芸術

エイブル・アート ニュース

障害のある人のアート活動を通し、社会の新しいあり方を提案するエイブル・アート・ムーブメント。エイブル・アート・ジャパン、財団法人たんぽぽの家、Able Art Companyから、展覧会やフォーラム、ショップ、イベント情報をお知らせします。

全て表示する >

エイブル・アート ニュース

2017/09/15

○●○●○●9月に入り、いよいよ「第17回全国障害者芸術・文化祭なら大会」が開幕!! 見逃せないオススメプログラムをご紹介します。○●○●○●

【pick up】
[01]モノが物語る意匠(デザイン)の文化史in奈良県図書情報館 9月12日〜18日
いよいよ国文祭・障文祭がスタートしました!
9月から11月にかけて、つぎつぎと展覧会・プロジェクトをご紹介していきます。

まずは9月12日(火)からはじまった展覧会「モノが物語る意匠(デザイン)の文化史」です。
古代から近現代にいたるまで異なる時代、異なる文化のもとでつくられたモノのデザインと障害のある人達のアートやクラフトの関係性を紐解く展覧会。奈良県内外から障害のある人、ない人のが集まりました。ラスコーの壁画から、はにわ、お面、近現代のものづくりなどから、私たちに流れる「記憶のDNA」を探したいと思います。
※本展は11月7日(火)-12日(日)、奈良県文化会館展示室でも展示します。
※詳しくはこちら→http://tanpoponoye.org/news/general/2017/09/59386642/

[02]共創の音楽劇「鳥の宗教」10月21日、22日 奈良
 10月に開催されるのは、障害のある人とない人による一大音楽劇です!公募により集まった出演者と、声楽家、ダンサーなどが10回の練習を経て公演をおこないます。

【見どころ】私たちの精神のおおもとをなす仏教の教えは、今を生きる人を励まし、困難な時代を生き抜き、本当に豊かな社会へと変えていくための道しるべとなるものです。 悲しみにみちた世の中で、困難に向き合いながらも助け合って生きることの意味を、ヨダカとともに探ります。 見どころは、鳥に扮した障害のある人とない人の愉快なダンス、オペラ歌手たちの魂の歌、一般公募で集まった人たちの熱演、怪演。全編にわたって繰り広げられ るファンタジーの世界をお楽しみください!
 
 会 場:奈良市ならまちセンター 市民ホール 
 日 時:2017年10月21日(土)、22日(日) 開場13:00 開演14:00(15:30終演)各日1回公演 
 定 員:290人 ※要申込・先着順 申込締切:10月10日(火) 
 入場無料
 ※詳しくはこちら→http://tanpoponoye.org/news/general/2017/09/59066652/

[03]「障害×アート」芸術の新しい可能性を探るシンポジウム 10月29日 奈良

 技術の進歩とともに、わたしたちは欲しいものを簡単に手に入れられるようになりました。
身のまわりはものにあふれ、豊かになったように見える今、あらためてものづくりの意味や価値について考える機会が必要ではないでしょうか。 
障害のある人のものづくりの現場に目をやると、自然素材 などの資源を活かしたり、地域の産業と協働するなど、さまざまな関わりの中で、作品や商品が生み出されています。
このような手間と時間をかけた営みは、消費社会の現代に別の価値観を提案しています。 
本シンポジウムでは、基調講演に、大阪を拠点とするクリエイティブ集団graf代表の服部滋樹さんを迎えるほか、中国・韓国・日本の事例報告・ディスカッションを行います。ものづくりを切り口に、障害のある人の表現が切り開くこれからの社会の姿を探ります。
 
 会 場:奈良市ならまちセンター 市民ホール
 日 時:2017年10月29日(日)、22日(日) 開場12:30 開演13:30 
 定 員:290人 ※要申込・先着順 申込締切:10月18日(水) 
 入場無料
 ※詳しくはこちら→http://tanpoponoye.org/news/ableart/2017/09/10566655/
 
[04]【なら大会応援事業】“美しい”と“しあわせ”の在り処 個人コレクターの所蔵品によるエイブル・アート展 10月31日(火)〜11月5日(日)
もしもそこに障害者アートしか存在しなかったら?それでも十分に楽しめる! 
展覧会場が「“美しい”と “しあわせ”の在り処」になる。川上文雄(エイブル・アート・ジャパン会員)のコレクションから、主として近畿に在住の障害のあるアーティストの絵画作品30数点、立体・クラフト作品数点を展示(応援の出展作品を含む)。

 会 期:10月31日(火)〜11月5日(日)10時〜18時(最終日は16時)まで
 会 場:アートスペース上三条
 共催・後援 NPO法人エイブル・アート・ジャパン

[05]アートとソーシャルデザイン研究会 番外編 「障害×アート」見本市 9月18日
  日本各地で起きている「障害×アート」の先駆的でユニークな取り組みを紹介し、ソーシャルデザインのための新しいヒントをみつける情報交流の場です。

今年度のテーマは「参加のデザイン」。わたしたちは今一度、異分野のしなやかなネットワークの必要性を感じ、見本市を開催することにしました。個性と熱意に満ちた実践者たちと交流しながら、障害のある人と一緒に芸術文化を通じて、人と社会の可能性を探ってみませんか。

日 時:2017年9月18日(月・祝)10:00〜16:00
会 場:アーツ千代田3331 コミュニティスペース(1階)
地図とアクセス:〒101-0021 東京都千代田区外神田6-11-14アーツ千代田3331
会場についての問い合わせ先 電話:03-6803-2441(アーツ千代田3331代表)

参加費:無料
対象:障害のある人、芸術文化関係者、福祉・医療関係者、行政関係者、企業関係者、教育関係者、NPO関係者、学生等。
 ※詳細はこちら→http://ableart.org/topic/others/201708_a&s_design_bangai.html
 
[06]Good Job! Award 2017 現場の取り組みを募集 締切:10月18日
 障害のある人との協働から生まれている “しごと” をひろく募集し、展覧会・メディアを通して社会に発信します。商品や製品など目に見えるものだけでなく、プロセスや仕組みなど、有形/無形を問いません。アイデアや構想段階も歓迎します!「活動をさらに広げたい」「他の地域の人たちや、異分野の人たちと交流し、次の展開につなげたい」など、みなさまの取り組みにさらなる広がりをつくりたく、ご応募をお待ちしております。

【募集期間】
2017年8月18日(金) 〜 10月18日(水)

【特典】
 大賞賞金
  100,000 円
  ※ 2018 年2 月18 日(日)に東京・渋谷ヒカリエで行われる最終審査会で決定

 入選:
  □ 東京・渋谷ヒカリエで開催するGood Job! 展に出展
  □ Good Job! 基金による応援
  □ 取り組みをブラッシュアップするデザイン合宿の参加
  □ 各種メディアで紹介

 ※詳細はこちら→ http://award.goodjobproject.com/

 
【募集】
[01]エイブル・アート・アワード2017 締切:9月30日
 エイブル・アート・ジャパンでは1998 年から、障害のある作家の発掘と制作現場への資金的なバックアップを目的とした 「エイブル・アート・アワード」を開催しています。
今年もみなさんのご応募をお待ちしています。

 協賛・寄付(50音順):花王株式会社、花王ハートポケット倶楽部、世田谷美術館さくら祭実行委員会、ターナー色彩株式会社、フェリシモ基金事務局[UNICOLART基金]、富士ゼロックス株式会社(予定)、富士ゼロックス端数倶楽部(予定)、松田油絵具株式会社

 ※詳細はこちら→http://ableart.org/topic/award/201706_award.html

[02]舞台をつくる「SOUP☆STAGE」身体を動かすことからはじめよう  参加者募集
宮城県内では、障害のある人たちがさまざまな場所でいろいろな表現活動をしています。いつもは個々それぞれに活動していますが、ひとりひとりが持っている魅力やアイディアを持ち寄ったら、どんな魔法が起きるでしょうか?ワークショップを通して、一緒に舞台をつくりませんか?

◆身体の声を聴く編 
ダンサーの磯島未来さんをファシリテータに、身体の声を聴くワークショップを県内3カ所で開催します。
それぞれの身体を知り、それぞれに似合う動きを見つけ、誰にも真似できない踊りを探してみましょう。

A、県北会場
[日時]:2017年9月19日(火)16:00〜17:00
[会場]:登米市中田生涯学習センター(宮城県登米市中田町上沼字舘43番地)
※当会場のみ基本的に公募はいたしませんが、ご興味のある方はお問い合わせください。
B、県中会場
[日時]:2017年9月23日(土・祝)14:00〜16:00
[会場]:せんだい演劇工房10−BOX BOX5(宮城県仙台市若林区卸町2丁目12-9)
C、県南会場
[日時]:2017年9月24日(日)10:00〜12:00
[会場]:えずこホール(仙南芸術文化センター)練習室3(宮城県柴田郡大河原町字小島1-1)

 ※詳細はこちら→http://soup.ableart.org/news/000133.php


【展覧会・イベント】
[01]巡回展「ストーリーズ」 8月22日〜10月21日 奈良
  「人間は、かくも豊かで多彩なイキモノなのか!」を実感する展覧会です。
 名古屋のコンビニで10 年以上ひっそりと育まれている驚くべき習慣。
 米子のとあるアトリエで育まれている共同作業。
 60 歳をこえて生まれたフレッシュな絵画たち、などなど。
 アートをとおして人間が好きになる。そんな作品が揃いました。
 出身も年齢もバラバラの作り手たちのユニークなストーリーから現れる、色と造形をご紹介します。

 会 期:8月22日(火)10月21日(土) 11:00〜17:00 ※日月祝休み
 場 所:アートセンターHANAギャラリー
 ※詳細はこちら→http://tanpoponoye.org/hana/gallery/2017/08/47186429/

[02]演劇公演「アザー・プレイズ:演劇とダンスの短編劇場」10月1日 奈良

障害のあるプロのアーティストを支えるニューヨーク唯一のオフブロードウェー劇団、Theater Breaking Through Barriers(TBTB)による演劇公演を実施します。具体的なものから抽象的なものまで、さまざまな視点から人生について考える短編を上演。同じニューヨークを拠点とする「ビンビンファクトリー」も共演し、ダンス作品も上演します。

日時:2017年10月1日(日)16:30開場 17:00開演
会場:たんぽぽの家 シアターPOPO(奈良市六条西3-25-4)
入場料:大人:1,000円、中高生:500円、小学生以下:無料
定員:60人(全席自由席)
主催:一般財団法人たんぽぽの家/共催:特定非営利活動法人鳥の劇場/インクルージョンと演劇in新潟実行委員会
申し込み・お問合せ:詳しくは、たんぽぽの家 0742-43-7055までお問い合わせください。

[03]日本財団DIVERSITY IN THE ARTS 企画展 「ミュージアム・オブ・トゥギャザー展」10月13日〜10月31日 東京
 「ミュージアム・オブ・トゥギャザ―展」は、22の作家による作品と、資料や模型などのアーカイブから構成する期間限定の美術館です。
 関連プログラムとして、障害のある人とない人が共に楽しめるアート・アクセス・プログラムを実施します。

 会 期:2017年10月13日(金)〜10月31日(火)
 会 場:スパイラルガーデン(スパイラル1F) 開館時間11:00〜20:00 ※10月13日(金)は18:00まで  入場料無料

 主催:日本財団
 制作:一般財団法人 日本財団DIVERSITY IN THE ARTS
 ラーニング企画・運営:NPO法人エイブル・アート・ジャパン

 ※詳細はこちら→http://www.ableart.org/topic/project/201707_shienjigyo_miyagi.html

[04]【身だしなみと基本のスキンケア&メイク講座】募集中! 東京
  身だしなみやメイクは社会人にとってとても大切なこと。でもなかなか、学ぶ機会はありません。現在働いている人、働く準備をしている人を対象に、スキンケアとメイクの講座を開催します。
銀座サロンでの定例講座と、東京都内の福祉事業所、地域活動支援センター、企業、特別支援学校などにお伺いする出張講座の参加者を募集しています。
無添加の化粧品を開発・販売しているハーバー研究所の美容スタッフから学びましょう。きれいになって、毎日を笑顔で元気に楽しく過ごしましょう!

■会 場:ハーバー銀座館3階セミナールーム
〒104-0061 東京都中央区銀座5-6-6 ハーバー銀座ビル(東京メトロ銀座駅A1 出口徒歩1 分)
*セミナールームへは階段のみのご利用となるため、アクセスに難がある方は個別にご相談ください。
当日の連絡先:03−5296−8751(講座の一時間前からの応答となります)

・基本コース
■開催日時
 第43回:2017年9月2日(土)14:00〜16:00
 第44回:2018年3月10日(土)14:00〜16:00

■対象者:働いているまたは働く準備をしている障害のある人(女性)。はじめて講座に参加する方。スキンケアとメイクについてもう一度、基本から学びたい方。
■募集人数:各回10名
■参加費:おひとりさま1,080円(税込)うれしいお土産つき!

・チャレンジコース
■開催日時
 第10回:2017年10月15日(日)14:00〜16:00
 第11回:2017年12月3日(日)14:00〜16:00

■対象者:働いているまたは働く準備をしている障害のある人(女性)。ワンランクアップしたおしゃれやメイクをしたいと思っている方。お気に入りの洋服にあうメイクや色について学びたい方。
■募集人数:各回10名
■参加費:おひとりさま1,080円(税込)うれしいお土産つき!
■募集人数:各回10名

■参加費:おひとりさま1,080円(税込)
うれしいお土産つき!スキンケアセットとリップグロス、「毎日のお手入れブック」
*お土産の内容は変更となる場合がございます。

 ※詳細はこちら→http://ableart.org/topic/project/skincare&make201704.html


【その他】
[01]アートとソーシャルデザイン研究会
【報告レポート】随時更新中!
「アートとソーシャルデザイン」研究会の報告レポートを掲載していきます。エイブル・アート・ジャパンのインターンの平島が担当しますのでぜひご覧ください。

報告者:平島朝子
現在、都内の大学院で教育社会学/社会学を専攻しています。目下修論執筆中。1970年代のたんぽぽ運動について、社会運動論や障害学の立場から研究しています。
 ※詳細はこちら→http://www.ableart.org/topic/others/201708_art.&socialdesign_report.html

[02]「美術と手話プロジェクト」ウェブサイトがリニューアルオープン!
 美術と手話プロジェクトは、すべての人にとって、美術や美術館がより身近で開かれたものとなるように、聞こえない人・聞こえにくい人とともに楽しむ「新たな鑑賞」を探求しています。
新しいウェブサイトでは、これまでの活動、現在の活動、活動の年表を再編集し、更新しています(継続中)。
また、聞こえない人・聞こえにくい人と芸術文化活動に関するニュースをお届けしていきます。
「情報広場」というコーナーでは、みなさまからよせられる芸術文化、芸能や娯楽まで?!、聞こえない人・聞こえにくい人とともに楽しむさまざまな情報を発信しますので、ぜひご活用ください。
 ※詳細はこちら→http://art-sign.ableart.org/

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2012-05-30  
最終発行日:  
発行周期:月刊  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。