語学・言語学

北京語言大学の教材を使用した中国語教室

書店にある中国語の参考書はほとんど初級の本ばかりです。どうすれば実力をつけられるのかかわからないで困っているあなた。0から高いレベルまで実力をつけられる教材の紹介とそのお手伝いをさせていただきます。なぜなら、この教材には日本語訳がないからです。

全て表示する >

第4号 日本人にとって難しい発音、中国人にとって難しい発音

2012/02/04

何人かの中国人の話す日本語を聞いて分かったことです。

●中国人にとって難しい日本語の発音

具体的に書きます。中国人が話すと右のようになります。

 これはどういう意味 → これはどーゆー意味ー

 もっと後ろに下がって → もとー後ろに下がてー

 箸と橋、柿と牡蠣 のように読みが同じでも発音の異なる単語の区別

 助詞(は、が、へ、を、に)の使い方ができないのは皆さんもご存じでしょう。

従って、中国人の話す日本語を聞くとき、注意して聞いてください。
以下の言葉の発音を正確に区別して発音できたら、日本人の発音に近いといえます。

「ちょっと」、「ちっと」、「ちーと」、「ちつと」、「ちよつと」の区別

「どういう」、「どーゆー」、「どうゆう」の区別

助詞(は、が、へ、を、に)が正しく使える。

英語の日本語訳 例えば、study(勉強する)。日本人なら「スタディ」と言いますが、
中国人なら「ストディー」と言うなど。


よく考えると、中国語にはひらがな(さらに言えば、小さい「っ」「ょ」等)とカタカナがありません。中国語にないので当然難しいのです。

●日本人にとって難しい中国語の発音

同様に、日本語にない母音は難しい。anとangの区別など。

成(cheng2)  穿(chuan1) 窗(chuang1) ?(ju4) 喝(he1)などです。

「机?(jichang)空港」といったのに「??(juchang)劇場」に連れて行かれたという笑い話もあります。

妻(中国人)に言わせると、日本人の中国語の発音は波打つと言います。

1声なら音の高さが一定なのですが、日本人が発音すると波打つようなのです。

2声にしても同じで、右斜め上に直線で上がらず、波を打ちながら上がるそうです。


「出丑」と「出洋相」・・どちらも恥をかくという意味です。ピンインはそれぞれ、

「chuchou」、「chuyangxiang」となります。

私がこの2つを発音すると、妻は「出洋相」は聞いて分かるが、「出丑」は聞いて分からないと言います。

「出丑」・・正しくは「chuchou」ですが、私が発音すると「chuchouwu」と聞こえるそうです。あとに「wu ウー」が続いているように聞こえるそうです。

中国語学校ではヒヤリング教材(听力教材)をあまり使いませんが、正しい発音を身に着けるためには必要だと思います。これも教室を開こうかどうか妻と検討します。

ではまた次回。本メールマガジンは不定期発行です。



規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2012-01-30  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。