恋愛・人生

人生について

40歳になり、人生について考える様になりました。同年代の人と人生について語り合いたいと思います。
辛い時、悲しい時は励まし合い、楽しい時は共々喜べる事を願っています。

全て表示する >

人生について011223

2001/12/23


「人生について」40

 このコーナは、色々な事を思いつくまま書く事になりますが、発信では
なく、共々に語り合う場にしたいと思っています。
 その為、意見や激励、そして、お叱りの言葉が来ると思いますが、冷や
汗を流しながら、真面目に返事を書きますのでよろしくお願いします。
 なお、多くの方からいただいたメールのお礼を書く為、返信が遅くなる
とは思いますが、コツコツと書いて、必ず返事しますので、よろしくお願
いします。

 そして、「人生について」の発行も40号になりました。途中から購読
の方は、まぐまぐのメルマガ http://www.mag2.com/ から、
「人生について」検索し、「0000047549」を入力して、バックナンバーで
参照願います。 

------------------------------------------------------------------

1)本日の題目  「自分が一番かわいいと思えるか」

 ある映画を見ている時に、自分がかわいいと思える事に感銘を受けまし
た。

 人生において、色々不満があるけど、それは外からの物でなくて己の心
から発する。(己心)
 自分に自信がないと、その不満を外にぶっつけてしまう。何でもかんで
も他人のせいにしてしまう。
 男の立場でいわせてもらえば、職場の人間関係、家庭、そして、地域に
不満を持っている。

 でも、不満からは何も生まれない。

 何でもかんでも否定をすると、ついには自分を否定をしなくてはならな
い。自分の存在を消す事になる。(灰身滅智) 
 ありのままをみつめ、そこから受け入れる寛容性が大事になって来る。

 「自分が一番かわいいと思えるか」が起きて来る。

 そこから、他人をかわいとか、慈しみが出て来る。

 「慈悲」と言う概念です。

 日本人は、戦争に負け、西洋思想が入り込み、愛がすべてと思っている
が、もともとは慈悲と言う流れがあった。

 その思いを己の胸中に育てるには、やはり自分がかわいい(大切)と思
わないと、否定が働き、受け入れる事が出来ない。

 それを自己中心とも捉える人がいるかもしれないが、相手を思える事は
自己中心でも、日本人が勘違いしている自由とも違う。

 「自由だから何をしても勝手」は真の自由になっていない。

  まして、相手を真に思える事が出来れば、人を不幸にする戦争も起きる
事はない。
 もともと、戦争は人の心から起きるから。

 その戦争を解決するのは、真心の対話ですべきである。

 「自分がかわいくない」と他人を否定し、「自分を大切にしない」と、
真に人を大切に出来ない。
 自己犠牲からは、本当の慈悲も生まれず、その行いは、嘘と思えてしま
う。欺瞞と思えてしまう。

 自分が納得した所に、真の幸せ・平和があると思います。


*********************************

 斉藤より

 明日は、クリスマスイブですね。宗教として大切にむかえる人達もい
れば、恋人や家族が楽しむ日としてむかえる人達もいる。
 では、「一人者はどうするのと」言わず、街のイルミネーションを眺
めて心を癒して欲しいと思います。

=================================

2)感想文について

 このメールマガジン(HP)で感じた事を感想文として、メールを送っ
ていただけますか。それをメールマガジンで紹介をしたいと思います。
 その時に、「メールマガジン記載希望」と書いてください。 

 また、その記載された感想も紹介をしたいと思います。

 トラブル防止をする為、記載する時は、記載確認をしてから載せたいと
思います。

 メールの送り先は YQS00155@nifty.ne.jp でお願いします。

 

                       斉藤和幸
2001-12-23
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 affectionately yours,with love. KazuyukiSaito

Eメール: YQS00155@nifty.ne.jp 又は yqs00155@m-net.ne.jp
H  P:  http://homepage1.nifty.com/kazuyukis/

------------------------------------------------------------------

このメールマガジンは下記を通じて発行しています。
『まぐまぐ』マガジン    ID: 0000047549
URL: http://www.mag2.com/
『メルマ!』マガジン    ID: m00019217   
URL: http://www.melma.com/
『メルマガ天国』マガジンID: 2786      
URL:http://melten.com/m/2786.html
『Macky!』マガジン   ID: kazuyuki      
URL:http://macky.nifty.com/cgi-bin/bndisp.cgi?M-ID=kazuyuki

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2000-10-01  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。