生涯学習

日々の気づきと落ち込みと。

普段の生活の中でふと気付いたこと、その分析と考察をします。

全て表示する >

【気付き】作業

2013/09/10

作業をするということ。これだけ見ると何も考えずに


ただボーッと手だけを動かしているイメージ。けど、


作業は作っているわけだからそこから何か新しいもの


を探さないともったいんだいんですよね。


たまにいる満喫とかの看板もって立っている人。あの


人もただ立っているだけじゃ勿体無いなといつも思う。


あの仕事ってホント究極だと思う。まさに誰でもいい


と感じてしまうから。誰でもできるということは誰で


も良いという事。つまり希少性がないんだよね。それ


ってすごいプレッシャー。いつも自分の変わりがいる


とネガティブになって心持ちが悪くなって欝になる。


そんな単純ではないだろうけど、そう思う。


普段頭使うなんて面倒だなとは思うけど、頭使わない


と頭使う人に自分が使われてしまうんだよね。今の日


本はまさにそう。労働という仕事しか知らないから、


雇われという手段しか取る事ができない。それは国が


そういう教育をしているから。


一日8時間労働って誰が決めたか?


給料って汗水たらして手に入れないとダメって誰が決


めたか?


そこに疑問を持たないように国が小学生のころから洗


脳して私たちから考える力を奪っているんです。それ


を時々自分で気づく事が出来た人たちが事業を立ち上げ


使う側にまわる。自分で気づく事なんてそうそうないか


ら絶対数が少ないんだよね。


つまり、自分が頭使って頭使わない人を使う側に回れば


良い。だから本を読むとかで頭使うことが必要なんだよね。

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2012-02-11  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。