語学・言語学

北京語言大学の教材を使用した中国語教室

書店にある中国語の参考書はほとんど初級の本ばかりです。どうすれば実力をつけられるのかかわからないで困っているあなた。0から高いレベルまで実力をつけられる教材の紹介とそのお手伝いをさせていただきます。なぜなら、この教材には日本語訳がないからです。

全て表示する >

第3号 中国語学校に通うほうがいいか。(第2号の続き)

2012/02/03

さあ、授業開始!
最初の勉強は、どこで習っても同じですが、発音の練習です。

実は授業の前に市販の発音の教科書を買いました。口は丸めろだの、舌は上の歯茎につけろだの一読して嫌気がさしました。なんてつまらないんだろう。まあいいや、CDを聞いて同じような声が出ればいいだろう。そんな調子で予習開始。CDを聞いているうちに、あることに気づきました。なんだか全ての音がはっきりしない、口ごもっているように聞こえたのです。この瞬間・私は悟りました。そうか、中国語とは舌をまるめて音が口の中にこもるようにすればいいんだ。よし、これで明日の授業に臨もう。

授業の話に戻ります。発声練習です。アー、イー、エン、イオン、イヤン、・・・。

たしか最初に指摘されたのが、Ji1(鶏)のときでした。私は巻き舌でジーといったとたん、「これは舌を伸ばし、口の形は日本語の{い}のように横に引いて発音すること」と注意されました。これは・・とても印象に残りました。

確かに日本語で{い}と言う時、口を横に引きます。私は口をすこし丸めていたんです。中国語とは、すべて巻き舌で話すものだと思い込んでいましたが、そうではないんだ。巻き舌と平舌の両方の発声方法があるんだ。中国人は口を横に引いた{い}と口を丸めた{い}の音の違いを聞き分けられるのか・・これは新鮮な驚きでした。ここで初めて発音の重要性を理解しました。


中国語教室に通うメリットは、発音の矯正をしてもらえることです。確かに、入門の段階では、教室に通うことは大事なことだと思います。でもデメリットもあります。生徒の立場ではありますが、同時に中国語教室にお金を落としてくれる大事なお客さんでもあるわけです。何回教えても本当に正しい発言ができない。・・でも「叱る」わけにはいかないのです。従って、生徒はこれでいいんだなと思っても、本当は正確な発音でないことが多々あるわけです。

しかもそればかりではありません。中国人教師もしょっちゅう日本人の発音を聞いていると慣れてしまい、聞き取れるようになるのです。これは私が仕事で中国に行き、日本語が話せない中国人に話しかけたとき、聞き取れた人と聞き取れない人両方がいました。なるほど、出身地によっては聞き取れない人がいることがわかると同時に、発音がいかに大事か思い知らされた瞬間でもありました。

「外国語は発音に始まり発音に終わる」と言っても過言ではありません。

いい証拠に、中国人の話す日本語の発音が変でしょう。
英語にしても、日本人の話す英語は、「ジャパニーズ・イングリッシュ」と言いますよね。しかし、外国放送のテレビ番組を見ていますと、英語を母国語とした人の英語は聞き取りにくいですが、英語を母国語としないフランス人・ドイツ人等の英語の発音は比較的聞き取りやすいですよね。

試験対策をする教室は別かもしれません。しかし一般に、中国語教室では「听力(ヒヤリング)」の教材をほとんど使いませんよね。・・確かにヒヤリングや発音の教材は、授業になりにくいという欠点があります。

私が妻(中国人)とともに、ヒヤリングも含めた中国語入門教室を開こうと考えている理由は、自分の経験に基づいたものです。
区の施設を借りて、まだ値段を決めていませんが(1人1時間700円前後?)、小規模で、安い教室を作ろうと思っています。・・・中国語教室のソースネクスト社版とでもいいましょうか(廉価で役立つ。ただし、ソースネクスト社のソフトはパソコンにセットすると、音声ガイダンスで「15秒後に自動でインストールされます」が、中国語の勉強は皆さんが真剣に取り組まなければなりません。自動で中国語がみなさんの頭の中にインストールされません。→されれば、高い授業料が取れるのになあ・・。)

ではまた次回お会いしましょう。







規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2012-01-30  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。