語学・言語学

北京語言大学の教材を使用した中国語教室

書店にある中国語の参考書はほとんど初級の本ばかりです。どうすれば実力をつけられるのかかわからないで困っているあなた。0から高いレベルまで実力をつけられる教材の紹介とそのお手伝いをさせていただきます。なぜなら、この教材には日本語訳がないからです。

全て表示する >

第12号 「漢語口語速成」と「見図説話」の資料作り

2012/03/27

こんにちは。暫くぶりにメルマを書きます。

タイトルどおり「漢語口語速成 入門編」と「見図説話(1年級)」の資料作りを始めました。並行して「報刊語言教室(2年級)」も進めます。

進捗状況は、私のHPを見てください。http://www.yokoyamanorio.jp
HPも資料を作成しながら、改訂していきます。

「漢語口語速成 入門編」は第9号のメルマで触れています。
以前の別コース(「漢語口語習慣用語教程」、「新聞聞力教程(2年級)」)と異なり、中国語は妻(中国人)に吹き込んでもらっています。日本語はずっと私が吹き込みを行っています。mp3プレーヤーを持参するだけで、通勤中や昼休みに手軽に勉強でき、便利だからです。

作った資料を自分で聞いてみると、「やはり自然な感じ」がします。初級者向けなので、中国語の発音が大事であると思い妻に協力してもらっています。教材を見ず、mp3を聞くだけで勉強するのが一番理想的であると信じています。

「見図説話(1年級)」は、以前から気になっていたので教材を購入しました。
第6号のメルマで書いたような理想的な教材でした。これも資料作りをしなければいけないと思い、とりかかっています。これは教科書の図を見ながらカセットテープを聞いて勉強してください(この教材は、この勉強方法でいいと思います)。日本語訳の資料のみ作成します。なお、教材巻末の補充教材(カセットテープなし)も面白い内容ですので、この部分のみ妻に協力してもらい、mp3を作る方向で検討しています。

今、資料作りに力を入れるので、メルマは合間を縫って発行します。

引き続きよろしくお願いします。

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2012-01-30  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。