資格

渋谷会〔右手→〕 宅建学習の指示書

宅建〔右手→〕クラスで勉強する。 今何をすべきか? 右手先生からの指示書にしたがって勉強していけば自ずと合格に近づきます。 クラスについてくれれば合格します。 やるべきことを淡々とこなしていきましょう。

メルマガ情報

メルマガ情報は非表示設定にされています。

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

このメルマガは最新記事のみ公開されています。

宅建学習の指示書

2012/08/23

お久しぶりです。

今年も、宅建直前講座を開講できることになりました。
かつての受講生との約束を果たせて嬉しい限りです。
●「カキまくって覚える宅建直前講座」【9月開講】
●「規範と処理手順」【10月開講】
http://shibuyakai.com/

なお、すでに「かきまくって」の日曜クラスは、定員〆切間近のようです。
「待ってました!」という方、お急ぎください。
例年、〆切に間に合わない方がいます。
ご注意ください。

諸事情により、「指示書」の配信を中断せざる得ず、申し訳ございませんでした。
本メルマガは、今後、渋谷会合同会社により管理・配信していきます。
よろしくお願いいたします。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
来週からは、さっそく「カキまくって」講座が開講します。
まずは、本講座の学習の指示書から再開いたします。

9月からは、点数を上げるための勉強をしなくてはいけません。
その時に使う素材が模試です。
模試を活用できなければ、9月中の勉強としては、失敗です。
挽回する期日はほとんど残っていませんので、作戦を練るに注意が必要です。

自分の課題を発見するのが模試の一番の役割です。
模試自体の点数は、さほど重要ではありません。
現状の自分の点数を知ることは大切ですが、そこから何をすべきか、という自分自身に対する問題提起ができるかどうかが、最も大切です。

まず、模試を受けたら、現状の自分自身の点数に一喜一憂してください。
それが宅建における現在のあなた自身だからです。

点数がよかったら嬉しいでしょうが、おそらく満点ではないはずです。
当日に問題を振り返って、客観的に次に何をすべきか、作戦を練ってください。

点数が悪かったら悔しいでしょうが、課題は明確に見えるはずです。
まずは基本的な部分でミスをしていたら、そこを修正するプランを立ててください。

作戦を立てたら次の模試までにそれを必ず実行してください。
その結果が次の模試にあらわれるはずです。

じつは、一喜一憂もしなければ、作戦も練らないという受験生が大多数です。
たとえ何かやろう思っても、何もしないうちに次の模試を受けることになります。

模試⇒点数に一喜一憂⇒作戦⇒【実行】⇒模試⇒点数に一喜一憂⇒・・・・・・くり返す

一番大切なのは、【実行】です。
【実行】で点数を上げます。
がんばってください。

宅建において、9月が一番大切な時期です。
来週からの「カキまくって」では、とにかく点数を上げていきます。
毎年、一週間で10点、15点上げてくる受講生がいます。
しっかりとした戦略をもって、9月で一気に安全圏内(40点オーバー)まで持っていきましょう。
〔右手→〕
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

渋谷会講師 右手之虎(うて ゆきとら)
migitenotora@gmail.com

渋谷会
http://shibuyakai.com/


最新のコメント

  • コメントはありません。