その他ニュース

銀座新聞ニュースメールマガジン

このメルマガは銀座新聞ニュース(ginzanews.com)の読者を対象に発行しております。政治、経済をはじめ、社会一般のニュースについて、編集子なりの独自の見解を述べております。一部はメールにて銀座新聞ニュースに配信されている情報を転載しています。

メルマガ情報

メルマガ情報は非表示設定にされています。

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

このメルマガは最新記事のみ公開されています。

いつもご購読ありがとうございます。最新のメルマガをお届けします。

2017/07/18

●----------------------------------------------●

銀座新聞ニュース メールマガジン 2017年7月18日

●----------------------------------------------●

銀座新聞ニュースから出戸出さんの著書第2弾「22世紀への指針ー四面楚歌の21世紀を生き延びる方策」(税別1000円)が刊行されています。

北東アジアでは2012年から2013年にかけてロシア、中国、日本、韓国と首脳が次々と交代し、新たな首脳の下、安倍首相はロシアの大統領以外とは首脳会談を開けず、緊張関係が続いていました。こうした緊張関係を見据え、日本の現状分析と打破する方策について説いているのが出戸出(でと・いづる)さんです。ぜひともご一読ください。

購入を希望する場合は、銀座新聞ニュースにメール(allginza@gmail.com)をお送りください。詳細をお知らせします。

●----------------------------------------------●

自費出版の注文を受け付けています。原稿がすでにあるけど、出版に悩んでいる方、原稿を書きたいけどどうしたらいいのかわからない方、編集、装丁、印刷製本の専門集団で自費出版に関するご相談に応じます。費用は大手の半値程度と大幅に安くしています。

また、「子孫へ贈る言葉」(動画、DVD)の注文も受け付けています。録画から編集を経て1枚のDVDに仕上げます。原稿を書くのは苦手でも、映像で子孫に語り継ぎたいという方に最適です。

ホームページの制作も承っております。

まずはallginza@gmail.comまで「自費出版」、「動画」、「ホームページ」とタイトルに記載して、希望する内容を書いてメールをお送りください。

●----------------------------------------------

この数日は晴れなので、洗濯日和になっています。むしろ暑いくらいで、すでに「梅雨明け」になっているにもかかわらず、気象庁としてはその機会を逃してしまい、いつ宣言すればいいのか、困っているのではないでしょうか。

プロ野球はオールスターで、どうも試合中にホームランを打った選手にインタビューしたり、出場していない選手を解説者席に招いたりと、「遊び心」が楽しめますが、いまひとつ緊張感がなく、面白くないですね。

セパ交流戦を辞めた方がいいという人もいますが、筆者はオールスターを辞めるか、メジャーと同じく1試合のみに制限した方がいいのではないかと思いますね。要するに、シーズン途中の「お祭り試合」はつまらないもので、かつてサッカーでも東西オールスターをやっていましたが、今ひとつ盛り上がりに欠けてやめてしまいました。

今年は浦和レッズがドルトムントと国際交流試合をし、さらには、鈴木啓太選手の引退試合までありました。ドルトムントの試合では若手の選手に2点もとられましたが、その選手がレッズがDF陣が強いことを指摘していました。

他方、引退試合では浦和レッズに関係した海外の選手をはじめ、国内の元A代表の選手が出てきたりと、結構楽しめました。試合よりも、昔レッズに所属した選手がどうしているのかが気になり、浦和レッズがリーグ優勝を果たした2006年に、所属したワシントン選手も40歳を超えており、ニコニコと走っていました。

そのほか、京都に所属する闘莉王選手、ブラジルで現役を引退した三都主さんなど、なつかしい名前が出てきました。リーグ優勝時の監督だったブッフバルトさんもいて、みんなが楽しそうにしていました。現役のオールスターよりも、もはや顔を見ることのない選手が、集まってくる試合の方が楽しいですね。

●閉会審議第2弾ー獣医学部不認可問題が解明されるのか
自民党が安倍さんも出席する予算委員会の開催に同意しましたが、なんと自民党の質問時間を野党と半々にしろと要求しています。前回の閉会審議で、自民党議員が前川喜平前文科次官へのいやがらせの質問をしたのにはあきれてしまいました。

読売の出会い系バーの記事は、週刊文春で実際に出会った女性との話が公表され、「売春の温床」という書き方が完全ないやがらせのためとわかり、前川さんの「出会い系バー通い」(ちょっとひんしゅくものではあっても)と「加計学園問題」は別と考えるのが一般的なのに、自民党議員はわざと出会い系バー通い問題を取り上げたり、加計問題とは関係のない話に誘導しようと試みました。

こういう無駄な話をするために、質問時間が使われるなら、むしろ自民党の質問時間をゼロにすることを考えるべきではないかと思います。要するに、主要なテーマと関係ない話で時間をつぶすくらいなら、自民党議員の質問は不要です。

岩盤規制に風穴をあける重要性と、なぜそれが加計学園に限定されたのかというアイマイな点をきちんと解明すべきなのに、岩盤規制に風穴をあけることしかいえない自民党議員では、質問をする必要性はないですね。

しかも、安倍さんは今後も獣医学部の新設を認可することを示唆していますが、その前にどうして文科省が何年間も新設を認めなかったのか、その理由がわからないので、ぜひとも解明してほしいですね。

いちおう、前回は民進党の蓮舫代表が前川さんが1月に次官辞職した際に、官房長官が地位に連綿と固執したという話が、官邸のスタッフから聞いた話にすぎず、自分との直接のやりとりではなかったことを明らかにしたので、前川さんの名誉が回復する方向に動いており、今の官邸スタッフの「忖度」ぶりがわかりますね。

これでは、官邸スタッフは、安倍さんへの「忖度」ばかりが働かせた可能性も否定できないですね。ただ、安倍さんが出席して、安倍さんに「忖度」について聞いても、答えは国会会期中の審議と同じ回答しかなく、話が進展しないでしょうね。

それなら、前川さんが名前を挙げた首相補佐官の和泉洋人さんらの出席のほうが大事ですね。和泉さんは元国交省住宅局長まで務めた方で、内閣官房地域活性化統合事務局長を最後に退官し、その直後、2012年10月から内閣官房参与として官邸に勤務したので、第2次安倍政権の成立直前から官邸にいたことになります。

安倍政権で首相補佐官となったので、役人の常として「親分」に仕える身としては、「親分」のために忖度するのは当然といえるかもしれませんね。国会に参考人として出席しても、「親分」が困るようなことを口にするとは思えないので、「忖度」について解明するのは難しいかもしれませんが。

また、獣医師を所管する農水省が、この問題について、どう見ているのかが今ひとつわかりません。獣医師が不足しているなら、そのことを指摘するべきなのに、農水省が明確に意見を言わないので、文科省が何年間も獣医学部の創設を認めなかったことに対する原因がわかりません。

野党としては、この審議をきっかけに国政レベルでも与党に打撃を与えて支持率を低くしようと考えているかもしれませんが、今の野党では支持率を増やすのは厳しいというしかありません。

●書評 休みます(142)
今週は1日勤労日が少ないため、書評は休みます。

●レコードチャイナの見出しです。とにかく、PRC(中華人民共和国)の動きがわかって面白いサイトです。ただ、リニューアルしたので、ひじょうに読みにくくなり、いつまで掲載を続けるか迷っています。ここに書かれている見出しをコピーして検索すると、記事が見られます。笑える話もあり、その真偽は?自分で確認してください。

<韓国型ヘリ、欠陥放置し無理やり戦力化>

<中国の「精子危機」は海外企業のチャンスとなる>

<現代自動車がスト決定、業界にストドミノ?>

<日本がベトナムで建設中の橋に品質問題>

<日本の電車に乗った子ダヌキに韓国人もほほ笑む>

<中国公船はなぜ日本の領海に侵入したのか>

----------------------------------------------------------
銀座新聞ニュースの最新ニュースをお届けいたします。当分の間、週1、2回程度でお送りします。また、記事、コラムの見出しだけを掲載し、URLは省略します。見出しを検索エンジンに入れると、その記事が見られます。

ヴァニラ画廊でギーガー、池谷友秀ら「ゴシック・受胎」展
丸善日本橋で井崎正治「木工品」展、加藤洋介、中矢嘉貴、城崎月甫も
ギャルリー志門で金東成「イス」展、彫刻凹版技法で
丸善丸の内で笹倉鉄平展、欧州18カ国描く
ヴァニラ画廊で高橋美貴展、天国でも地獄でもない境界線の世界
サニーヘルス、チキンサラダ、ゆで卵等でたん白質摂取して美やせを
丸善日本橋で別府の竹製品展、森友恵、岡田晃ら
豊橋市が豊洲で手筒花火、和太鼓も、「炎の祭典」PRで
ゼネラルオイスターが真ガキ、岩ガキを半額で
築地本願寺で婚活パーティ、カップルは盆踊り大会に招待
ダイナースCがフェリーチェ等イタリアンで定額ランチとディナー
ミキモトが真珠の首飾り展、モンローの愛用品も
東宝6月映画、15%減、5カ月連続、新作1本のみ
「土間土間」が生ビール100円フェア、夏季メニューも

【ケイシーの映画冗報】
俳優と監督の意思疎通が適切で成功した「J・ウィック2」(217)

【tamaoのOL独り言】


----------------------------------------------------------------
■「安倍さんちの台所」です。日程は大幅に省略されています。
就任1659日目の7月11日は(現地時間10日午後)、共同記者発表。夕食会。政府専用機でコペンハーゲン国際空港発。
(以上現地時間)

14時32分、ドイツでの20カ国・地域(G20)首脳会議出席など欧州歴訪を終え、政府専用機で羽田空港着。51分、同空港発。

15時11分、皇居着。帰国の記帳。19分、皇居発。

28分、官邸着。36分から50分まで、松本純防災担当相。54分から16時15分まで、福岡県・大分県等の大雨に関する関係閣僚会議。

18時33分、官邸発。35分、東京・永田町のザ・キャピトルホテル東急着。同ホテル内の中国料理店「星ケ岡」で秘書官と食事。

19時51分、同ホテル発。54分、公邸着。

ヨーロッパ訪問を終えて帰国しました、5日午後に出発し、6日目の11日に帰国したの4泊6日です。

帰国後、休養もとらず、仕事をこなして、夕食も秘書官ととって、時差ぼけの厳しい中で、すごいエネルギーですね。しかも、公邸に宿泊しています。

1660日目の7月12日は7時27分、公邸発。54分、羽田空港着。

8時7分、航空自衛隊のU4多用途支援機で同空港発。9時22分、大分空港着。同34分、同空港発。

11時4分、大分県日田市のJR久大線の鉄橋流失現場着。JR九州の青柳俊彦社長ら出迎え。青柳社長から被害状況の説明。22分、同所発。28分、同市の複合文化施設「AOSE」着。広瀬勝貞同県知事出迎え。避難所で被災者を激励。

55分、同所発。58分、同市役所着。高市早苗総務相同行。広瀬知事、原田啓介同市長、奥塚正典同県中津市長と意見交換。広瀬知事から緊急要望書受け取り。

12時39分、同所発。13時18分、福岡県東峰村役場着。小川洋同県知事、渋谷博昭同村長出迎え。渋谷村長から被害状況の説明。同村職員ら激励。

26分、同所発。27分、同村の保健福祉センター「いずみ館」着。避難所で被災者を激励。40分、同所発。

14時18分、同県朝倉市杷木星丸地区の土石流現場着。森田俊介同市長出迎え。黙とう、視察。44分、同所発。

15時20分、同市役所着。小川知事、森田市長と意見交換。要望書受け取り。

16時10分、同所発。58分、福岡空港着。

17時12分、空自のU4多用途支援機で同空港発。18時44分、羽田空港着。56分、同空港発。

19時51分、東京・富ケ谷の私邸着。

海外から帰国した翌日に九州視察です。時差ぼけが修正されない中で、飛行機で移動するとは、ほんとうにすごいですね。さすがに、帰京後は自宅に戻りました。でも、どこで昼食をとったのかがわからないので、時間的には日田市役所になるのでしょうけど、昼食については記載がなく、ちょっと気になりますね。こういう時は移動する車の中でとるようですが、この日はどうだったのかがわからないですね。

1661日目の7月13日は9時46分、私邸発。58分、官邸着。

12時2分から13時25分まで、二階俊博自民党幹事長、政治評論家の森田実氏と昼食。

14時1分、林幹雄同党幹事長代理が入った。15時24分から44分まで、岸田文雄外相。

17時33分から55分まで、神津里季生連合会長と会談。塩崎恭久厚生労働相、加藤勝信働き方改革担当相同席。

18時43分、官邸発。49分、東京・紀尾井町のホテル「ザ・プリンスギャラリー東京紀尾井町」着。同ホテル内のレストラン「WASHOKU 蒼天」で田崎史郎時事通信特別解説委員、島田敏男NHK解説副委員長ら報道関係者と会食。

21時53分、同ホテル発。22時10分、私邸着。

この日は午前は日程がゼロで、昼食を幹事長と政治評論家と一緒です。珍しい光景ですね。

夕方は連合会長と会談です。このところ、時々、連合会長と会っていますね。働き方改革の中で、微修正が入ったので、その説明でしょうね。

夜はプリンスの和食店で政治部の解説委員クラスと会食です。時事もNHKも安倍さんの応援団のようなものです。

1662日目の7月14日は9時42分から10時まで、環太平洋連携協定(TPP)等総合対策本部。3分から15分まで、閣議。

10時57分から11時3分まで、内閣府の河内隆、西川正郎新旧事務次官、幸田徳之、前川守両新内閣府審議官、武川光夫、羽深成樹両旧内閣府審議官。

4分から6分まで、総務省の安田充、佐藤文俊新旧事務次官。

7分から8分まで、法務省の舘内比佐志、定塚誠新旧訟務局長。

9分から10分まで、厚労省の蒲原基道、二川一男新旧事務次官。

11分から12分まで、国土交通省の毛利信二、武藤浩新旧事務次官。

20分から22分まで、環境省の森本英香、小林正明新旧事務次官。

13時37分から14時5分まで、石原伸晃経済再生担当相、内閣府の河内事務次官、前川内閣府審議官、新原浩朗、田和宏両政策統括官。

6分から10分まで、石原経済再生担当相。

13分から25分まで、河井克行首相補佐官。

30分から40分まで、外務省の山崎和之、片上慶一新旧外務審議官、下川真樹太官房長、斎木尚子研修所長、石兼公博前総合外交政策局長。
 
16時34分から17時3分まで、経済財政諮問会議。

18時15分、ヨルダンのムルキ首相兼国防相を出迎え。記念撮影。16分から21分まで、儀仗(ぎじょう)隊による栄誉礼、儀仗。

24分から19時14分まで、ムルキ首相と首脳会談全体会合。15分から19分まで、同首脳会談少人数会合。20分から38分まで、共同記者発表。

39分、官邸発。40分、公邸着。41分から20時38分まで、安倍晋三首相主催の夕食会。39分、ムルキ首相を見送り。54分、公邸発。21時8分、私邸着。

霞ヶ関の主要な役所で幹部の人事交代があり、あいさつで官邸訪問ですね。

夜はヨルダンの首相が訪日して、会談、会食です。

1663日目の7月15日は来客なく、1日、私邸で過ごす。

完全休養日です。外出はしなくても、ケータイ電話で連絡をとっているのでしょうけど。

1664日目の7月16日は10時45分、私邸発。57分、東京・渋谷の美容室「HAIR GUEST」着。散髪。12時26分、同所発。39分、私邸着。

18時5分から21時17分まで、荒井広幸元参院議員と会食。母親の洋子さん同席。

午前中は散髪です、夜は荒井さんと自宅で会食です。元自民党ですが、自宅で会食というのは珍しいですね。こういう時は、母親も一緒なんですね。

1665日目の7月17日は来客なく、1日、私邸で過ごす。

この日も予定なく、完全休養日です。閉会中の国会審議の日程が来週といわれているので、今週は少しゆっくりして、8月3日の内閣改造への人事を考えているのかしれないですね。

本日はここまでにします。

●----------------------------------------------------------------
◆本メールマガジンに関しては、「メルマ」から登録してください。

また、本メールに関するお問い合わせやメールアドレスの変更、配信の停止などは銀座新聞ニュースもお寄せください。

mailto:allginza@gmail.com

===============================================================

銀座新聞ニュース編集局

〒104-0061
東京都中央区銀座2-7-8
株式会社 銀座コミュニケーションズ

http://ginzanews.com/

===============================================================

最新のコメント

  • コメントはありません。