語学・言語学

北京語言大学の教材を使用した中国語教室

書店にある中国語の参考書はほとんど初級の本ばかりです。どうすれば実力をつけられるのかかわからないで困っているあなた。0から高いレベルまで実力をつけられる教材の紹介とそのお手伝いをさせていただきます。なぜなら、この教材には日本語訳がないからです。

全て表示する >

第6号 なぜ外人お相撲さんは日本語が上手なのだろう。(第5号続き)

2012/02/08

2.について

 相撲部屋で共同生活をすることは、語学を上達させるには最高の方法
 ではないかと思います。

 我々が中国語を覚える方法は、教科書を購入して勉強するわけです。
 そうすると、教科書を見て、「コップ」と言えば「杯子(beizi)」と覚えます。
 一度覚えた後に、コップの現物を見せられた時、中国語の単語を
 どうやって思い出すのでしょうか。

 ええと・・、、「コップ」は「杯子」だったな。そうだ、「杯子」だ。・・と
 こうゆう調子で思い出します。これではなかなか正しい中国語が身につきま
 せん。つまり、いつも「現物」と「中国語」の間に「日本語」が介在して
 しまうのです。

 具体的にどのような不都合が起こるかと言いますと、私は「水を捨てる」を
 中国語に翻訳するとき、「倒水・・水を倒す」と言わなければならないのに、
 日本語の表現をそのまま直訳して「扔水(rengshui)・・水を捨てる」と言って
 しまうのです。

 逆に中国人の妻は、「走吧(zouba)!・・「行こう」という意味」を日本語で
 言うときに、中国語の表現を直訳して「走ろう(はしろう)」と言ってしまう
 のです。

 つまり絶えず母国語の表現を外国語に直訳するクセがあるため間違えます。

 ところが相撲部屋に入門した外人力士は、一緒に日常生活を送るため、日本人の
 兄貴分から、「布団を敷け」、「野菜を切れ」と言われた時に、実際に、「布団を
 敷い」たり、「野菜を切る」ところを実際に見せてもらいながら、日本語を教わり
 ます。教科書で表現を覚えるわけではありません。そうすると行為や物と日本語が
 直接つながるため、間違った表現をしないわけです。これは優れた勉強法です。
 しかも1日24時間日本語漬けの中で過ごすわけです。上達が速いのも頷けます。

 日本に集団で研修にくる中国人の場合は、働くときも、夜寮で過ごすときも、同じ
 中国人仲間と一緒なので日本語は話しません。これでは日本語は全然上達しません。
 私の妻も遊び友達は中国人・台湾人なので日本で暮らしても、日本語に接する時間
 は意外と少ないのです。これでは上達が遅れます。

 では、どのような勉強法がいいのでしょうか。例えばコップの上に「杯子」と書いた
 紙を張り付ければ、物と中国語が直接結びつきます。複雑な動作は絵と中国語を書い
 て絶えず見ればいいでしょう。

 
 ではまた次回。本メールマガジンは不定期発行です。
 

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2012-01-30  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。