その他ニュース

銀座新聞ニュースメールマガジン

このメルマガは銀座新聞ニュース(ginzanews.com)の読者を対象に発行しております。政治、経済をはじめ、社会一般のニュースについて、編集子なりの独自の見解を述べております。一部はメールにて銀座新聞ニュースに配信されている情報を転載しています。

メルマガ情報

メルマガ情報は非表示設定にされています。

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

このメルマガは最新記事のみ公開されています。

いつもご購読ありがとうございます。最新のメルマガをお届けします。

2018/04/24

---------------------------------------------●

銀座新聞ニュース メールマガジン 2018年4月24日

「北朝鮮の甘言でも米朝会談実現は無理、日米FTAは牛肉と車で意味なし」

●----------------------------------------------●

銀座新聞ニュースから出戸出さんの著書第2弾「22世紀への指針ー四面楚歌の21世紀を生き延びる方策」(税別1000円)が刊行されています。

●----------------------------------------------●

自費出版の注文を受け付けています。原稿がすでにあるけど、出版に悩んでいる方、原稿を書きたいけどどうしたらいいのかわからない方、編集、装丁、印刷製本の専門集団で自費出版に関するご相談に応じます。費用は大手の半値程度と大幅に安くしています。

また、「子孫へ贈る言葉」(動画、DVD)の注文も受け付けています。録画から編集を経て1枚のDVDに仕上げます。原稿を書くのは苦手でも、映像で子孫に語り継ぎたいという方に最適です。

ホームページの制作も承っております。

まずはallginza@gmail.comまで「自費出版」、「動画」、「ホームページ」とタイトルに記載して、希望する内容を書いてメールをお送りください。

●本文はここから----------------------------------------------
先週は土曜日、日曜日ともいい天気でした。周囲を見ると、半袖で歩く人も増えており、初夏の雰囲気ですね。最近は警官がクルマを監視するだけでなく、自転車を監視することも増えていますが、土曜日夜に予想外のところに警官が立っており、驚きました。それは電車の上の歩道橋を降りたところで、下から見れば、ライトがついているかいないかすぐにわかるし、逃げられないので選んだのでしょうね。

筆者は昨年秋にオートライトつきの自転車に乗り換えたので、まったくライトのことを気にせずに乗れるので、助かっています。なので、警官が立っているのに驚きましたが、そのまま目の前を無視して通り過ぎることができました。

夜、家に帰る途中でよく警官が立っているのをみかけますが、ときどき、2人乗りの自転車やライトなしの自転車がつかまっているのをみかけます。いわゆるイエローカードをもらっているんですね。イエロー2枚でレッドカードになり、有料の講義を受けることになります。

ただ、その割に、雨の中で傘をさして自転車に乗っている人を多く見かけますが、あんまりイエローカードをもらっている人をみかけることはありません。そのせいか、傘をさす側も大胆で、傘をさして交番の前を通る人もいます。あれはどうしてカードを出さないのでしょうね。

ところで、北朝鮮の核実験、ミサイルの中止を表明しました。そのため、核実験場施設の廃止も打ち出しましたが、肝心の核兵器の廃絶には触れていません。しかも、いろいろなメディアによると、3月にCIA長官(次期国務長官)が北朝鮮を訪問した際に、北朝鮮のトップが米朝首脳会談では核兵器の廃絶時期については触れてほしくないと要望したそうです。CIA長官がなんと返事したのかは公表されていないのでわかりませんが、トランプさんが時期に触れないで、核兵器の実験取りやめを受け入れるのでしょうか。

ただ、6月に開かれる米朝首脳会談(筆者は開かれないとみていますが)が北朝鮮と関係国との正常化への一歩と受け取るべきで、当然、日朝首脳会談をはじめ、6カ国協議など、多くの舞台が日程化するはずです。そうした複数の会合の中で、北朝鮮が核廃絶、ミサイルの実験の中止をどう繰り返して、アジアの安全保障を担保していくかという話になります。

これができないなら、日米は北朝鮮の現在の経済制裁を堅持し、緩和には応じないはずです。北朝鮮側からすると、核実験、ミサイル実験の中止程度で、アメリカや日本の経済制裁を緩和できると期待しています。それには、核兵器廃絶時期、拉致問題の解決に向けての取り組みなど、一歩一歩進めていくことが必要です。

しかし、南北朝鮮の事務レベル会合、閣僚会合で韓国側が経済制裁緩和に向けたさまざまな「約束」をしたのではないかという疑念がわいてきます。冬季オリンピック終了後、韓国の政府特使の北朝鮮への派遣以降、日本にも特使が来ました。その際に、日本側は南北首脳会談で拉致問題を取り上げるよう要請しましたが、韓国側があいまいな態度に終始し、27日にある首脳会談で、拉致問題が議題に上ることは考えられません。

アメリカは韓国とのFTAの再度発動を、南北朝鮮首脳会談を見てから判断すると圧力をかけようとしています。しかし、韓国側が南北の統一にどこまで言及するのか。おそらくは話し合いを開始する程度でお茶を濁し、経済制裁緩和を表明するのではないでしょうか。

韓国は北朝鮮問題について、首脳会談後、日本やアメリカとの歩調を合わせることをやめて、独自に制裁緩和をはじめるのではないかと思えますね。あくまで韓国大統領の人気取りに利用されるだけで、北朝鮮の真意を探るという姿勢はほとんどないと思われますね。

北朝鮮との話し合いはいいことで、これをさまざまなレベルで続けるべきですが、他方で、北朝鮮首脳の発言を裏付ける証拠もなく、相手の話に安易に乗るのは、問題解決に何も役立たないということも肝に銘じるべきなのに、今の韓国を見ているとそうした問題意識が薄いように見えます。南北首脳会談で北朝鮮が何を表明し、韓国側が水面下で何を約束したのか(韓国の従来のやり方ではテーブルの上と下があり、公表されるのは上の話だけで、後日、下の話が出てくるのが普通)といったことも考えないと米朝会談のテーマが確定しません。

本来は場所が決まっていて、テーマの絞り込みとなるのが通常の外交のやり方なのに、4月末になるのに、まだ場所が確定していないのでは、果たして間に合うのか疑問ですね。アメリカの国の中なら、2週間もあれば問題ないですが、アメリカ以外の場所で会談するとなると、FBI、CIAが大統領の安全を確保するため、さまざまな事前調査をするはずで、その時間があるのかですね。

すべての空間を調査して、暗殺者が入り込む可能性も考慮して調べるので、スイスやスウェーデンでさえ、かなり時間をかけてビル、家、公園などさまざまな場所からの暗殺、または、時限装置の設置の可能性まで考えるので、おそらくは1カ月程度では間に合わないこともありえるので、会談場所によってはFBIが拒否することもありえます。

当然、アメリカ内というのは北朝鮮側が拒否するし、朝鮮半島内や中国での会談はアメリカ側が受け入れるはずもなく、結局場所がなかなか決まらずに、6月では流れてしまう可能性が大です。

その間に、北朝鮮側が次々と経済制裁緩和に向けた策を公表すると思われますが、あくまでまずは南北会談で何を打ち出すかですね。しかも、韓国は終了後に、内密の話をアメリカ側に打ち明けるのかも注目です。

核兵器、ミサイル以外に、南北間の経済交流、観光交流等の話はすでに事実上、合意していると思われますが、そうした朝鮮半島内の問題だけに限定するのか、半島を超えた話まで言及するのか、もっとも注目されるところです。

●日米FTAを意味があるのか
日米首脳会談でもっとも意見が合わなかった貿易不均衡問題で、財務大臣と副大統領の間に置かれている「日米経済対話」の枠組みの下に、日米貿易交渉担当大臣会合が設置されることになりました。

不思議なのは、財務大臣と副大統領の下に置かれている対話がまったく機能していないことです。本来は3、4カ月ごとに1回は日米相互で開くという話だったのに、昨年10月にワシントンで大臣、副大統領会合が開かれ、今年1月に課長級会合が開かれたところで、止まっています。

日本側は閣僚級会合を4月に開くことを提案し、アメリカ側が5、6月の開催を提案し、現在日程を調整中です。しかし、中身をみると、ほとんど具体的な話し合いはなされていないので、進展しているのかどうかがわかりません。こんごUSTRと経産省・農水省の事務レベル協議が開かれ、牛肉の関税引き下げ、自動車の対日輸出拡大を中心に話し合われると思います。

牛肉関税問題についてはTPPで協議するというのが日本の基本方針だし、クルマ問題は過去20年以上も議論してきてまったく改善されないので、アメリカ側が軽自動車の規格廃止(大型車に比べ軽自動車の有利な措置を廃止し、同じにする)という要望も、もし、日本側が軽自動車メーカーの反対を抑えて実施しても、日本市場で大型のアメリカ車がふえるどうかです。ほとんどアメリカ車の販売増に寄与しないと思われので、この話についてはせいぜい税制の優遇措置をなくすぐらいしかないですね。

それさえも、軽自動車業界は徹底的に反対すると思われますが、今や日本で売れているのは軽自動車ぐらいといわれているので、アメリカに配慮して、安倍政権としてその程度の措置を受け入れる可能性はありえますね。少なくとも、無回答という回答はしないでしょうね。安倍政権として、必ずアメリカ側の要望の一部を受け入れて、軽自動車の税制面を1000CC以上の規格車と同じ条件にして、お茶を濁すというのが決着点ではないでしょうか。

牛肉(冷凍)の関税措置も38.5%から引き下げることが考えられても、オーストラリアのように30%未満に引き下げるというのでは、TPP11が意味がなくなるので、30%台を維持しながらも、多少でも引き下げるというシナリオはありえます。当然、アメリカ側がそれで納得するはずがないですが、その場合にはTPPへの復帰を提案するのでしょうね。

ただ、1年以上も経ているのに、日米対話はこうした話し合いがされていません。いつから具体的な話し合いに入るのでしょうかね。テーマごとに具体的な話し合いが行われ、日本が決着点を見出そうとすると、アルミ、鉄鋼の制裁関税の対象外になる可能性も出てきますが、具体的な話し合いをしないとここまでの進展は期待できません。

●霞が関の記者クラブは独自のセクハラ調査を
財務省が官房長が中心になって記者側へのセクハラ問題を調査するので協力してほしいとの要望に、財政研究会(記者クラブ、通称・財研)は協力できないとの抗議文を出しました。

ちょっとあっけにとられてしまいました。財務省側の要望は無視しても、記者クラブとして男性も含めて、対象を財務省の幹部に広げて、セクハラを受けたかどうかを独自調査をするべきです。

幹事社が中心になって、社名を特定せず、個人名も明記せず、ただ単に財務省幹部からのセクハラについて、男女を問わず、直接被害を受けたか、そうした事実を見聞したことがあるか、を聞くだけでいいのです。しかも、筆記体もわからないようにするため、パソコンでプリントしたものを箱に入れてもらうだけで、幹事社はその結果をまとめて、記者クラブ総会で了解を得た上で、官房長(あるいは広報室長を通じて)に提出すればいいのではないでしょうか。

例えば、
1)あなたは財務省幹部からセクハラを受けたことがありますか?あるいは同僚の記者あるいは他社の記者が、財務省幹部からセクハラを受けたことを聞いたことがありますか?

2)1)について「ある」と回答した方は、相手の名前と役職を記載できますか?

3)1)について「ある」と回答した方は、その時期(年月)と場所(例えば、ホテルなどの会食の際、居酒屋での会食の際、バーでの飲食の際など)を書くことができますか?

以上です。

当然、1)についての結果は統計的にまとめればいいだけです。

2)と3)については、財務省の幹部からすると、それを書いた人物を特定できてしまうので、個人名を挙げたり、場所を具体的に書くのは難しいと思いますが、それでも前事務次官以外にもセクハラをしている人物が浮上するかもしれないので、記者クラブとしてこの程度の調査はするべきです。

もっといえば、財務省のケースを端緒に、ほかの霞が関の記者クラブでもクラブ所属記者を対象に、上記のような調査をしてもいいのではないでしょうか。もし、幹部によるセクハラの実態が明らかになれば、官房長には個人名をあげずに、記者から過去に幹部からのセクハラを受けたとの指摘があったので、注意を喚起してほしいといった要望書を提出することができます。

今回の財務省次官のケースは、セクハラをした側はセクハラという認識がなく、セクハラ被害を受けた記者側もそれをだれにも言えず悩んでいたわけで、実態調査程度はしてもいいのではないでしょうか。とにかく、今回の財務次官のケースは役所側、記者側にとっても不幸なケースで、ほかの省庁でもそうした例があるなら、早いうちに芽を摘んでしまうことです。第2、第3の週刊誌化は避けるべきです。

●なでしこがアジアカップを優勝
あんまり期待していなかった高倉(麻子)なでしこジャパンがアジアカップでアジアでもっとも強いオーストラリアに1対ゼロで勝利して、優勝しました。とにかく、高倉さん率いる日本代表は、ずっとダメで、今回の女子アジアカップも2019年女子フランスワールドカップの出場権を得られればいいので、グループ別予選で2位につけて、決勝ラウンド進出できればOK、もし3位になっても、3位同士の戦いに勝利すれば出場権を得られると踏んでいました。

初戦のベトナム戦で4点しか取れず、オーストラリアがベトナム相手に7点をとり、韓国がベトナム相手に4点で勝つという結果でした。ところが、今回のアジアカップの予選の順位の決め方は、当該相手の中の勝敗、得点となり、グループでは2戦終了時点で日本、オーストラリアが勝ち点4、韓国が勝ち点2点で3位でした。

最終戦で日本とオーストラリア戦の段階では、韓国はすでに両国とゼロ点で引き分けていたので、韓国対ベトナム戦は決勝ラウンド進出に関係ない試合となりました。ただし、もし、日豪戦でどちらかが負けると、韓国が勝ち点5で2位以上が決まることになります。

他方で、日豪戦で1点を取って引き分ければ、両チームとも決勝ラウンド進出するということになり、実際、1対1になり、最後の15分間は、日本側が監督の指示で、後ろでボールを回して、時間切れ引き分けを狙い、オーストラリアもそれを見守るだけで、ボールを奪いにくることもなく、双方の思惑通りになりました。

その結果、1位がオーストラリア、2位が日本で、日本は別のグループの1位の中国と戦い、オーストラリアは2位のタイとの一戦になり、それぞれ日本とオーストラリアが勝って、再度、決勝戦で日豪戦になり、日本が後半に1点とって勝ちました。

前半にはオーストラリアにPKを奪われるという苦しい展開でしたが、そのPKをキーパーが止め、シュート数も日本のわずか5本に対して、オーストラリアが22本と一方的に攻め込まれる試合でした。それでも後半に出た横山久美選手が1点をとり、優勝しました。

まったく強くなかった選手が1戦ごとに強くなり、実に不思議な結果です。ただ、来年のフランスワールドカップとなると、ドイツをはじめ強豪国が出てきますので、予選リーグを突破することも難しいかもしれませんね。むしろ、ここを経験する場所と考えて、2020年の東京オリンピックこそ本番ととらえた方がいいかもしれませんね。来年のワールドカップは決勝ラウンド進出が目標で、出られなくても仕方ない程度の戦力と思われます。

●書評 (164)
休みます。

●レコードチャイナの見出しです。とにかく、PRC(中華人民共和国)の動きがわかって面白いサイトです。ただ、リニューアルしたので、ひじょうに読みにくくなり、いつまで掲載を続けるか迷っています。ここに書かれている見出しをコピーして検索すると、記事が見られます。笑える話もあり、その真偽は?自分で確認してください。

<北朝鮮でバス転落事故、中国人32人死亡>

<韓国撮影を記念した彫刻、またも破壊>

<北、「核実験場廃棄」を宣言、韓国ネットは…>

<ボート転覆、なぜ17人も死亡?>

<台湾ビール缶に旧日本軍イラスト>

<ソウルの安全意識は不十分?>

<羽生パレード後の光景に称賛>

<ディリラバ、日本人も驚きの美貌>

<中国が台湾近海で演習、狙いは…>

<ベトナム民間人虐殺、模擬裁判で有罪>

<EU27カ国大使、一帯一路に連名で反対>

<中国初の国産空母、遼寧号と用途は別>

<日本にはおかしな条例がたくさん>

<鎌倉大仏に大量のガム、中国でも話題に>

---------------------------------------------------------------------●

銀座新聞ニュースの最新ニュースをお届けいたします。当分の間、週1、2回程度でお送りします。また、記事、コラムの見出しだけを掲載し、URLは省略します。見出しを検索エンジンに入れると、その記事が見られます。

丸の内でGWにアートピアノやジュルネ関連イベント
日本橋・京橋画廊が美術祭、宝満堂、祥雲等88店、トークも
丸善日本橋で岩本倫子「作陶」展
M84でシーフらが撮影したS・ベルナールら芸術家展
丸善丸の内で、たなかしん新作展
丸善日本橋で美濃桃山陶展、荒川豊蔵が再現
TOHO日比谷「ラプラス」桜井翔、広瀬すずら挨拶
蔦屋書店で近藤亜樹「花と小さな生き物」展
大丸松坂屋画廊でギメル展、四季を彩る
ピカデリ「ママレード」桜井日奈子、吉沢亮ら舞台挨拶
丸善丸の内で透明水彩会展、福井良佑、加藤潤、松林淳ら
TOHO日比谷「となりの怪物」菅田将暉、土屋太鳳ら挨拶

【ケイシーの映画冗報】
制作陣が子供心で取り組んだ「アップライジング」(236)

【tamaoのOL独り言】

----------------------------------------------------------------
■「安倍さんちの台所」です。日程は大幅に省略されています。
就任1939目の4月17日は8時25分、官邸着。

35分から43分まで、閣議。

11時57分、官邸発。12時15分、羽田空港着。

45分、トランプ米大統領との首脳会談のため、昭恵夫人とともに政府専用機で米フロリダ州に向け同空港発。

午前中の閣議を経て、昼ころにアメリカに向けて出発です。通常、短い滞在で、重要な政治問題がある場合は、夫人を同行しないものですが、今回はバーバラ夫人との交流を深めてもらって、夫人による側面支援を想定しているんでしょうね。

1940目の4月18日(現地時間17日午後)は、政府専用機で米フロリダ州のパームビーチ国際空港着。パームビーチのトランプ米大統領の別荘「マールアラーゴ」で日米首脳会談。

昭恵夫人とともにトランプ氏夫妻と夕食会。

同所泊。

18日午前、米フロリダ州ウエストパームビーチのゴルフ場「トランプ・インターナショナル・ゴルフ・クラブ」でトランプ米大統領とゴルフ。

到着してすぐに北朝鮮問題で会談し、夫人はバーバラさんと一緒に街に出ました。

夕食は夫婦一緒です。宿泊も別荘ですが、大統領になってからは、おそらく盗聴器をほとんどの部屋に設置してあるので、夫婦でも会話は誰が聞いても問題ないものばかりで、日本との電話は外に出ないとできませんね。あるいは、映画なら、シャワールームでシャワーを流しながら電話をするということもありえますが、シャワーの音があっても、電話の声が聞こえるのでしょうかね。

1941目の4月19日(現地時間18日午後)は、米フロリダ州パームビーチのトランプ米大統領の別荘「マールアラーゴ」で日米首脳会談。

トランプ氏と共同記者会見。昭恵夫人とともにトランプ氏夫妻らと夕食会。同所泊。

19日午前、政府専用機でパームビーチ国際空港発。

本日は貿易問題について協議しましたが、トランプさんはTPPへの復帰を受け入れませんでした。2カ国間協議では、クルマ問題について、進展が望めないので、日本としては多国間の方がやりやすいのでしょうけど、トランプさんは成果が見えやすいバイ協議を希望しています。時間がかかりますね。

それにしてもわずか2泊して、帰国です。ひじょうに疲れますが、その代わりに、時差ボケがほとんどないといわれています。

1942目の4月20日は16時13分、トランプ米大統領との首脳会談を終え、昭恵夫人とともに政府専用機で羽田空港着。30分、同空港発。

48分、東京・芝公園のホテル「ザ・プリンスパークタワー東京」着。同ホテル内の宴会場「ボールルーム」で、自民党都道府県議会議員らの研修会に出席し、講演。

18時1分、同宴会場で同党都道府県議らの懇親会に出席し、あいさつ。

43分、同ホテル発。19時、東京・紀尾井町のホテルニューオータニ着。同ホテル内の宴会場「鳳凰の間」で昭恵夫人とともに「安倍晋三後援会 桜を見る会前夜祭」に出席。

20時37分、同ホテル発。45分、東京・虎ノ門のホテル「アンダーズ東京」着。

21時2分、同ホテル発。

16時過ぎに羽田に到着して、自民党関連の行事に出席して、その後は自らの後援会に出るなど、大変ですね。

1943目の4月21日は7時39分、東京・富ケ谷の私邸発。

48分、東京・内藤町の新宿御苑着。

49分から8時29分まで、昭恵夫人とともに吉田尚正警視総監ら警視庁幹部、前田晋太郎山口県下関市長、地元の後援会関係者らと写真撮影。

54分から10時10分まで、首相主催の「桜を見る会」。あいさつ。将棋の加藤一二三・九段、スピードスケート女子の高木美帆選手、歌手のピコ太郎さんらと写真撮影。

27分、同所発。37分、私邸着。

11時55分から14時22分まで、成蹊小学校の同級生と食事。

16時59分、私邸発。

17時12分、公邸着。

朝から新宿御苑で恒例の桜を見る会です。さまざまな招待客がいて、1時間30分ほど記念写真撮影です。

昼は自宅で小学校の同級生と会食です。

1944目の4月22日は12時38分、公邸発。

42分、東京・平河町の砂防会館別館着。

47分から13時48分まで、同所内の会議室「六甲」で北朝鮮による拉致被害者家族会の飯塚繁雄代表、横田拓也事務局長、横田早紀江さんらと面会。加藤勝信拉致問題担当相ら同席。

59分から14時26分まで、同所内の会議室「シェーンバッハ・サボー」で拉致問題の国民大集会に出席し、あいさつ。

27分、同所発。44分、東京・富ケ谷の私邸着。

この日は、拉致問題の国民大集会です。日米首脳会談で、米朝首脳会談で拉致問題を取り上げるとの約束をしてもらい、それを報告したわけですね。横田夫婦の息子の横田事務局長が近く訪米して、大統領に感謝を示すようです。本来は米朝首脳会談が実現して、実際に取り上げてもらったら、ホワイトハウスに御礼をこめて訪問するのはいいことですが、その前にホワイトハウスを訪問しても、米朝会議が実現するかどうかは微妙な時期なので、訪問が実現しても、トランプさんとしては、あんまりはっきりしたことはいえない時期ですね。

1945目の4月23日は9時10分、私邸発。27分、皇居着。帰国の記帳。

35分、皇居発。42分、官邸着。

10時2分から9分まで、情報保全諮問会議。

15時48分、官邸発。16時、東京・富士見の日本歯科大付属病院着。歯の治療。

30分、同所発。44分、国会着。45分、院内大臣室へ。17時1分、同室を出て、同2分、自民党総裁室へ。

3分から30分まで、同党役員会。31分、同室を出て、32分、国会発。34分、官邸着。

18時20分、官邸発。28分、東京・紀尾井町のホテルニューオータニ着。同ホテル内の宴会場「鶴の間」で自民党二階派のパーティーに出席し、あいさつ。38分、ホテル発。44分、公邸着。公邸泊。

本日はこれという日程がなく、どちらかというとヒマな感じで、なので歯の治療までしています。

夜は二階派のパーティーで、あいさつしています。メディアによっては、二階さんが安倍さんの3選を支持していないという見方を書いていますが、こういうパーティに顔を出しているところをみると、二階さんは安倍3選を支持したままではないでしょうか。だいたい、ほかの候補者に乗った場合、二階さんが幹事長として影響力を誇示できるかどうか微妙です。安倍政権が続くて、二階さんの幹事長も続くので、二階さんとしては安倍さんと心中するしかないという心境ではないでしょうか。

本日はここまでにします。

●----------------------------------------------------------------
◆本メールマガジンに関しては、「メルマ」から登録してくださえい。

また、本メールに関するお問い合わせやメールアドレスの変更、配信の停止などは銀座新聞ニュースもお寄せください。

mailto:allginza@gmail.com

===============================================================

銀座新聞ニュース編集局

〒104-0061
東京都中央区銀座2-7-8
株式会社 銀座コミュニケーションズ

http://ginzanews.net/

===============================================================

最新のコメント

  • 名無しさん2018-01-09 19:33:16

    今上天皇陛下が譲位なされて上皇になられても、国から宮内庁を通して皇族費が出る以上はどのようなお考えを持っても、正直に口に出されることは出来ないと思われます。

    上皇になられても意見を述べることは非常に難しいでしょうね。

  • 名無しさん2017-11-29 03:11:38

    北朝鮮への大量の食料援助は中国やロシアへと売られて金になり、その金が兵器開発などに使われます。

    兵士への食事になったとしても、それで英気を養った兵士が攻撃してくることを考えれば、食料援助など無理な話である。