ボランティア

ゆうあいメール通信

ゆうあいセンターをより便利にご利用いただくための情報を中心として岡山県内のボランティア・NPOに関する様々な情報をお届けする登録・購読ともに無料のメールマガジンです。

全て表示する >

ゆうあいメール通信(9月号)

2012/09/01

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃  岡山県ボランティア・NPO活動支援センター   ┃
┃  ゆうあいセンター メールマガジン        ┃
┃ 『ゆうあいメール通信』平成24年9月1日号       ┃
┗━━┳┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━┳┳━━┛
   ┃┃                  ┃┃
   ┗┛                  ┗┛

「ご愛読ありがとうございます」
 このメールマガジンは岡山県ボランティア・NPO活動支援
 センター「ゆうあいセンター」が発行しています。
 ホームページ http://www.youi-c.com
 フェイスブック http://www.facebook.com/youic 

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
┌─────────────────────────┐
├○                        │      
│   今月のトップニュース                  │        
├○                        │      
└─────────────────────────┘ 

◎「平成24年度後期パネル展示希望団体を募集しています」

 ゆうあいセンターのオープンスペースにある活動団体の
 パネル展示コーナーで団体のPRをしてみませんか?
 展示期間は平成24年10月〜翌年3月24日まで、利用は無料
 です。
 
○受付期間:平成24年9月15日(土)18:00到着分まで

○受付方法:申込書へ必要事項をご記入のうえ、ゆうあい
 センターまで直接持参、FAX、郵送、メールにてお申し
 込みください。

○パネルサイズ:A1サイズ(841mm〜594mm、A3の4倍です)
 スペースの都合上、縦向きにお使いください。

○募集枠:18団体

○利用条件:ゆうあいセンターの登録団体であること。
 未登録の団体は団体登録手続きを同時に行ってください。

 お知らせ、申込書のダウンロードは以下のアドレス
 にてご確認いただけます。

【お知らせ】
 http://www.youi-c.com/wpblog04/?p=1352

【申込書】
 http://www.youi-c.com/04data/sinsei.html

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
┌─────────────────────────┐
├○                        │      
│   行事カレンダー(8月〜9月)           │        
├○                        │      
└─────────────────────────┘ 

◎「結婚力UP講座 〜オトコの生き方、オンナの生き方〜」

 独身の男女を対象!
 結婚をするとは?パートナーと生きるとは?
 かっこいい!!人生の先輩講師と「生き方」を一緒に
 考えてみませんか。

○日時:平成24年9月7日(金)、19時〜20時30分

○場所:ゆうあいセンター 研修室1

○定員:20名(先着順、定員になり次第締め切り)

○受講料:1,000円(部屋代、資料代、お茶代を含む)

○講師:
 高畠 史朗(NPO法人マザーリーフ認定講師
        ライフスタイルアドバイザー)

 坪田 淑子(NPO法人マザーリーフ認定講師
        認定心理士)

○主催:NPO法人マザーリーフ・マリッジリーフ

○申し込み:
 TEL:090-4692-7197(光岡)
 メール:deppeipei@docomo.ne.jp(光岡)
 FAX:086-245-1156(坂野)

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
◎〜これからの介護を考える講演会〜
 「アルツハイマーの母を支えた9年8か月」

 参加無料!申し込み不要!
 みなさん、お誘い合わせのうえ、ぜひ、ご参加ください。

○日時:平成24年9月24日(月)、13:30〜15:30
    (13:00開場 13:30開演)

○場所:邑久町総合福祉センター 2階大会議室

○定員:80名

※申し込みはいりません。当日、直接会場へお越しください。

○講師:野田 明宏さん(フリーライター)

○講師プロフィール:
 1956年岡山市生まれ。フリーライター。
 岡山東商時代は全国高校野球選手権大会に出場。
 1991年に父親の介護を機に帰郷。高齢者介護を中心に執筆。
 著書に「アルツハイマーのお袋と800日」「アルツハイマー
 在宅介護最前線」「アルツハイマーの母をよろしく」など
 多数。

○主催:ウィズせとうち さざなみ

○お問い合せ:090-3749-7236(小林)

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
◎「福祉オンブズ相談員養成講座」

「福祉オンブズおかやま」では、福祉サービスに関係する
 人たちの権利擁護をテーマに連続講座を実施します。
 5日間で8回の連続講座(1講義60分)を行いますが、これら
 に受講していただくことで、福祉サービスの相談を行うこと
 のできる人たちが増えて行くことを期待しています。

○参加費:4,000円(福祉オンブズおかやま会員3,000円)

○定員:30名(先着順)

○場所:きらめきプラザ2階 ゆうあいセンター内 
    研修室1および2
※できるだけ公共交通機関、乗り合せにてお越しください。

○申込締切:2012年9月21日(金)

○連続講座日程:
 (1)9月30日(日)、13時30分〜15時00分(研修室1)
 「福祉オンブズおかやまの活動と歴史」
  池田 祐士氏(福祉オンブズおかやま 顧問)

 (2)10月13日(土)、13時30分〜16時00分(研修室1)
 「福祉オンブズマンとは」
  藤井 宏明氏(福祉オンブズおかやま 事務局長)
 「高齢者の人権擁護について」
  今岡 清広氏(今岡社会福祉事務所・社会福祉士)

 (3)10月27日(土)、13時30分〜16時00分(研修室2)
 「相談員としての心構え」
  中原 崇氏(ほっとファミリー杜若・社会福祉士)
 「相談活動の実際(演習)
  竹中 麻由美氏(川崎医療福祉大学医療福祉学科准教授)

 (4)11月11日(日)、13時30分〜16時00分(研修室1)
 「障害者の権利擁護について」
  吉野 一正氏(障害者の生活と権利を守る岡山県連絡協議会
         事務局長)
 「岡山県の福祉行政とその現状(仮)」
  岡山県行政担当者(折衝中)

 (5)11月24日(土)、13時30分〜15時00分(研修室2)
 「福祉サービスの労働について」
  大阪社会保障推進協議会(予定) 

※原則として、すべての講座に参加することで最終日に修了証を
 発行します。
※遅刻は15分を超えると欠席扱いとさせていただきます。
※途中の講座を欠席しても、残りの講座の受講を妨げることには
 なりません。

○申し込み方法:
 お申し込みの際には、必要事項(お名前、住所、電話番号等
 連絡先、会員or非会員)を福祉オンブズおかやままでご連絡
 ください。申し込みはFAX、あるいはメールにてよろしくお願い
 します。電話の場合は、毎日曜日10時から15時までにお願い
 します。

○申し込み・問い合わせ先:
 福祉オンブズおかやま
 TEL・FAX:086-232-2940
 メール:f.ombuds.okayama@gmail.com

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
┌─────────────────────────┐
├○                        │      
│   募集します!提供します!            │        
├○                        │      
└─────────────────────────┘

 「ゆうあいメール通信」では、ゆうあいセンターの登録
 団体の皆様から、以下の情報を募集します。お寄せいた
 だいた情報は次号からの「通信」に掲載させていただき
 ます。なお、掲載の条件として、問い合わせ先が記載さ
 れているものに限らせていただきます。

【募集情報】
 登録団体の皆様の「これが欲しい」という情報を「通信」
 の読者に届けます。当然ながら個人的な要望ではなく、
 団体の活動に役立てられるものに限らせていただきます。
   
【提供情報】
 岡山県内のボランティア・NPOに役立ててほしいとい
 う物品などがございましたら、ぜひ情報をご提供くださ
 い。こちらの情報はゆうあいセンターの登録団体に限ら
 ず、どなたからも情報をご提供いただけます。

 情報の発信を希望される方は、このメールの
 最下部にある連絡先まで情報をご提供ください。

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
┌─────────────────────────┐
├○                        │      
│   登録団体の「フェイスブック」紹介        │        
├○                        │      
└─────────────────────────┘
 
 ゆうあいセンターの登録団体、または登録団体関係者の
 フェイスブックを紹介させていただきます。
 お時間がある時にご覧になってお互いに「いいね!」や
 「友達」を増やしてみてはいかがでしょうか。
 登録団体の皆様からのこのコーナーへの掲載希望を
 お待ちしております!

「ゆうあいセンター」
 http://www.facebook.com/youic

「NPO法人岡山NPOセンター」
(ゆうあいセンターの指定管理者構成団体のひとつです)
 http://www.facebook.com/npokayama
 
「岡山県中山間地域協働支援センター」
(岡山NPOセンターが構成団体のひとつです)
 http://www.facebook.com/chusankan

「Okayama Share project 
  みんなでつくる財団設立プロジェクト」
(岡山NPOセンターが実施するプロジェクトです)
 http://www.facebook.com/okayama.share

「おかやまプロボノプロジェクト 『Gift』」
(岡山NPOセンターが実施するプロジェクトです)
 http://www.facebook.com/probono.gift

 たくさんの「いいね!」をよろしくお願いいたします。

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
┌─────────────────────────┐
├○                        │      
│   助成金情報                   │        
├○                        │      
└─────────────────────────┘
 
 ここでは募集情報の「タイトル」のみをご紹介しています。
 気になる情報がございましたら、以下のホームページか
 ゆうあいセンター情報スペースにてご確認ください。

 http://www.fukushiokayama.or.jp/vola/

 『第10回読売福祉文化賞』
  申込期限:9月30日(日)(当日消印有効)

 『平成25年度社会福祉事業研究開発基金助成事業』
  申込期限:10月1日(月)申込書類必着

 『木とふれあう空間整備事業・木の香る憩いのまちづくり
  推進事業』
  申込期限:【第2次募集】12月20日(木)
 (ただし、予算の範囲内で先着順とします。)   

 『財団法人都市緑化機構「花王・みんなの森づくり活動助成』
  申込期限:10月31日(水)(当日消印有効)

 『第8回TOTO水環境基金』
  申込期限:9月30日(日)当日消印有効

------------------------------------------------------
 助成金を申請する前に・・・
------------------------------------------------------
 助成金を申請する際に、必ずチェックしておかなければなら
 ないことがありますので、注意して見るようにしてください。

 【対象分野】・・・
 分野は合致していますか?例えば、障がいのある人と一緒に
 行う芸術活動に関係する事業の場合、福祉(障がい)分野と
 文化(芸術)分野の双方からアプローチすることができます。
 また広い意味で生涯学習や社会教育活動の一環に含めること
 もできます。対象分野かどうか改めて読み込んでみることを
 おススメします。

 【助成実施期間】・・・
 いつの活動に対しての助成ですか?数か月先や次年度の活動に
 対しての助成となっているものもあります。助成金を申請する
 場合は、早めの計画が必要です。

 【重複申請の可否】・・・
 他の助成金との重複申請が不可のものもあります。重複申請
 する予定の場合は、必ず確認しておきましょう。

 【推薦】・・・
 助成金によっては、自治体、社協、学識経験者等の推薦を
 必要とする場合があります。推薦を依頼する場合は、早めに
 申請書等の書類を用意し、依頼しましょう。また、日頃からの
 関係づくりを行っておくことも大切となってきます。

 【審査方法】・・・
 申請書以外に、プレゼンテーションや訪問調査などが審査
 対象になる場合がありますので、確認しておくことをおススメ
 します。

 その他、特記事項など、募集要項をくまなくチェックしておく
 ことが、助成金獲得への近道です。

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
┌─────────────────────────┐
├○                        │      
│   東日本大震災関連情報              │        
├○                        │      
└─────────────────────────┘
 その他の情報は、ゆうあいセンター受付前の情報コーナーに
 掲載されています。お時間がある際に、是非お立ち寄りくだ
 さい。
------------------------------------------------------
 被災地へ直接行って支援する
------------------------------------------------------
【被災地へ直接行って支援する】
○「全社協 被災地支援・災害ボランティア情報」
 http://www.saigaivc.com/
 ※災害VCの募集状況一覧です。他県からのボランティアを
 受け付けていないところもありますので、詳細は直接お問
 合せください。

○『助けあいジャパンHP(ボランティアバス)』
 http://tasukeaijapan.jp/?page_id=3813

○「東日本大震災支援全国ネットワーク」
 http://www.jpn-civil.net/news/volunteer_bus/
  ※現在、中国地方発のボランティアバス情報はありません。
   近県から出発の情報をご覧ください。

------------------------------------------------------
 岡山で支援している団体を知る
------------------------------------------------------
【ネットワークちゅうごく】
 
 http://ameblo.jp/network-tyugoku/

 東日本大震災復興支援の最前線で活動している「東日本大震災
 復興支援市民活動ネットワーク宮城」
http://network-miyagi.org/index.html)の後方支援を行って
 います。先月8月12日〜16日までバスツアーによる支援活動を
 行ってきています。(活動場所:宮城県気仙沼市等)


【大学生被災地応援ネットワーク】
 おかやまバトン、岡山学生連合など昨年より被災地支援の取り
 組みを展開してきた学生グループや大学ボランティアサークル
 をはじめとした、東日本大震災被災地の支援に取り組む県内の
 複数の大学の学生によるネットワーク組織です。

 8月6日〜11日まで行った宮城県南三陸町志津川地区等での支援
 活動の様子が掲載されています。
 
 http://www.facebook.com/SSANF

 ※活動報告会が、9月9日(日)10:00〜12:00、ゆうあいセンター
  大会議室で行われます。

 あわせて、大学生の活動を支援するために、趣旨に賛同くださる
 市民、企業、団体などのご協力をいただきながら必要な資金を
 集める期間限定の基金もあります。

 http://npokayama.canpan.info/ssanf.html

------------------------------------------------------
 募金・寄付をする&支援グッズを購入する
------------------------------------------------------
【「手に職・布ぞうりプロジェクト」のご紹介】
 〜ふんばろう東日本支援プロジェクト
 
 http://fumbaro.org/

 被災地で布ぞうりの講習会を行い、布ぞうり作りを楽しんで
 いただきます。講習会を通して、コミュニティ作りのお手伝い
 をしています。
 さらにご希望の方にはスキルアップ講習を行い、商品として
 売れる布ぞうりを作れるようになるようアドバイスします。
 ふんばろうのネットワークを活かして、布ぞうりを販売します。
 そして、いずれはふんばろうの支援がなくとも独自で布ぞうり
 を販売していくことができるよう、販売していただける支援者
 と現地の布ぞうりの会をつないでいくプロジェクトです。

 そのプロジェクトでできた商品を仮設工房で購入できます。
http://store.shopping.yahoo.co.jp/kasetsu-koubou/index.html

 南三陸・福楽布ぞうりストラップは、かわいいデザインが
 特徴でおススメです。

http://store.shopping.yahoo.co.jp/kasetsu-koubou/nzs-f-y0001.html

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
┌─────────────────────────┐
├○                        │      
│   ゆうあい日記(スタッフコラム)         │        
├○                        │      
└─────────────────────────┘
 ロンドンオリンピックの興奮が冷めやらないまま9月を迎えよう
 としています。
 皆さん、夏の疲れなど出ていませんか?
 さて、この夏岡山で新たな仕組みが発足しようとしています。
 岡山もアツイです!!
 山陽新聞の社説から引用させていただきます。 

 以下引用
 NPO支援組織 市民社会へ新たな一歩を
 岡山県内で「みんなでつくる財団」設立プロジェクトが進ん
 でいる。納めた税金で行政が行う仕事に代わって、寄付をして
 自分の希望する社会的事業にお金を使ってもらう。新たな
 社会的仕組みづくりといっていいだろう。
 市民の寄付によってNPOなどを支援する考え方で、新設の
 財団が中核組織となる。NPO関係者や弁護士らが呼び掛け、
 岡山NPOセンターが事務局となって6月に準備会が発足し、
 9月の設立を目指している。
 財団は環境や福祉、教育、まちづくりなどNPOやボランティア
 団体が行う社会貢献事業の計画について、実現可能性などを
 審査する。認められた計画はカタログやホームページで紹介
 する。
 市民は共感する計画を選んで財団に寄付し、団体の活動に対して
 財団が資金を助成し、事業を実現させるという仕組みだ。
 市民が少しずつ負担し合うことで、資金不足に陥りがちな
 市民団体の活動が支えられ、大きな事業でも実現できること
 になる。一つの事業費は10万〜200万円程度を目標とし、期間を
 定めて寄付を集める想定だ。寄付を行うことで市民に当事者と
 しての意識が生まれ、社会への関心が高まる効果も期待できよう。
 以上引用終了

 オリンピックで活躍した選手たちに、自分の思いを重ねて観戦
 された方も多いと思います。
「頑張っている選手を心から応援したい!」「金メダルをとって
 欲しい、それが選手だけでなく、応援している私自身の思いで
 あり夢!」といった心境。金メダルをとったのは選手ではある
 けれど、応援した自分自身の思いが叶った!という至福感・
 高揚感は自分自身を満たしてくれるものでもありました。

 それと同様、「このまちの困りごとをなんとかしたいなぁ」と
 思っている人や「この活動をもっと広めて地域をよりよくして
 いきたい」という思いで活動している人たちに共感した人が、
 応援したり、協力することで、まちが変わっていけば、応援した
 人にとっても「金メダル」をとれたことと同じ現象がそこここに
 起こっているということになります。誰かが何とかしてくれる
 社会ではなく、自分の力を何にどう注ぐかで社会に変化を起こす
 きっかけになっていく・・・。
 そんなことが実感できる社会を構想していければもっと社会が
 おもしろくなる、そんな気がしています。「みんなでつくる財団」
 の動きにこれからも注目してみてください★

(ゆうあいセンター 近藤)

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

「ご購読の皆様へ]
 本メールマガジンは「melma!」のシステムを利用して
 月1回のペースで配信しております。(どなたでもウエブ
 サイトより登録できます)新規登録・解除につきましては
 各自の判断により手続きを行ってくださいますようお願い
 いたします。 

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
【発行者】
 岡山県ボランティア・NPO活動支援センター
「ゆうあいセンター」
 〒700-0807 岡山県岡山市北区南方二丁目13−1
 岡山県総合福祉・ボランティア・NPO会館
「きらめきプラザ」2階
 TEL:086-231-0532 FAX:086-231-0541 
 E-mail:oka@youi-c.com
 URL:http://www.youi-c.com
 フェイスブック:http://www.facebook.com/youic

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2012-04-25  
最終発行日:  
発行周期:月刊  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。