経営

ブログでは書けない 病院・介護施設の本音の人材育成と組織づくり

慢性的な人手不足に離職問題、採用面や組織の人間関係等、マネジメントで常に悩まれている院長・施設長・事務長はもとより、医療介護従事者の方々に、「チームワークが上がるマネジメントノウハウ」を少しでも理解して頂けるよう、長年のコンサルティング経験を基に、実例や事例を交えて分かり易く情報を発信して参ります。

全て表示する >

(株)RE−経営のメルマガです。

2012/05/11

◆━◇━◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
今日のテーマはこれ!
【医療・介護職は使命感の有無で、頑張れるかどうかが決まる】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆━◇━◆

私は、これまで23年間に渡り、多くの企業や病院・介護施設のコンサル
ティングをやってまいりました。
そして、その経験から、多くの業種の中で、人の命に関わる仕事として、
一番明確な理想や使命感を持っている職種が、医療職や介護職ではなかろう
かと思うのです。

看護や介護の現場の疲弊と混乱、最近では医師不足による医師の疲弊や離脱
もメディアで紹介されています。
しかし、どんなに厳しい職場環境でも、歯を食いしばって頑張っている職員
は結構多いものです。

以前、私がお手伝いしている病院で、一般職員に業務の大変さを労うつもり
で聞いたことがあります。

コンサルタント 「決して、賃金は高くないですが、この病院での大変な
         仕事をよく頑張っていますね」

職員      「腰もきつくて、生活も楽じゃないから、辞めたいなあと
         思うことはありますよ」

コンサルタント 「やはり、辞めようと思ったことがあるのですね」

職員      「そりゃ ありますよ。この病院に勤めている皆が、一度
         はそう思っているんじゃないですか。でも、患者さんや
         利用者さんのことを考えると、なかなかできなくて・・・」

コンサルタント 「責任感からですか?」

職員      「それもありますけど、あの患者さんを何とかしてあげたい
         とか、喜んでくれた顔を見ると、もっと頑張ろうと思える
         んですよね」

この職員さんのような考えを「使命感」と言うのだと思います。

自分の為なら、とうに辞めているはずなのに、患者や利用者の事を考えたり、
自分が辞めたり、休む事で、仲間に過度の迷惑を掛けると思う思想が根底に
あります。
ですから、こういう職種で長年働いている方には、『人間的にも素晴らしい
人者』が多いのではないかと思うのです。

最近では、不況を反映して派遣切りが横行し、その一部が介護職への転進に
向かいました。
頑張っている人もいますが、結構苦戦している人も多いようです。

「仕事がないから、介護の仕事をしよう」と言う程度の意識では、難しいの
がこの仕事でしょう。
そこには、明確な思想、『何故、介護の仕事がしたいのか』が必要です。

そういう思想があるから、もしかしたら生活面や肉体面では厳しい側面も
ありましょうが、職業としての充実感は、トップレベルの業務ではないの
かと思うのです。

ただ、いかに正しい高邁な思想を持っていても、多くの人間は心が萎える
ときがあります。
そういうときには、「私の使命感」を反復する機会が必要です。
忘れかけていた使命感を思い返すことで、また、精神的なエネルギーが充填
されます。

問題の多い職場は、現実論ばかりで、こういう精神的な教育や仕組みが不足
していることが多いようです。
病院も介護施設も、一般的には「基本理念」や「方針」が掲げられていると
思います。
しかし、それが単なるお題目になってしまっているのではないでしょうか。
そこで、「基本理念」や「方針」に魂を入れるべく、その一言一言を詳しく
説明した「基本理念説明書」を作成して、職員に配布する事をお勧めします。
そして、それについての学習を継続的に進めるのです。

決して、専用の教育時間を設けよと言うわけではありません。
クレームやトラブル、事故があったときに、その原因に関係する「基本理念
説明書」のページを振り返るだけでいいのです。
私もコンサルティングの過程で、多くの「基本理念説明書」を病院施設毎に
作成し、手帳にしたり、カードにしたりして、携帯させる機会が多々ありま
した。
目の前の物理的な教育だけでなく、こういう心の教育は、その組織の風土
づくりに大きく貢献するようです。
一度、ご検討されてはいかがでしょうか。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆今日の内容がお役に立ちましたら、お知り合いの方にもご転送下さい◆

◆◇◆ メルマガ登録 ◆◇◆

「ブログでは書けない 病院・介護施設の本音の人財育成と組織づくり」
http://www.re-keiei.com/e-mail-magazine/mail-1.html
「ブログでは書けない 【マル秘】会計事務所経営のカン・コツ・ツボ」
http://www.re-keiei.com/e-mail-magazine/mail-2.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

★━★━★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
今月のマニュアル販売ランキング
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★━★━★

第1位 「介護職員 実務教育マニュアル」

【新入職員を迎えた時期に、体系的に教育したい施設で売れています】

  http://store.re-keiei.com/byouin-kaigo/post-8.html
---------------------------------------------------------------------------
第2位 「病院・介護施設の新賃金制度導入データ実例集」

【春は給与改定時期。評価や今後の給与システムの参考に購入した施設が多数です】

  http://store.re-keiei.com/byouin-kaigo/001.html
---------------------------------------------------------------------------
第3位 「職種別等級毎職能要件書(職能評価シート)作成指導マニュアル」

【コンサルタントを使わずに実務評価を導入したい施設に評価されています】

  http://store.re-keiei.com/byouin-kaigo/post-14.html
---------------------------------------------------------------------------
 
───────────────
◆◇━ 編集後記 ━◇◆
───────────────
最後までお読み頂きまして、誠にありがとうございます。
今回は、「使命感」について書きました。
どんな職種であっても、使命感は必要ですが、医療・介護の方々の仕事は特に、
人命に関わる事もあり、より重要になってくるのではないでしょうか。
これからも、色々なノウハウや情報を発信して参ります。
今後とも宜しくお願い致します。

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2012-04-26  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。