生涯学習

日々の気づきと落ち込みと。

普段の生活の中でふと気付いたこと、その分析と考察をします。

全て表示する >

【気付き】よかれ

2014/05/02

良かれと思って手助けしたら逆に怒られた。ダメだと言われた。
そんな経験をしたことは無いだろうか。そして、その経験にビビ
り二度と手助けをしなくなってはいないだろうか。

私の場合は手助けをしない状態になっている。心の中ではした方
が良いだろうなといつも考えているが行動に移せないのだ。その
原因は何だろうか。相手を傷つけないためだろうか。


私は相手を傷つけないように人と関わりを避ける傾向がある。自
分が意図しない所で相手が傷つくのを恐れているのだ。相手は表
情こそ何でもない風に装うが、実際の所は本人にしかわからない
のである。

その点、子供は裏がないから嫌なものは嫌と言ってくれるから安
心である。そこにはネチネチした感情が無いから安心なのだろう。
大人は嫌な事があったらそこから、人格攻撃や、どうしてくれる
んだという感情を出してくる。そういうことがあるので、もう恐
怖により手助けが出来なくなってしまったのである。

これはとても残念なことだ。この経験も実は一度しかない。これ
が原因となってその後の人生すべてに影響が及ぼされているなん
て勿体なくて仕方ないと頭では理解している。しかし、感情面で
は、この経験からやめておけという急ブレーキが起き、行動が起
こせない。解決策も分からない。こういった感情はどうやったら
なくせるのか。いつも苦しんでいるが、相談する相手もいなく、
知り合いに言った所で迷惑になるだけだと思っているので、言わ
ない。

その結果、一人で抱え込むことになるという話が結構あるのかと
思う。こういうことを書いても、実際の感じている感覚の5%く
いらいしか現せていない感覚だ。全然現せていないことはわかる
が、どうやったら表現できるのかも分からないのである。

解決はしたいが治せない。誰に言えばいいのかもわからない。そ
ういった人のために話を聞いてくれる人がどこかにいるのではな
いか。おそらく私が感じていることを感じる人は世の中には沢山
いるはず。しかし、私のようにぐるぐる回り、最後には自分を追
い込んでしまう人もいるだろう。

そういった人の為に自分に。そういう事を感じている人のために
何が出来るのだろうか。その答えは今なんとなく感じている事の
一つに、自分の言葉をただ聞いてくれる人が居れば救われるので
は無いかと思う。助言も同調もいらない。ただ、聞いてくれる人
が居て、中にあるものをすべて吐き出す事が出来れば浄化されて
良くなって行くような気がする。

しかし、そういった相手を作るにも、まず信頼関係を作らないと
私も話す事が出来ないので、難しい。普段の生活でこういった事
を考えて、自分は何て面倒くさいんだと思ってしまう。

でもそんな自分にも何か人の役に立てることがあるのではないか。
きっとあるはずだし、今まさに出来ることがあるだろう。と思い
生きている。そしてまだ見つけられない。苦しい感覚はずっとな
くなることは無いのだろう。だからここから自分が何をするのか
それが分かれば少しは苦しみも鈍感になっていけそうな気がする。


本日も読んでいていただき感謝致します。

■本日の名言
神はすべての人に愛すべき大地を与える。だが、人の心は
狭いゆえに、それぞれのささやかな地に対する神の定めは、
そこをくまなく愛すことを試す。

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2012-02-11  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。