http://www.ableart.org/topic/project/201807_monodukurisalon.html


【お知らせ】
[01]「Good Job!基金」にご協力お願いします
Good Job!基金はGood Job ! アワードを入選した取り組みを応援するために、一般財団法人たんぽぽの家と公益財団法人パブリックリソース財団が設立した基金です。Good Job! 基金の役割は、はたらくための選択肢が少なく、理不尽に所得が低い人たちに、生きがいとはたらきがいのあるしごとをつくることです。そのために、社会によりよい変化を与えるプロジェクトを応援・ご支援ください。

 ※詳細はこちら→http://goodjobcenter.com/news/1318/

[02]仙台クラシックフェスティバル2018 ショップ「ハチプオンプ」ボランティア募集@仙台
「ハチプオンプ」とは、2013年より、「仙台クラシックフェスティバル」に出店することを目指し、障害のある人や福祉施設職員とともに“クラシック音楽”をテーマとする商品を開発し、会場で販売してきたプロジェクトです。今年も仙台クラシックフェスティバルにて販売会を実施します!

日時:2018年9月28日(金)〜9月30日(日)
会場:日立システムズホール仙台(仙台市青年文化センター・ 宮城県仙台市青葉区旭ヶ丘3-27-5)

◯ボランティア募集
今回の販売会では、ショップの販売をお手伝いいただけるボランティアスタッフを募集中です!この機会に、福祉施設に通うメンバーさんの個性がひかる商品に触れてみるのはいかがでしょうか?

締め切り:9月25日(火)
*ボランティアは時間シフト制です。日によって時間が異なりますので、ご注意ください。
*交通費等の支給はございません。

 ※お申込みはこちら→https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLScOXttiZ7g0W1J5LayJvEulv7Juo5qLrp4z1x8D7WPhfcvQ1Q/viewform

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2012-05-30  
最終発行日:  
発行周期:月刊  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。