競馬

取れる儲かる競馬の醍醐味

新聞の馬柱からでは見えない部分というものが存在する。それが見えれば的中に限りなく近づける。私の研究してきた馬券攻略の秘密を余すところなく繰り広げて、あなたを稼げる馬券師に育てていきたい。

メルマガ情報

創刊日:2012-03-20  
最終発行日:  
発行周期:週間  
Score!: - 点   

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

このメルマガはサンプル記事のみ表示されています。

このメルマガはサンプル記事のみ公開されています(最新号を読むにはメルマガ登録が必要です)

サンプル記事

2000/01/01

毎週のように競馬の予想を配信することが私にできるただひとつの有意義のある仕事だと思っている。常に同じスタンスで購入することが価値につながるのは言うまでもないが、それが出来ないのが人間であります。
かくいう私も、当たった、外れたと喜んだり悲しんだりするのですが、悔しさをバネにして研究を重ねてくると、今まで見えなかったものがひょいと見えてくるものです。
直感にばかり頼って馬券を買うのは、初めのうちはいいのですが当たらなくなってくると、どうですか・・?何を信じたらいいのかがわからなくなってきて、結局、新聞の印を頼りに買ってしまったり、ラジオの解説者の言うとおりに買ってしまうものです。
本命党でも穴党でも儲かればいいのです。あなたのスタンスを変えないで頑固一徹で。、穴を買ったり、本命を買ってみたり、それが一番負ける要素になります。
自分の予算に見合った、儲かるレースの選択を間違わなければいいわけですから。
それを見分ける方法をこれからメルマガを通して、あなたに教えていきたい。
銀行レースあり、大穴レースありと、中央競馬はその日の流れを作っているのですから、
その流れをいち早く把握していければ、自ずと買うレースが見えてきます。
単勝オッズ130円これの複勝を買う人はいないですよね。
単勝オッズ230円これならば、穴馬が2頭絡むと複勝で160円くらいつくのです。私が買う時はあえて複勝にドーンと入れて買うのですが、やはり2着または1着になる時もありますが。
単勝を買うのよりもストレスが少なくて済みます。要は確率の問題ですね。
100万円がパーになるか、160万円で満足するかです。
わずか2分足らずの時間で、60万円儲けられる仕事はそうそうないですよね。
自分の財布と相談して、穴を狙いに行くのかどうかが決まりますから、それはあなた次第です。確率から言うと本命馬が消える確率、穴馬が2着以内に来る確率はそんなに差がないのです。よくを行ったらキリがありませんが、でかく儲けるよりは、コンスタントに当たる馬券を買うことがこれから競馬をずっと続けられる方法だと申し上げておきます。
オルフェーブルが暴走しましたが、誰もあんな走りを想像できなかったはずです。しかし競馬には絶対がありません。あるフェーブルの複勝を買っている人はある意味で賢いと思いますが・・、お金持ちしかいないですよね。
騎手がヘタなだけではなくて、オルフェーブルのストレスに有るのではないかと思っています、常に後方からの競馬をしているのですが本当は先行したい馬なんじゃないかと思います、あそこで無理にブレーキをかけたのは余計に悪いストレスを与えてしまいましたね、これからのレースでは本当に先行策をとっていくべきではないでしょうか、後方一気のレースは危険が伴います。単勝馬券は買えないですね。
では来週の競馬からいざ出陣と参りますので、よろしくお願いいたします。
馬券カウンセラーまさからの最初のメッセージです。

最新のコメント

  • コメントはありません。