文学

現代語訳で読む泉鏡花

独特の文体を駆使して数多くの作品を残した稀代の作家・泉鏡花。そんな鏡花作品の美妙な魅力を味わってみようと本を繙いたものの、そのめくるめく文体に幻惑されて読み通すことのできなかった方は多いのではないでしょうか?そんな方々のために、短篇を中心とする鏡花の作品を現代語訳してご紹介してまいります。

メルマガ情報

創刊日:2012-01-25  
最終発行日:2016-11-02  
発行周期:基本的に月・水・金曜日  
Score!: - 点   

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

このメルマガは最新記事のみ公開されています。

現代語訳で読む泉鏡花−小春の狐[23]

2016/11/02

現代語訳で読む泉鏡花  No.598(2016/11/02発行)


「小春の狐(こはるのきつね)」現代語訳[23]


        五[続き]


 涙が、その松葉に玉を添えて、

「旦那さん―どうか堪忍(かんにん)して…あの道々、あなたがお

幼(ちいさ)かった時のお話もうかがって―あなたの心からのお頼

みですのに、『何としても、』と思っても、一つだって見つかりま

せん…ですから仕方なく、嘘と知っていて、そんな茸をあげました。

あんまり欲しゅうございましたので、わたしにも、このわたしにも

ほんとうの茸に見えたんですもの。…お恥ずかしい身体(からだ)

ですが、お言葉のまま、あの、お宿までもお供して…もしその茸を

めしあがるんなら、きっとわたしがお毒味(どくみ)を先にして、

血を吐くつもりでおりました。命(いのち)がけでだましました。

…堪忍して下さいまし。」

「何を言うんだ、とんでもない。―さ、ちょっと、自分の手でその

松葉をさして御覧。…本当に何とも言えないいい容子だ、よく似合

う。よ。頼むから。」

 と、畳(たた)み掛けて、勢(いきお)いよく言いながらも、私

は胸が迫(せま)って声が途切れた。

「後生(ごしょう)だから。」

「はい、…あの、こうでございますか。」

「上手だ。それなら自分でも髪を結(ゆ)えるね。ああ、よく似合

う。さあ、見て御覧。何だ、袖(そで)に映したって、映るものか

ね。ここは引き潮(ひきしお)らしく、水が動く。―こっちがいい。

あの松の影の澄んでいる所が。」

「ああ、御免なさい。どうぞ堪忍して…映すと狐になりますから。」

「私が請(う)け合う、大丈夫だ。」

「まあ。」

「ね、細い翡翠(ひすい)そのままじゃあないか。美しい玉(ぎょ

く)の珠(たま)だよ。―小松山の神さんか、竜神が、姉さんへ下

すった賜物(たまもの)なんだよ。」

 ここにも飛び交っている螽(いなご)の翠(みどり)色に。―

「いや、松葉が光る、白金(プラチナ)に相違ない。」

「ええ。旦那さんのお情(なさ)けは、ほんとに翡翠です、白金で

す…でも、わたしはだんだんと、…あれ、口が裂けて。」

「えッ。」

「目が釣り上がって…」

「馬鹿な事を。―茸(きのこ)で嘘を吐(つ)いた姉さんが狐なら、

松葉でだました私は狸だ。―狸だ。…」

 と言って、私は真っ白な手を取った。

 湖へ続く蘆(あし)の中の静かな川を、誰も乗っていない小船が

流れた。


[了]



いつもお読みいただき、ありがとうございます。


さて、長らくお届けしてまいりました「現代語訳で読む

泉鏡花」ですが、本号をもちまして終了とさせて頂くこ

とに致しました。


これまでご愛読頂いたことに対し、篤くお礼申し上げます。


白水銀雪 拝



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
記事をお読みになりましたら、ぜひあなたの評価をお聞かせください。

評価は本メールの一番下から、3段階で簡単にできます。
___________________________________
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



------------------------------------------------------------
発行者:白水銀雪(しろみぎんせつ)
Twitter:http://twitter.com/#!/shiromiginsetsu

小春の狐・原作(青空文庫):
http://www.aozora.gr.jp/cards/000050/card3551.html

泉鏡花 現代語訳集:
http://amzn.to/1S5wa9D
------------------------------------------------------------







最新のコメント

  • コメントはありません。