芸術

エイブル・アート ニュース

障害のある人のアート活動を通し、社会の新しいあり方を提案するエイブル・アート・ムーブメント。エイブル・アート・ジャパン、財団法人たんぽぽの家、Able Art Companyから、展覧会やフォーラム、ショップ、イベント情報をお知らせします。

全て表示する >

エイブル・アート ニュース

2018/01/15

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
みなさま、あけましておめでとうございます!今回から本メールニュースの配信担当となりました、一般財団法人たんぽぽの家の大井卓也と申します。日頃は奈良県のたんぽぽの家にて、障害のある人たちの芸術活動の支援活動をおこなっております。年明け早々ですが、本年もたくさんの催しが予定されていますので、どうぞお見逃しなくご覧ください。

【Pick up】
[01]パフォーミングアーツを体感しながら学ぶ2日間@奈良
障害のある人の表現活動はいま、演劇、音楽、ダンスなどのパフォーミングアーツの分野にも広がりを見せています。障害とアートの相談室では、今回、さまざまなジャンルで、あるいはジャンルを横断するような形で障害のある人と活動している方を招き、レクチャー・ワークショップを開催します。2日間にわたって多様な取り組みから学び、実際に自分の身体を動かして、パフォーミングアーツの現在を一緒に体感したいと思います。みなさまのご参加をお待ちしています!

日時:2018年1月20日(土)13:30〜
   21日(日)10:00〜
   *どちらか一日のみの参加も可能です

会場:たんぽぽの家(奈良市六条西3丁目25-4)

参加費:2日間:3,000円/1日のみ:2,000円
    1日目の交流会への参加希望の方は別途:3,000円
    2日目の昼食をご希望の方は別途:600円
   (定員:30名)

講師(50音順):
・石井路子(ドラマティーチャー、大阪府追手門学院高等学校表現コミュニケーションコース教諭)
・梅田哲也(美術家)
・佐久間新(ジャワ舞踊家)
・佐藤拓道(俳優、たんぽぽの家スタッフ)
・中川真(大阪市立大学都市研究プラザ特任教授)
・沼田里衣(大阪市立大学テニュアトラック准教授、おとあそび工房)
・森田かずよ(女優・ダンサー)

 ※詳しくはこちら→http://tanpoponoye.org/hana/2017/12/00507160/


【展覧会・イベント】
[01]展覧会「Relation展 Vol.3」〜エイブル・アートの世界観〜@大阪
たんぽぽの家、アートセンターHANAの作家の作品が出展されます。以下、ギャラリーの紹介文より↓
”障害を抱えつつ、輝きながら今を生きる、個性あふれるアーティスト達の作品展です。彼らの目に映る世界は、私たちの想像を超えた独創性に満ち溢れ、強烈なインパクトを持って私たちの心を捉え、色々なメッセージを送ってくれます。(中略)彼らのメッセージを受け取れる機会が、見えない「縁」で繋がり(Relation)ますように…。そんな願いを込めた展覧会です。”

会場:gallery & select shop 縁(大坂市都島区東野田町5-9-9-203)
会期:2018年1月5日(金)〜2月19日(月)
出展作家:福岡左知子、伊藤樹里、武田佳子、前田考美

 ※詳しくはこちら→http://tanpoponoye.org/news/general/2017/12/38457181/


[02]エイブルアート芸術大学展覧会「人生★スクランブル交差点vol.3」まもなく開催!@東京
2010年からスタートし、障害のある人もない人も集まって月1回のペースで制作しているエイブルアート芸術大学。みんなの人生が凝縮された作品展です。
(展覧会コーディネーター:中津川浩章)

会期:2018年1月18日(木)〜2月4日(日)11:00〜19:00 *最終日は16:00まで。月〜水は休廊
会場:A/Agallery(東京都千代田区外神田6-11-14 アーツ千代田3331 #208)

・ギャラリートーク開催!
日時:1月28日(日)13:45〜15:45
申し込み:不要


[03]山野将志個展「森羅万象」@鳥取
山野将志は卓越した色彩感覚と筆使いで、そのものが放つ全てを画面に写しだします。古代の遺跡から感じる神々しさや畏怖(いふ)の念、動物や昆虫に抱く愛らしさと嫌悪感、豊かな自然から受ける温かな印象と不気味さ。何もかもを炙り出されたものたちは、抽象的なイメージとなってキャンバスの中に表れます。あらゆるものを描きだす、森羅万象の表現をご覧ください。
[主催:あいサポート・アートインフォメーションセンター/企画協力:社会福祉法人わたぼうしの会]

(本展)
会期:2018年1月27日(土)〜3月4日(日)10:00~16:00 *土日祝は17:00まで。水は休館
会場:くらよしアートミュージアム無心(鳥取県倉吉市魚町2540-2)

(巡回展1)
会期:3月7日(水)〜15日(水)10:00〜18:00 *12日は休館
会場:とりぎん文化会館 展示室(鳥取市尚徳町101-5)

(巡回展2)
会期:3月21日(水・祝)〜28日(水)9:00〜17:00 *土日祝は10:00〜。最終日は15:00まで
会場:山陰合同銀行鳥取営業本部2Fギャラリー(鳥取県鳥取市栄町402)

 ※詳しくはこちら→http://tanpoponoye.org/news/news-hana/2018/01/50057190/


[04]期間限定ショップ「HUMORA(ユーモラ)」@静岡
HUMORA(ユーモラ)は楽しくお買い物をしながら実は社会貢献にもつながる、そんなお店です。今回は「HUMORAが選ぶ100のおくりもの」をテーマに大切なあの人にあげたい、心があったかくなるようなユニークでかわいいアイテムをたくさんご用意しました。あげてにっこり、もらってほっこり、HUMORAを選ぶ100のおくりもの。あなたは誰に、何を贈りますか?
[企画:HUMORA実行委員会/協力:GoodJob!センター香芝/特別協力:静岡駅ビルパルシェ]

期間:2018年1月16日(火)〜22日(月)10:00~20:00
場所:静岡駅ビルパルシェ2F特設会場「おたちよりひろば」(静岡県静岡市葵区黒金町49番地)


[05]オープンアトリエ「mirumiru」開催@奈良
これまで期間限定で開催してきた、障害のある人の造形教室、オープンアトリエ「mirumiru」を継続して開催することになりました!言葉だけでは表せないこと、感じたままの想いなど、自由に表現してみませんか。「miru miru」では、アート活動を希望する障害のある人からの参加を募り、専門性のあるアートスタッフが絵画の制作をサポートします。たくさんの“できる”を一緒に発見しあいませんか。

日時:?1月27日(土)/?2月17日(土)/?3月24日(土)14:00〜16:00
*全3回のご参加が可能な方を優先させていただきます。すべての回にご参加ができない場合はご相談ください。

場所:Good Job!センター香芝北館(奈良県香芝市下田西2-8-33)
対象:高校生以上の障害のある人
参加費:3,000円(1回につき)
参加定員:15名(定員になり次第受付終了します)
講師:岡? 潤(デザイナー、造形教室主宰)
*会場までの移動、ケアサポートは各自でお願いいたします。
*基本的な画材や道具などは事務局で準備します。

 ※詳細・お申込みはこちら→http://goodjobcenter.com/news/1154/


[06]みんな北斎プロジェクト ワークショップ始動!@東京
2016年度に好評を博した墨田区主催「全国障害者アート公募展みんな北斎」のスピンオフ企画! 葛飾北斎のように、おもしろい&真剣なオヤジである、しりあがり寿さんと「北斎であそぶ」がテーマ。今年度はワークショップ編として、マンガ家で美術家のしりあがり寿さんと墨田区の小中学校の子どもたちとのコラボによるアニメーションの作成を計画!すみだ北斎美術館にて展示予定。
[主催:東京都墨田区/企画運営:NPO法人エイブル・アート・ジャパン]

?オープンワークショップ「アニメで墨田!−制作中の巻−」
しりあがり寿さんと、アニメーションの素材制作に取り組んでみませんか。あなたが描いた墨田区の名所や名物が、展覧会で発表されるアニメーションに登場するかもしれません!

日時:2月3日(土)13:00〜16:00 *所要時間:1時間程度(出入り自由)
会場:MARUGEN100(東京都墨田区亀沢2-7-2すみだ北斎美術館1階 講座室)
対象:どなたでも
参加費:無料
申込み:不要。当日、会場に直接お越しください。
*参加の際に必要な支援(駅までの迎え)やコミュニケーション方法(手話・筆談など)がある方は、あらかじめお知らせください。可能な範囲で対応いたします。

?展覧会「アニメで墨田!」
墨田区を巡るアニメーションを大公開!!しりあがり寿さんが、墨田区内小中学校の特別支援学級の児童生徒たちとすみだ北斎美術館でのワークショップ参加者と取り組んだ、ワークショップの様子もご紹介します。
(制作:墨田区立本所中学校6組の生徒たち、墨田区立業平小学校さくら学級の児童たち、すみだ北斎美術館ワークショップ参加者)

日時:2月21日(水)〜2月25日(日)10:00〜17:00 *最終日16:00まで
会場:MARUGEN100(東京都墨田区亀沢2-7-2すみだ北斎美術館1階 講座室)
対象:どなたでも
観覧料:無料

 ※詳細・お申込みはこちら→http://www.ableart.org/topic/project/201712_hokusaiproject.html


[07]SOUP STAGE 舞台公演「ミクストジャーニー」@仙台
SOUP(障害者芸術活動支援センター@宮城)は、2017年度より、身体表現のプログラム「舞台をつくるSOUPSTAGE」をスタートしました。そして、宮城県内3地域をめぐり「身体で表現してみよう!」と「舞台美術をつくろう!」という2つのワークショップを重ね、そこで出会った人たちとともにひとつの舞台を創作しました。ひとりひとりが持っている魅力やアイディアを持ち寄ってみたら、どんな魔法が起きたでしょう?ぜひ会場に足を運んで、みなさんも一緒に体験してみてください。
(構成・演出:磯島未来/企画・制作:SOUP、一般社団法人NOOK)

日時:2018年2月17日(土)・18日(日)開演14:30(開場14:00)
*上演時間は約60分。終演後にミニトークと交流会を実施します。お時間のある方はご参加ください(60分程度を予定)。

会場:青葉の風テラス(仙台市青葉区青葉山2-1外/地下鉄東西線国際センター駅2階)
チケット料金:一般前売・当日  2,000円
       中学・高校生以下 1,000円
       小学生以下  無料
*障害のある人は同伴者と2名で2,000円。未就学児観覧可
*サポートが必要な場合は事前にご相談ください

 ※詳細、お申込みはこちら→http://soup.ableart.org/news/000142.php
 ※稽古のレポートはこちら→http://soup.ableart.org/news/000146.php


[08]「ミクストジャーニー」関連企画、「みんなでつくろう!!/舞台美術をつくろう」@仙台
上でご紹介しました舞台公演に先立ち、一緒に舞台美術を制作する人を募集しています。絵を描くのが好きな人、ものをつくるのが好きな人、描いてみたい、つくってみたい、そんな思いがある人のご参加をお待ちしております。

日時:2018年1月27日(土) 13:30〜16:30
会場:せんだい演劇工房10-BOX(仙台市若林区卸町2-12-9)
対象者:舞台美術に興味のある人、障害のある人や家族、福祉施設スタッフ、アーティスト、学生 など
参加費:無料。定員15人
ファシリテーター:佐竹真紀子 (美術作家、一般社団法人NOOK)、瀬尾夏美(画家、作家、一般社団法人NOOK)

 ※詳細、お申込みはこちら→http://soup.ableart.org/news/000144.php


[09]GoodJob!展 2017-2018開催!@東京
はたらき方の価値観が多様化するなかで、尊厳や生きがいのある仕事づくりが求められています。その一方で、障害のある人の暮らしのなかから、既成の労働観にとらわれない先駆的・革新的な取り組みが生まれています。Good Job! 展は2012 年度から始まった、福祉の領域をこえて、アート・デザイン・ビジネスとの協働によるしごとづくりを紹介する場です。今年度は、IoT と FAB によるあたらしい仕事づくりの実践を紹介する展示やセミナーも実施。これからの Good Job!をともに学び、考え、語り合う場にぜひお越しください!
 
日時:2018年2月17日(土)〜2月20日(火)11:00〜20:00
会場:渋谷ヒカリエ8階 8/ COURT(東京都渋谷区渋谷2-21-1)

 ※詳細はこちら→http://exhibition.goodjobproject.com/


【セミナー】
[01]創造する力をつくるSOUPの研修@仙台
SOUP(障害者芸術活動支援センター@宮城)は、人材育成研修として「創造する力をつくるSOUPの研修」を2018年1月、2月、3月に開催します。ぜひお申込みください。

(今後のスケジュール)
●みんなでつくろう!!
2018年 1月27日(土) 舞台美術をつくろう2
●身体表現ファシリテータ養成ワークショップ/体験&ディスカッション編 
2018年3月5日(月)、3月6日(火) こころの動きをつかまえる・身体の可能性をみつけるじかん
2018年3月12日(月) からだをじっくり味わってみる
●ケアする人のためのワークショップ 
2018年3月3日(土)演じることを通して、見つめてみよう
●障害のある人の表現活動と著作権
2018年 2月22日(木)アートと著作権 基本編 
2018年 3月16日(金)舞台芸術と著作権を考える

 ※詳細・お申込みはこちら→http://soup.ableart.org/news/000141.php
 ※チラシ(表面)→http://soup.ableart.org/mt-files/20171222204453-3923e2f22e31ed7b77afd978f95fe4e21ed43cfe.pdf
 ※チラシ(中面)→http://soup.ableart.org/mt-files/20171222203559-a9948e49c326e86f79617180062f5f0e01e38482.pdf


[02]ケアする人のケアセミナーin 熊本
震災から2年が経ち復興が進むなか、熊本の地では、人と人が支え合うことが希望の光となる活動が続けられています。困難を抱えながらも誰かに寄り添うことに力を注いできた人、どんな状況にあっても自分を表現することで人とのつながりを広げてきた人、支える人支えられる人という関係を超えて、おたがいの強さと弱さをつなぎあう実践です。介護・介助、子育てに関わる活動や、人の痛みに向き合う表現活動の実践から、愛着のある地域で、さまざまな人がともに幸せに暮らすことのできる、支え合いの文化づくりに向けて学び合います
[主催:一般財団法人住友生命福祉文化財団、一般財団法人たんぽぽの家]

日時:2018年2月10日(土)10:00~16:30(9:30受付開始)
会場:熊本市男女共同参画センター はあもにい・多目的ホール(熊本市中央区黒髪3丁目3番10号)
参加費:無料(要申し込み・先着順)
定員:200名

 ※詳細・お申込みはこちら→http://tanpoponoye.org/news/general/2017/12/02337089/

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2012-05-30  
最終発行日:  
発行周期:月刊  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。