トップ > スポーツ > その他のスポーツ > ■1日1歩■ 弓道を極めよう!

■1日1歩■ 弓道を極めよう!

RSS

学生から社会人まで、弓道の技術をメールで配信!
的中率をUPを目指して、一緒にがんばりましょ!!
できるだけ、毎日配信します。



メルマガの登録・解除

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。


最新の記事リスト

  1. このメルマガはサンプル記事のみ表示されています

メルマガ情報

メルマガ情報は非表示設定にされています。

このメルマガはサンプル記事のみ公開されています(最新号を読むにはメルマガ登録が必要です)

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    ■ メールで習得 ■ 陽っちの弓道お稽古教室 ■
_________________________________

こんにちは、陽っちです。
不定期ではありますが、可能な限り1日1回、弓道に関する作法や
射形を美しくするコツ、的中率を向上させるコツを、伝授していきます!


⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*
            創 刊 号

⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*⌒*


本日のメニュー
     ┌─────────────────────────────┐
  ○ < 第一章 弓道とは                     │
 <□> │第二章 弓道とアーチェリーの違い             │
  ||  │第三章 弓道をはじめよう〜道具編〜            │
     └─────────────────────────────┘


〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
第一章 弓道とは
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

弓道とは一言で言えば「礼」を重んじる競技である。
もちろん勝ち負けは的に対して何本の矢が中たったか(=的中数)で
競われるものだが、それ以上に精神面を切磋していく競技である。

それは弓道の教義に「射法訓」と共に「礼記−射義−」が引用されている
ことからも明らかである。

究極的には「正しい射をすれば自ずと中たりが付いてくる」、
中てるのではなく中たる、と考えられている(これを「正射必中」という)。

その意味で目の前の的中数は問題ではなく如何に正しい、究極の射に近づけるか
が練習上のポイントとなる。

とはいえ、競技弓道ではやはり勝たなくては意味が無く、目の前の的中数を
上げることに重点が置かれるのは仕方のないところ。

大学で試合に何度か出させてもらった身で言わせてもらえば、これが結構な
プレッシャーである。

そのプレッシャーを楽しめるうちは良いのだが、試合形式の場合当然団体戦と
なるために、酷くなってくるとそのプレッシャーに押しつぶされることも
度々あった。

こうなるとせっかくの弓道も楽しくない。
(現役引退後の方が楽しく、のびのび出来たという皮肉な結果も当然かも。。。)

やはり好きであることこそが上達への第一歩。これはどの競技でも同じであろう。



〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
第二章 弓道とアーチェリーの違い 
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

ここで弓道(和弓)とアーチェリー(洋弓)の違いを簡単に述べる。

よく両者は比較されるがなんと言っても洋弓は中たってなんぼの世界である。
的中するのを前提として的に点数がありその点数を競うのが洋弓。

対して和弓は的に当たったか否かを競うもの、的の端であろうが真ん中で
あろうが中たりは中たり、○か×かのである。

洋弓の歴史が的中率を上げるため弓に改良を加えたことに帰因する。
いかにも西洋的合理主義である。

対して和弓は平安の時代より多少の試行錯誤や素材の変化があるにしても
基本的には形は変わっていない。

和弓は弓に変化を求めるのではなく人間自身に変化を求めたのである、
そこが精神世界に繋がり、「道」となったのである。



〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
第三章 弓道をはじめよう〜道具編〜  
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

弓道ははっきり言うと道具には金もかかるし手間もかかる。
本格的にそろえたらそれこそウン十万円では済まないかもしれない。

しかしだからこそ愛着も湧くし、手間も惜しまないというのもまた事実。
ここでは標準的な価格で集めると一体いくらするか試算してみる。


とりあえず最低限必要な道具集
  価格備考
弓※\23,000〜竹・カーボン・グラスファイバーとある。
竹は高価な上に手間が非常にかかる。
矢\10,000〜
(4本組)竹・カーボン・ジュラルミンと種類豊富。
また、羽も鷹・鷲・鵞鳥とこちらも様々。
※\15,000〜弓道家の命とも呼べる代物。「かけ」と読む。
右手にはめ、これで弦を弯く。
弦\350〜合繊は安い。本来は天然麻弦を使うらしい。
道着\2,900〜普段練習するときはこれを着る。
できれば2着ぐらいあったほうが良い。
袴\5,800〜すそを踏んだり、泥跳ねに気をつけよう。
帯\1,200〜女性のはマジックテープになっているらしい。
足袋\1,000〜規格外の足だと割高に。
胸当て\400〜女性は必要。
男子でも洋服で練習するのならば必要。
これは手元に置きたい道具集
矢筒?移動するときに矢を入れるもの
弓袋\1,000移動するときに弓を入れる。
剥き出しのまま持っていくと捕まる、という噂
袋?カケを購入するとおまけでくれる可能性大
弦巻\600弦が切れたときのための予備弦を巻いておく。
藤で編んであるものは非常に高い。
弓道教本\1,166弓道の教科書。
昇段審査の問題はここから出題される。
巻藁矢\1,500練習用の矢。
あると便利な道具集
ギリ粉\120松脂から油を抜いたもの。
カケに付ける滑り止め。
筆粉\120灰。弓手(左手)につけ滑りを止める。
逆に滑りを良くするという説もある。
道宝\500弦の矢を装着する部分を調節するために使用
的中定規\1,000矢を装着すべきポイントを測るもの
雨袋\400ビニール製で弓の雨合羽といったところか
雪駄\1,000足袋で移動するときには便利?
和服?高段位の昇段審査ではこれを着て行う。


因みに私の持っている弓は小山弓具製「直心?」(カーボン)の15?である。
購入当時これが最新で皆に羨ましがられたものだ。

価格は\45,000である。
矢は何本か買ったが現在持っているのは4本組で\10,000。
カケは標準のもので\15,000。

確かにこうしてみると弓具ってお金がかかるし、金持ちの道楽という
側面は否めないが、但し、どれも一生ものである。
大事に使えばこれ以上の大きな出費は無い。

ところが、弓道家の多くはやり込んでいくと段々今の道具に飽き足らなく
なってくる。

するともうワンランク上の道具をついつい買ってしまうのだ。

例えばカケ。

最初は市販のものを使用しているのがほとんどだがそのうちに自分の
手形を取って弓師にわざわざ作ってもらったりしたくなるのだ。

弓もカーボンやグラスファイバーを使っていたのが急に竹弓が欲しく
なったりするのである。
(但し、竹弓でないと高段位の昇段試験に受からないから、という説もある)

竹弓は当然自然のもので作られているので湿度によって反り返ったり
曲がったりするので管理維持が非常に面倒である。

にもかかわらず、「そこがまた可愛い」とか言う分かったような
分からないような理由で購入したりするのである。


〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
次回予告
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

次回は、以下のメニューで情報を配信

 第一章 的中率を上げるための必須知識とは?
 第二章 足踏みの最適な幅とは?
 第三章 昇段試験に出題される作法について



最後までお読みくださいまして、ありがとうございます。
それでは次回もお楽しみに!



------------------------------------------------------------------

○メルマガ名 :(1日1歩)弓道を極めよう!
○発行者   :陽っち

------------------------------------------------------------------

ブックマークに登録する

TwitterでつぶやくLismeトピックスに追加するはてなブックマークに追加del.icio.usに追加Buzzurlにブックマークニフティクリップに追加Yahoo!ブックマークに登録
My Yahoo!に追加Add to Google

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

登録/解除

メルマ!のおすすめメルマガ

  1. ハロー!株式

    発行周期:
    日刊2回朝刊夕刊

    メルマ!ガ オブ ザ イヤーを7年連続で受賞中。昨年まで5年連続で「総合大賞」、マネー部門賞も2度第1位を受賞です。「週刊ダイヤモンド」・「日経ネットトレーディング」・「初歩のパソコン」にも紹介され、有望銘柄、投資ノウハウ、相場解説など株式投資に必読のメルマガでお役立ちです。

  2. 里山を歩こう

    発行周期:
    週刊

    自然の中で出会った昆虫や野草,花,野鳥,その他の生き物をリアルタイムに紹介。デジカメ写真を使って,ビジュアルに生き物たちの『今!』がわかります。里山で生き物たちとの出会いを楽しみましょう。

  3. 宮崎正弘の国際ニュース・早読み

    発行周期:
    週ほぼ日刊

    評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

  4. 怪談・逢魔が時物語 ─怖い投稿が本やCDになる!─

    発行周期:
    10・20・30日

    あなたの怪奇体験が本やCDになる怪談メールマガジン! 身の毛もよだつ怖い話の数々…。怖いもの見たさのあなたを刺激する全読者数3万人のNO.1怪談マガジンです。

  5. e-doctor ドクタースマートの医学なんでも相談室

    発行周期:
    週1回水曜日発行

    読者の質問に内科医であるドクタースマートがお答えするメルマガです。病気に関するどんなことでも、なんでも質問してください。すべての質問に、ドクタースマートが本気・本音でお答えいたします。

  6. シングルパパ熱意上げ郎の子育て泣き笑い奮闘記

    発行周期:
    平日日刊配信(土日祝お休み)

    シングルパパのイクメン熱意上げ郎がお贈りする、笑いあり涙ありのドタバタ子育て奮闘記!福岡県飯塚市で娘3人と暮らす上げパパが子供たちとの日々の面白出来事を綴るメールマガジンです。是非、覗き見登録しちゃってくださいね♪

  7. 疋田智の「週刊 自転車ツーキニスト」

    発行周期:
    週に1回以上刊

    環境、ダイエットに効果抜群。どなたにもオススメの「自転車通勤」ですが、そのノウハウやポリシーを色々な人にお伝えするメルマガです。と、思ってたのですが、ただ単に私ヒキタからのバカメールが届きます。ご容赦。

  8. メールですみましん

    発行周期:
    週刊

    色々クリエイター、スミマサノリの日々の雑感や活動状況などをお伝えいたします。

発行者プロフィール

陽っちです!

陽っちです!