恋愛・人生

人生について

40歳になり、人生について考える様になりました。同年代の人と人生について語り合いたいと思います。
辛い時、悲しい時は励まし合い、楽しい時は共々喜べる事を願っています。

全て表示する >

人生について(心のオアシス)

2003/05/12


「人生について」49

このコーナは、色々な事を思いつくまま書く事になりますが、発信では
なく、共々に語り合う場にしたいと思っています。

その為、意見や激励、そして、お叱りの言葉が来ると思いますが、冷や
汗を流しながら、真面目に返事を書きますのでよろしくお願いします。

なお、多くの方からいただいたメールのお礼を書く為、返信が遅くなる
とは思いますが、コツコツと書いて、必ず返事しますので、よろしくお願
いします。

そして、「人生について」の発行も49号になりました。途中から購読
の方は、まぐまぐのメルマガ http://www.mag2.com/ から、
「人生について」検索し、「0000047549」を入力して、バックナンバーで
参照願います。 

------------------------------------------------------------------

1)本日の題目    「SARSは人類への警告なのかもしれない。」  


SARSは人類への警告なのかもしれない。自然の摂理は人間を許さない

のか。


「人類への警告」


中国を中心にSARSが猛威をふるっている。

科学的には、そのメカニズムや治療方が解析されると思うが、

何故こんな事が起きたのかと考えてしまった。

人間は地球を征服した。もう敵はいなくなった。

自然界では、まだまだ弱肉強食である。自然の摂理が働いている。

人間だけが、その摂理が弱い、働いていない。

自然を破壊し、貴重な植物や動物も滅ぼしている。

一人では、熊とかライオンは強くて怖いが、知恵を働かせ、武器も作り

脅威で無くなった。

その武器が、今度は、戦争の武器になった。

人間は二面性がある。良い面と悪い面。

その悪い面が戦争を起こしている。

地球を破壊している。



しかし、「自然の摂理はそんな人間を許さないのかもしれない。」

その警告がSARSなのか。

地球で一人勝ちした人間は、慢心・傲慢になってしまった。

そんな人間の心からSARSが生まれたのかもしれない。

たぶん、この病は、知恵で克服すると思うが、心の病を治さないと、

第二のSARSが発生する。

治療をした医師や看護の人の話を聞くと、悲惨な様だ。

戦争の様だと言っている。

家族は、愛する人を亡くして悲しんでいる。

そんな事は二度と起こさない為にも、人間は真摯になるべきなのかもしれ

ない。



日本ではまだ発病をしていないらしい。(その対応が昼行灯である。)

しかし、間接的にはその影響を受けている。

あまりにも生産を中国に移管・移設した為に、部品や製品が日本に来なく

なる。

日本で生産が出来なくなる。

経済では国境が無くなったから、一国の出来事が世界に及ぼしてしまう。



ウィルスの恐ろしさはもちろんだが、人間の心の恐ろしさを感じた事件

だった。

そう言えば、鎌倉時代も同じ事があった。


*********************************

斉藤より

HPで、一行日記を、解説しています。メルマガで書きたい事も一杯
紹介されていますから、是非、HPに訪問願います。

=================================

2)感想文について

このメールマガジン(HP)で感じた事を感想文として、メールを送っ
ていただけますか。それをメールマガジンで紹介をしたいと思います。
その時に、「メールマガジン記載希望」と書いてください。 

また、その記載された感想も紹介をしたいと思います。

トラブル防止をする為、記載する時は、記載確認をしてから載せたいと
思います。

メールの送り先は YQS00155@nifty.ne.jp でお願いします。

 

                       斉藤和幸
2003-05-12
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

affectionately yours,with love. KazuyukiSaito

Eメール:YQS00155@nifty.ne.jp 又は yqs00155@m-net.ne.jp
HP−1:http://homepage1.nifty.com/kazuyukis/
HP−2:http://members.goo.ne.jp/home/yuki5323

------------------------------------------------------------------

このメールマガジンは下記を通じて発行しています。
『まぐまぐ』マガジン    ID: 0000047549
URL: http://www.mag2.com/
『メルマ!』マガジン    ID: m00019217   
URL: http://www.melma.com/
『メルマガ天国』マガジンID: 2786      
URL:http://melten.com/m/2786.html
『Macky!』マガジン   ID: kazuyuki      
URL:http://macky.nifty.com/cgi-bin/bndisp.cgi?M-ID=kazuyuki

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2000-10-01  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。