芸術

エイブル・アート ニュース

障害のある人のアート活動を通し、社会の新しいあり方を提案するエイブル・アート・ムーブメント。エイブル・アート・ジャパン、財団法人たんぽぽの家、Able Art Companyから、展覧会やフォーラム、ショップ、イベント情報をお知らせします。

全て表示する >

エイブル・アート ニュース

2017/12/15

○●○●○●12月に入りました。2017年、年末まで色々な取り組みが開催されています!来年のご予定も、お早めにご確認ください★ ○●○●○●

【Pick up】アートを支えるケア特集

「アート」と「ケア」には2つの関係があると思います。1つは、医療や福祉などケアの現場を、アートの力で居心地の良い生活空間や豊かな暮らしに変えていく“アート→ケア”の関係。もう1つは、「ケアはアートの始まり」という言葉があるように、命や生活と向きあうケアがあって初めて一人ひとりの表現が生まれる“ケア→アート”の関係。ケアが「介護・介助や子育て」の意味をこえ、生きる技術として実践している取り組みを紹介するセミナー、フォーラムを開催します。ケアの視座からアートを見つめなおす機会にぜひご参加ください。

[01]ケアする人のケアセミナーin 熊本 @2018.2/10
震災から2年が経ち復興が進むなか、熊本の地では、人と人が支え合うことが希望の光となる活動が続けられています。
困難を抱えながらも誰かに寄り添うことに力を注いできた人、どんな状況にあっても自分を表現することで人とのつながりを広げてきた人、支える人支えられる人という関係を超えて、おたがいの強さと弱さをつなぎあう実践です。
介護・介助、子育てに関わる活動や、人の痛みに向き合う表現活動の実践から、愛着のある地域で、さまざまな人がともに幸せに暮らすことのできる、支え合いの文化づくりに向けて学び合います。

日 時:2018年2月10日(土) 10:00〜16:30(9:30受付開始)
会 場:熊本市男女共同参画センター はあもにい・多目的ホール(アクセス)
定 員:200名  
参加費:無料(要申し込み・先着順)

※詳しくはこちら→http://tanpoponoye.org/news/general/2017/11/02337089/


[02]ケアとソリューション フォーラム ケアとテクノロジー 2018年1月13日 (土)
思いやりや気づかいに溢れているはずの家庭や福祉施設の中で、不安や虐待は増えつづけ、ケアの現場から“ 人間らしさ”が奪われています。「支える− 支えられる」という作業的な人間関係だけでは、複雑な感情のやりとりをする余裕もなく、介護疲れや育児ストレスなどを引き起こしているのが現状です。

ケアの課題に対してこれまで、介護保険制度や地域包括ケアなど、家族の負担を減らす社会の仕組みや、地域のなかで支えあうシステムが進んできました。さらに今後は介護ロボットによる身体的・精神的な支援が発展していくなかで、その根底にある「人としての」ケアが問いなおされています。

そこで医療・看護・福祉の垣根を超えて、幅広い分野の人たちが関わりあい、A I やロボットなどのテクノロジーと、これからのケアについて考え語りあうフォーラムを開催します。

日 時:2018年1月13日(土)13:00〜17:45(受付開始 13:00)
会 場:FORUM 8(エイト)6階 オリオンホール 〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂2-10-7 新大宗ビル
定 員:200名 ※参加費無料
対 象:介護や看護、子育てなどケアに取り組む福祉施設・企業・学生など

詳細はこちら→http://tanpoponoye.org/news/carecare/2017/11/00036958/
 

【展覧会】
[01]【明日まで!】たんぽぽの家 HANAギャラリー「番外編」展 10月31日〜12月16日 奈良

会期:2017年10月31日(火)〜12月16日(土)11:00-17:00/日.月.祝日休み
場所:たんぽぽの家アートセンターHANAギャラリー(アクセス)
出展作家:上埜英世、武田佳子、富丸風香、濱野宏子、宿利真希、脇坂風香

『あるとき付箋が背中に貼られた。おれだけ?貼られてるのか?いや、みんなにも貼られてる?ちょっと様子をみてみよう。あるとき確信に!今日もきたきた。こっそりちっちゃなガッツポーズをきめる、ささやかな優越感。』
本展では、アートセンターHANA の日常を「番外編」と題しご紹介します。

 ※詳しくはこちら→http://tanpoponoye.org/hana/2017/10/50076880/


[02]【今週末まで!】ひと・アート・まちin大和郡山 奈良(12月8日〜17日)
 大和郡山を舞台に、障がいのある人もない人もアートによって地域の魅力を発見するワークショップや展覧会を実施します。
目に見えないちいさな感情や思いを愛で、他者に伝え交感することで、人の思いはアートになります。
日頃意識することのない感覚や人間関係、人とまちとの新しい関係を、アートによって気づき、再び考え直す場がうまれます。ぜひご来場ください! 

会 期:2017年12月8日(金)〜12月17日(日) 10:00〜18:00   
会 場:asmo大和郡山4階、ふくせ、柳花簾ギャラリー ほか   
 
 ※詳しくはこちら→http://tanpoponoye.org/news/general/2017/11/00457019/


[03]図解!どうぶつもよう 12月1日(金)〜24日(日)宮城

大友浩一郎さんは哺乳類、猛獣をはじめ、広く動物のイラストを描いています。
動物の全体像を描いた数多くの作品の中に、模様だけを切り取った一見なんの動物の絵かわからないユニークな作品群があります。
それらは抽象的な白黒のドローイングにも見えますが、実はすべてある動物の特定の部位の模様。
厳密に上下を守りながらマーカー系のペンで抽出されたりんかく線が織りなす絵肌から、大友さんの動物に関する緻密な観察と深い造詣が垣間見えます。
今回の展示では、大友さん自身の解説を交えつつ目からウロコの動物模様の世界へご案内します。
 
2017年12月1日(金)〜24日(日)11:00〜18:00
休室:月・火(12月4-5、11-12、18-19日)
会場:東北リサーチとアートセンター(仙台市青葉区大町2-3-22第五菊水ビル3階)
入場無料
 
■関連トーク なぜ?なに!どうぶつサロン
大友浩一郎さんが動物の魅力や作品についてお話しします。
聞き手/伊達伸明(「しらべの細道」企画制作)
2017年12月10日(日)15:00-16:30
参加無料、申込不要、直接会場へ
 
 ※詳細はこちら→http://artnode.smt.jp/event/20171030_2212

[04]第19回エイブル・アート・アワード「展覧会支援部門」受賞者展 谷村虎之介展 12月18日(月)-12月23日(土・祝)東京
7歳から歌舞伎公演に親しむ谷村虎之介さんによる、オリジナリティ溢れる歌舞伎シリーズの中から、厳選してご紹介します。
堂々と捉えられた役者の表情は時にユーモラスであり、見得をきる姿には力が籠ります。繊細な衣装表現にもご注目ください。

隅から隅まで、ずずずいっと、乞い願い奉りまする!
本展コーディネーター:佐藤 直子(横浜市民ギャラリーあざみ野)
 
日 時:2017年12月18日(月)-12月23日(土・祝)
   11:00-19:00 (最終日は17:00まで)
会 場:ガレリア・グラフィカbis(東京都中央区銀座6-13-4 銀座S2ビル1階 MAP)

オープニングパーティ:12月18日(月)17:00-19:00

 ※詳細はこちら→http://ableart.org/topic/award/201711_award.html


【セミナー・イベント】
[01]\本日より!/アートミーツケア学会大会2017年度総会・大会 @京都(12/15-17)
アートミーツケア学会では、毎年1回、アートとケアに関心をもつ人々が出会い、交流する場としての大会をひらいています。今年の大会テーマは「集団のアホーダンス:Re-imagining Others」。アートとケアについて、集団やコミュニケーションの視点から接近することに重点を置きます。
15日(日)は、会長の鷲田清一先生をはじめ、さまざまな人が席主をつとめる「不意の味」茶会。16日(日)は、基調講演ならぬ、基調体操によるオープニング、そのあと、ディスカッションや合唱もあります。
最終日は会員のみなさんによるプレゼンテーションや、ポスター発表をかこみながらの、ランチタイムセッション、そしてアートとケアにまつわる
バラエティに富んだ分科会を予定しています。また、京都市立芸術大学のプロジェクト「状況のアーキテクチャー」で、障害のある人や外国人留学生、ケアラーなど多様な背景をもつ人とヒップホップMCのShing02さんが、ワークショップをかさねた成果発表もお披露目。芸大らしい企画が目白押しです!

12月15日[金]16:00-18:00 場所:京都芸術センター
「不意の味」茶会
(南館4F)和室「明倫」
席主:鷲田清一 ほか  

12月16日[土]11:00-17:00  場所:京都市立芸術大学
アートミーツケア学会総会

12月17日[日]10:00-17:00 場所:京都市立芸術大学
会員によるプレゼンテーション、ポスター発表、分科会

 ※詳細、お申込みはこちら http://artmeetscare.org/2017/10/10/341/

*アートミーツケア学会のFacebookで随時プログラムの紹介をしていきますので、ご覧ください!


[02]みんな北斎プロジェクト ワークショップ始動! 2018年1月、2月 東京
2016年度に好評を博した墨田区主催「全国障害者アート公募展みんな北斎」のスピンオフ企画! 
葛飾北斎のように、おもしろい&真剣なオヤジである、しりあがり寿さんと「北斎であそぶ」がテーマ。

今年度はワークショップ編として、マンガ家で美術家のしりあがり寿さんと墨田区の小中学校の子どもたちとのコラボによるアニメーションの作成を計画!
すみだ北斎美術館にて展示予定。
?訪問型ワークショップ:本所中学校(12月)、業平小学校(1月)
?オープンワークショップ(1月)
?展示会 2018年2/21(水)-25(日)
※??MARUGEN100(すみだ北斎美術館1F講座室)

※詳しくはこちら→http://www.ableart.org/


[03]舞台公演「ミクストジャーニー」2月17日(土)、18日(日)宮城
SOUPが今年度新たに取り組むダンスプログラムSOUP STAGEでは、振付家・ダンサーの磯島未来さんとともに、半年をかけてワークショップを
積み重ねながら2018年2月の舞台公演に向けて作品を作っていきます。
9月から行ってきた宮城県内3地域をめぐるワークショップを通して11名の出演者とタイトルが決まりました。
稽古の様子はこちらのウェブサイトにアップしていきます。応援よろしくお願いします。

日時:2018年2月17日(土)、18日(日)
   開演14:30 (開場30分前)
  ※上演時間は60分を予定。終演後に交流会を実施します。
会場:青葉の風テラス
(仙台市青葉区青葉山2-1 / 地下鉄東西線国際センター駅2階)

※詳しくはこちら→http://soup.ableart.org/news/000140.php



【報告・その他】
[01]アートとソーシャルデザイン研究会
【報告レポート】随時更新中!
「アートとソーシャルデザイン」研究会の報告レポートを掲載していきます。エイブル・アート・ジャパンのインターンの平島が担当しますのでぜひご覧ください。

報告者:平島朝子
現在、都内の大学院で教育社会学/社会学を専攻しています。目下修論執筆中。1970年代のたんぽぽ運動について、社会運動論や障害学の立場から研究しています。

 ※詳細はこちら→http://www.ableart.org/topic/others/201708_art.&socialdesign_report.html

[02]「美術と手話プロジェクト」ウェブサイトがリニューアルオープン!
美術と手話プロジェクトは、すべての人にとって、美術や美術館がより身近で開かれたものとなるように、聞こえない人・聞こえにくい人とともに楽しむ「新たな鑑賞」を探求しています。
新しいウェブサイトでは、これまでの活動、現在の活動、活動の年表を再編集し、更新しています(継続中)。
また、聞こえない人・聞こえにくい人と芸術文化活動に関するニュースをお届けしていきます。
「情報広場」というコーナーでは、みなさまからよせられる芸術文化、芸能や娯楽まで?!、聞こえない人・聞こえにくい人とともに楽しむさまざまな情報を発信しますので、ぜひご活用ください。

 ※詳細はこちら→http://art-sign.ableart.org/

[03]障害のある人の表現と可能性をひろげる IoTとFabプロジェクト 福岡/山口/奈良/岐阜
【報告レポート】進行中!
社会福祉法人わたぼうしの会 GoodJob!センター香芝では、日本財団より助成を受け、IoTとFabによるしごとづくりを全国各地にひろめています。2017年度は、福岡県、山口県、岐阜県を舞台に、福祉事業所とIoT・Fabに関わるエンジニア・デザイナ・クリエイターが協働し、現地に根差したしごとづくりを目指します。
進行中のプロジェクトの様子を、レポートとしてWEBページに掲載しておりますので、ぜひご覧ください。

 ※詳細はこちら→http://goodjobcenter.com/topics/seed/688/

[04]【会員活動報告】“美しい”と“しあわせ”の在り処 個人コレクターの所蔵品による エイブル・アート展
アートスペース上三条(奈良市上三条町4)エイブル・アート・ジャパン会員の川上文雄さんが個人で収集したコレクションを展示した「“美しい”と“しあわせ”の在り処」会期終了しました。
[会期]2017年10月31日(火)〜11月5日(日) 10:00〜18:00
[会場]アートスペース上三条(奈良市上三条町4)

 ※詳細はこちら→http://ableart.org/topic/others/201709_utsukushii&shiawase.html

[05]【報告】せんだいクラシックフェスティバル2017 ショップ「ハチプオンプ」
「第12回 仙台クラシックフェスティバル 2017で販売会を開催!」
2017年9月29日〜10月1日 
会場:日立システムズホール仙台
宮城県内10か所の福祉施設の商品とともに商品の販売をおこないました。

 ※詳細はこちら→http://soup.ableart.org/news/000138.php

[06]【CSR活動のコラボレーション】障害のあるアーティストの活躍を支援する「アール・ド・ヴィーヴル」プログラム
今年度より、MHD モエ ヘネシー ディアジオ株式会社とNPO法人エイブル ・アート・ジャパンはCSR活動のパートナーとして活動をスタート。
その内容は、障害のあるアーティストがソーシャルマナーを学び、社会で活躍するための支援プログラムの企画・実施です。
2017年度は、美術館での鑑賞会、ディナーマナー講座、アーティストによる活動のプレゼンテーション、作品展示およびアーティストと社員の皆様との交流会を実施しました。
ぜひリンク先のMHDモエ ヘネシー ディアジオ株式会社Webサイトをご覧ください。

 ※詳細はこちら→http://www.mhdkk.com/company/csr/social_contribution/

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2012-05-30  
最終発行日:  
発行周期:月刊  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。