語学・言語学

北京語言大学の教材を使用した中国語教室

書店にある中国語の参考書はほとんど初級の本ばかりです。どうすれば実力をつけられるのかかわからないで困っているあなた。0から高いレベルまで実力をつけられる教材の紹介とそのお手伝いをさせていただきます。なぜなら、この教材には日本語訳がないからです。

全て表示する >

第1号 まず中国語の勉強の心構えからお話しします。

2012/02/01

  はじめまして。私のニックネーム「君の中国語を伸ばす」です。
  よろしくお願いします。私もまだ修行の身ですがみなさんに役立つ
  情報を提供したいと思います。
  
  みなさんはなんとかして中国語をマスターしたいと考えているはずです。
  本屋さんに並んでいる書籍をざっと見ると、初級者向けの本が多いことに
  気づきますよね。

  勉強を始めたばかりの方はあまり気になりません。1〜2年位勉強をされ
  た方でもあまり気にならないかと思います。

  この段階では、まず1冊本を買い、10数ページ読んだ段階で何か自分には
  合わないなと感じるはずです。そしてまた別の初級者向けの本を買います。
  するとまた10数ページ読んだ段階で何か自分には合わないなと感じます。
  もっと自分に合う本があるのではないかと悩みます。

  これはいったいなぜでしょう。あまり気づかないかもしれませんが、実は
  2〜3ページ読むたびに、新出単語が10数個は出て来ます。そうすると
  20ページも読むと、この先いったいいくつ単語が覚えるのかな。こんな
  に覚える単語が多いといやになるな。・・と思うわけです。

  そうすると「もっと自分の合う本がないかな」と考え始めるわけです。
  「もっと自分の合う本」とはどんな本でしょうか。
  それはとりもなおさず、「もっと楽して身に付く中国語の本」なのです。
  イコール「単語を覚えず、苦労せずに身に付く本」なのです。

  そんなことはあり得るでしょうか。ないですよね。まずは、ここであなた
  の考え方を180度転換させなければなりません。苦労せずに、語学が
  身に付くのなら、今頃とっくに多くの日本人が英語や中国語をペラペラと
  話しているわけです。そんな日本人が何人います。少ないはずです。
  それは、言い換えれば、かなりの覚悟で勉強をやり抜くんだと決心して実行
  しなければ身につかないということです。この覚悟ができたでしょうか。
  できなければ、これ以上中国語の本を買うのはやめるべきです。
  教科書選びなんかよりもよっぽど重要な事です。勉強の基本です。
  
  さあ、心構えができたでしょうか。

     では、また次回に会いしましょう。本メールは不定期です。

    北京語言大学等の教材を使用して中国語教室 
    http://www.yokoyamanorio.jp

    Copyright © 2012 yokoyama norio all rights reserved. 


      
    

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2012-01-30  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。