生涯学習

日々の気づきと落ち込みと。

普段の生活の中でふと気付いたこと、その分析と考察をします。

全て表示する >

【気付き】無気力

2014/04/10

最近はなんとなく無気力になることがある。こういったことは
今までもなんどかあったが、今回は勝手が違うようだ。なぜこ
ういった事が起きるのか。対策は何かないのか少し考えてみた。

まず新しいことを始めたこと。新しいことというのは当然最初
はうまくいかない。そして周りを見ると自分より圧倒的に先に
行く人が沢山いるわけだ。それと自分を比較することにより、
自分自身はダメなやつだと思い込み、勝手に傷つくことがある
かもしれない。

もう一つはいつもうまくいっていたことが上手くいかなくなる
こと。これもやはり自分の力が落ちていることを感じることに
より自分を気付付けているのではないかと思う。人は自分と一
番長い時間を過ごしているが、どうしても過大評価をしがちな
傾向にあるようで。それでいて他人と関わるときは卑屈になり
がちであることが多い。

自分自身を評価するときに客観的になれる人は少ないだろう。
客観的になること自体も主観が入ることだし、何かに影響さ
れているはずだ。それは自分の価値観に左右されるだろうし、
その時の環境によっても全然違う答えになるだろう。

いつも同じ答えを出すことは難しい。一貫性を持ち続ける
というのは本当にごく少数の人だけが出来ているのだと思う。
今は環境と出来事の結果、無気力ということにしているだ
けで、本当のところはもっと別のところにあるのかもしれ
ない。黙っていることで人から気をかけてもらえることで
あったり、一人になることで自分の時間を守ることであった
り。人はそれをする場合、何かしら自分にとってのメリット
があるという。この状態。いったいどんなメリットがあるの
だろう。

そんなひねくれた状態よりももっと直接的な状態になれば
いいのにと思う人は周りにいないか。その人のことはわか
るのに自分のこととなると全然客観的になれない。自分っ
てとことん自己中なのだと改めて思うね。それは悪いこと
ではないのだけれど、結果に対して効果のある自己中とい
う状態になりたいものだ。

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2012-02-11  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。