時事・世論

ニュースの護美箱

ラジオの時事政治番組で、OA後はゴミ箱行きとなる国内外のニュース資料。 番組P兼構成作家が気になったネタに寸評を添えてご紹介。 みなさまの話のタネになれば幸甚です。

メルマガ情報

創刊日:2011-09-29  
最終発行日:2018-02-22  
発行周期:不定期/週3囘程度発行  
Score!: 100 点   

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

このメルマガは最新記事のみ公開されています。

ニュースの護美箱/第681号:2018.02.21〜22

2018/02/22

【ひとこと】
そんなに金メダル、金メダルと言わないで下さい。
うまく飛んだものが勝つ、それだけですから……。
by笠谷幸生(スキージャンプ選手・札幌五輪金メダリスト)

【ひとごと】
冬季五輪は自然と共存する競技が多い。
選手たちのパフォーマンスとともに、自然環境も忘れないようにしたい。

平昌のコンディションは最悪だそうけれども(´・ω・`)

by鎌


--
■21日(水)
--

●「官邸のご意向」から進化、国会答弁中の官僚に「PMの指示」【忖度/週刊ポスト】

佐川宣寿・国税庁長官の罷免を求める署名が2万人に達し、霞が関の財務省本庁舎には“反佐川”のデモ隊が押しかけた。ところが、国民が怒れば怒るほど、官邸では佐川氏の評価がうなぎ登りだという。昨年の通常国会の答弁で、森友学園に国有地が格安で売却された問題をめぐり、「記録は速やかに廃棄した」との説明を堂々行ない、疑惑の拡大を食い止めたためだ。佐川氏はその功績もあってか国税庁長官に出世した。

「関係省庁の幹部がモリカケ問題の答弁で細かい手続きを説明すると、途中で“もっとはっきり否定せよ”といったメモが入る。そこには“PMの指示”と書かれていて、総理からダメ出しされているという意味だ。メモがくれば幹部は飛び上がって指示通りに答弁する」(某省の国会担当) 「PM」とはPrime Minister(首相)の略で、モリカケ疑惑で「官邸のご意向」と書かれた文書が問題になったことから、官邸という言葉のかわりにPMという符牒が使われるようになったという。

この実態を官僚から聞いたというノンフィクション作家の森功氏が指摘する。「官邸は疑惑を全否定した佐川長官の答弁を完璧だったと評価しているから、他の官僚が気に食わない答弁をすると、“佐川を見習え”という警告を込めてPMメモを出している」
これまで政権に疑惑が持ち上がると「忖度」という言葉が使われ、総理は指示していないのに官僚が勝手に推し量ってやったという印象が作られてきた。しかし、PMメモの存在は、いまや忖度ではなく、政権(政治家)が具体的な指示を出して官僚の答弁を自分たちの都合のいいように操っていることを示している。

深刻なのは、その結果、官邸の指示に唯々諾々と従うことで出世しようという“佐川現象”が広がり、権力者のために平気で国民を欺く第二、第三の佐川氏的官僚が増殖していくことだ。

▽記事を見ると、いかにも「ワンマン首相とゴマすり官僚」という構図になるが、そもそも内閣人事局制度ができてはや5年、「政治家も頭が上がらない○○省事務次官」みたいな勢力が一掃されたことはまず評価すべきかと。

第一次安倍内閣も、原発後の菅政権も、そして消費税増税をめぐる民主と自民の交代劇も、みーんなこれにやられてきた。今だって、まだ財務省の概算要求制度は残ってますからね。
国民の税金の使い道を、国民が決められない構図です。

アメリカは大統領が変わると、行政のスタッフ1万人以上が一斉に首となって新しく雇い入れるそうな。
日本もそれくらい強固な官邸主導ピラミッドにしたほうがいいと考えています。

各省庁内で縦割り・学閥・忖度が跋扈して、族議員だらけでよってたかって日本を没落させていったバブル前後より、はるかにマシだと思えるのです。

とはいえ「PM」ってまたなんだかね…中国の大気汚染じゃないんだからさ…。

--
●教育充実、国に努力義務=改憲条文案、21日に集約−自民【改憲/時事】

自民党憲法改正推進本部(細田博之本部長)は20日の執行役員会で、教育の充実に関する改憲条文案を提示した。教育の機会均等などを定めた26条に、教育環境の整備に向けた国の努力義務規定を新たに設ける。21日の全体会合で了承が得られれば党の改憲案として位置付ける。条文案は、26条1、2項に3項を新設し、「国は教育環境の整備に努めなければならない」などの表現を盛り込んだ。2012年の党改憲草案の内容を基本的に踏襲する。

日本維新の会が唱える教育無償化の明文化については、自民党内に財源確保への懸念があることから見送る。一方、維新の改憲案にある「経済的理由により教育を受ける機会を奪われない」との表現を26条1項に加え、同党への配慮を示す。
また、公金の在り方を定めた89条では、私学助成が合憲であることを明確にする。推進本部は今後、個別の条文案に関する党内の意見集約を急ぎ、3月25日の党大会までの改憲案策定を目指す。

▽政党の執行役員が集って文言を練り、その政党内で意見集約して、党大会で決めていくとのこと。
……おい、それって立法府で政党が法案つくる流れじゃねえかよ、国民はどこだよwww

挙句には努力目標だの経済的事由だのキラキラピカピカに装飾したところで「公金の私学投入」をまず最優先にしたりするから、「慶應お坊ちゃまのお友達内閣」のそしりを免れないんですよ。

問題は、これに反対する人がいないだろうこと。みーんな関係者だもん。霞が関は上記人事局の影響下で、かつ相変わらずの東大学閥だし……「頭のいいバカ」が束になると、ほんと始末が悪いのです。

ウソとはいわずともゴマカシ・ハッタリでいくなら、もうちょっとバレないよう根回しやアリバイ作りをうまくやりましょう(´・ω・`)アホラシ

--
●アルマーニ採用で嫌がらせ 登下校中の児童が服つままれるなど【いじめ/東京新聞】

イタリアの高級ブランド「アルマーニ」がデザインを監修する新制服の採用を決めた東京・銀座の中央区立泰明(たいめい)小学校で、複数の児童が登下校中に通行人から服をつままれるなどの嫌がらせを受けていたことが、区への取材で分かった。区教育委員会と同校は通学路に職員を配置し、見守りを強化している。
区によると、新制服の採用が表面化した今月八日以降、児童が通行人に服をつままれて「これがアルマーニなのか」と声を掛けられたほか、別の児童も「あれが泰明小の子か」などと言われたという。児童から学校側に報告があった。


ほら言った通り、これも「頭がいいバカ」の問題です。
ついでに、アルマーニはデザイン監修だけだからね。国語辞典の金田一京助状態だからね。
しっかし、いじられる子どもはたまったもんじゃない。
よってタグは「いじめ」。校長による生徒へのいじめです。



--●米フォーチュン誌「NBCの日本植民支配に対する擁護発言は真実」【平昌五輪報道/中央日報】

2018平昌(ピョンチャン)冬季オリンピック(五輪)開会式で、日本の植民支配を擁護する発言をした米国内五輪主管放送局NBCの解説者ジョシュア・クーパー・ラモ氏が謝罪した中で、米ビジネス誌フォーチュン(Fortune)が彼の発言を擁護した事実が一歩遅れて知らされた。

19日、KBS(韓国放送公社)によると、12日(現地時間)フォーチュン誌は「ラモ氏の韓国に関する解説は重要な真実を含めている」という見出しの論評を掲載した。 作成者であるノーマン・パールスティーン氏は「ラモ氏の発言は大変重要な真実を含んでおり、彼が消えたというのは真に残念だ」と明らかにした。 

9日、ラモ氏は平昌五輪開会式の中継中に「日本が1910年から1945年まで韓国を強制的に占領したが、すべての韓国人は発展過程で日本が文化や技術、経済的に重要なモデルになったと話すだろう」と発言した。
論争が起こるとNBCは11日「韓国人が侮辱感を感じたことを認め、謝罪する」としてラモ氏をこれ以上今回の大会期間に出演させないと明らかにした。

ラモ氏は14日「忘れられてはいけない韓国史の一部分を無視し、あるいは無礼な発言をしようとする意図はなかった」として謝罪した。 

パールスティーン氏はこれに関連して朴正熙(パク・チョンヒ)元大統領を例に挙げてラモ氏の発言に真実が含まれていると主張した。 韓国戦争(朝鮮戦争)で荒廃した韓国の経済を暗殺される前まで朴元大統領が成長させたが、そのような朴元大統領は日本軍隊学校で訓練を受け、韓国の名前を2回も捨てて日本名を使用したということだ。 また、1963年に彼が大統領職を引き受けた後、日本式軍国主義の要素を取り入れ、日本の経済政策を模倣したと主張した。

さらに、「日本の商工省が国家成長を主導することを韓国の産業通商資源部が模倣し、財閥統制を通じて国家の生産性を高める方式は日本式大企業形態である『財閥』を模倣したもの」と評価した。補足としてパールスティーン氏は、ラモ氏が「すべての韓国人」たちが日本の影響力を認めると話す不要な誇張法を使ったが、生放送だったことを理解する必要があると書いた。 

「韓国人は韓国の成長が自身たちの文化と歴史から反映されたということを誇らしく思っている」として「最近、韓国は米国と中国をはじめ、様々な国から学んでいる。ラモ氏は韓国が日本からいかに多く学んだかについて注目した」と付け加えた。 
該当論評を書いたパールスティーン氏は1970年代にウォール・ストリート・ジャーナルで日本と韓国を担当した記者出身であり、タイム誌で編集局長を務めた人物だ。


長いのですが、削れるところがないもので。
やや日本側に立ったような記事ですが、ありがた迷惑ですな。

まず1行目「植民支配」という誤報を糺せ(`・ω・´)
「日韓併合」の理由と事後の中身を正しく学べ、フォーチューン誌よ。
おのれの母国ら欧米列強がインドやアジアにもたらした、蹂躙・搾取の植民地政策とはまるで違うことを知らぬはずもなかろうに。

「韓国人は韓国の成長が……」のくだりは嗤うしかない。
朝鮮戦争によって国を分断したのは、おのれらとソ連の愚かな代理戦争が原因ではないか。
せめて「朝鮮人は大韓民国の成長が……」とするのが正しいわけで、「朝鮮人」と「韓国人」を上手に使い分けるのは、しょせんポジショントークでしかない。

WSJからTIME編集局長との来歴・肩書きには恐れ入るが、今はモウロクしたのかな。
ま、人民日報なので、編集加工されているのかもしれませんけれど。

--
●日本人の身長が低くなった!昭和55年以降生まれで確認【日本人/産経新聞】

衛生状態の改善とともに、長期にわたって伸びてきた日本人の成人の平均身長が、昭和55(1980)年生まれ以降、縮む傾向にあることが、国立成育医療研究センター研究所の森崎菜穂室長らのチームの調査で分かった。最新の平成8(1996)年生まれの平均を見ると、男性はピーク時に比べ0.64センチ、女性は0.21センチ低い。差はわずかだが、低下傾向は明確だ。

▽昭和52年生まれの165cmなので、あたいは平均以下ですな……( ?_?)ドヨーン

余談ながら、これでもワタクシ一応“嘉祥流観相学会・観士”という、学会内では一番低レベル(笑)な「顔相」のお勉強を修めております。
創始者の藤木相元さんが逝去されてから醜い跡目後継者争いが勃発して分裂、今では総会もない悲惨な現状ですが、藤木師からいつも諭されたのは“脳が顔を作る”ということ。
人間の顔の設計図はどこにある?と考えて行き着く真髄なのですが、体格の特徴もまた、同じなんだろうと考えています。

「部屋の壁に、なりたい芸能人の顔を貼っておくと、いずれそうなる」という都市伝説は、あながち間違いではないかと。
絶えず脳内に顏の情報が入ってくるので、何らかの影響は出る。

逆説的に、ニュースやメディアで情報はいつもアップデートされますから、「やくざっぽい顔」「犯罪者みたいな顔」「なんかイヤな顔」という直感的な認識も、結構、信じていい。

前号の高須院長さんの言葉ではないですが、ブス(真意:無表情)は自意識なのでもちろんのこと、ブサイク(バランス考)もまた「自分で変えられる」と、藤木さんの顔相学では考えて指南しています。

さて、あたしの身長も伸びるかな。アニメばっかり見てるからダメかな。
……あれ、そういえばあたし目はデカイし、まつ毛もめちゃ長いぞ(爆)

--
■22日(木)
--

●労働時間、異常値117件=裁量制で新たに判明−厚労省調査【裁量労働制/時事】

加藤勝信厚生労働相は22日午前の衆院予算委員会で、裁量労働制をめぐり厚労省が実施した労働時間の調査データで、同じ人の1週分の残業時間が1カ月分より長いといった異常値が少なくとも87事業所で計117件あったと説明した。他にも異常値がないか精査を続ける方針も示した。立憲民主党の岡本章子氏への答弁。

異常データが新たに判明したのは、2013年度労働時間等総合実態調査。安倍晋三首相が裁量労働制の対象拡大を含む「働き方改革」関連法案を推すため、一般労働者の労働時間と不適切に比較した際に基にしたのと同じ調査だ。
 立憲が調査データを分析したところ、ある人の残業時間は1週分「35時間」に対し、1カ月分が「2時間30分」と極端に短かった。別の人は1日分「15時間」に対し、1週分が「3時間」だった。厚労省は「誤記、入力ミスも考えられるので検証している」。
岡本氏は異常データの存在を受け、法案提出を取りやめて労働時間の実態を精査するよう求めた。加藤氏は「労働政策審議会(厚労相の諮問機関)の結論を変えなければならないとは認識していない」として、法案提出を目指す考えを強調した。


これについてはブラック企業対策のNPO法人POSSE代表の今野さんが慧眼の指摘。
@konno_haruki――裁量労働であれば、会社が設定した9時から17時の時間にとらわれずに、子供の送り迎えをするなど、自由に働ける(というのが)首相の主張。だが、そのような働き方は、「フレックスタイム制」でまったく可能。裁量労働性は、8時間を超えた残業代がゼロになるだけ。
――繰り返しになるが「労働時間を自由にする」だけなら、フレックスタイム制で何も問題はない。残業代を不払いにしようとする場合にだけ、裁量労働制が必要になる。さらには、残業代をゼロにしなければ、労働者に裁量を与えることは今も可能。こんな当たり前の事実さえ歪めた発言を首相が繰り返すことの愚―引用ここまで―

基本的に安倍政権支持派なのですが、こればっかりは厚労省がアホすぎる。もはや政権与党に勝ち目はないね。法案提出が1年延期されたそうですが、1年でほとぼりが冷めるかしら。
なお、POSSEは2/25(日)、「裁量労働制・残業代不払い相談ホットライン」(0120-333-774)を実施。不当にこき使われていると思う方はぜひどうぞ。


--
●島根で「竹島の日」記念式典=内閣府政務官6年連続出席【竹島/時事】

島根県が竹島(隠岐の島町)の領有権確立を目指し、条例で定めた「竹島の日」の13回目の記念式典が22日、県などの主催により松江市内で開かれた。式典には政府代表として内閣府の山下雄平政務官が出席。政務官の出席は2013年から6年連続で、韓国の反発も予想される。式典には国会議員や県議会議員、県民ら約500人が参加。地元選出の細田博之自民党憲法改正推進本部長や、病気治療のため欠席した溝口善兵衛知事に代わって、藤原孝行副知事らがあいさつする。
竹島をめぐっては、平昌冬季五輪開会前の4日に行われたアイスホッケー女子の韓国・北朝鮮合同チームの練習試合で、竹島が描かれた統一旗が会場で掲げられ、日本政府は外交ルートを通じて韓国に抗議。9日の開会式の合同入場行進では、竹島抜きの統一旗が使われた。

※関連●島根県「竹島の日」で式典、会場近くでもみ合いも【竹島/TBS】

22日午後、松江市で13回目となる記念式典が開かれますが、政府からの出席者は、内閣府の山下雄平政務官で、韓国への配慮からか、今回も地元が求める閣僚の出席は実現しませんでした。 そして先ほど、竹島の日に反対する韓国の市民団体が会場近くに姿を現すと、それに反対する日本のグループともみ合いになり、周囲は一時騒然となりました。


渡来系抗議団体(笑)を「なんで入国させた?」とネットの声。データとっておくんじゃないかしらね。
少し地元民よりのナレーションですが、これはなんと反日メディアと呼び声高き毎日新聞系TBSのニュース。坂本弁護士、オウム、と考えれば、実は韓国よりも北朝鮮寄りってことになるんだけど…竹島騒動は隠さず報道するのね。うーん、やっぱり日本は反日政策国に対しては、共食いの潰し合いをさせたほうがラクかもねえ(´・ω・`)天下三分の計w

とはいえ、やっとこ他の全国紙でも、この日にダンマリできなくなってきたことは素直に喜ばしい。まだ島根で草の根団体だった頃(当時「県土・竹島を守る会」名義)、梶谷事務局長に電話でラジオに御出演いただいた。記録を見ると2011年10月28日。政務官が出席を始めるのはその2年後からだ。

ただし、この時事通信の記事については、2か所、気になるところがある。
一つは中盤の「韓国の反発が予想される」との中締め文。なんだこりゃ、どの視点で語ってやがる。韓国「政府」だろーが。そんなに日韓感情を悪化させたいかね。大多数の韓国民は(とくに若手は)親日傾向がめばえつつあり、中国に媚びる大統領にNOを突きつけてるんだぜぃ?(韓国世論調査より)

もう一つは、末文の平昌五輪の統一旗のくだり。
このメルマガでもご紹介した通り、確かに開会式ではひっこめたが、試合会場ではまたもや統一旗が振られたことが割愛されている。まるでおとなしく北朝鮮が従ったか、なんなら日本が抗議して、抑圧的に「半島統一のシンボルを撤去させた」かのようなミスリードが生まれかねない。
まったく、どこの国の通信社だお前は(呆れ)

※補足:はい、時事通信が(共同通信も)元同盟通信社でGHQの手入れ後、特亜に毒された機関だとはもちろん存じていますよ。これは皮肉です。

--
●自民「忍者議連」を設立=訪日客誘致後押し【地域創生/各紙】

忍者の魅力を世界に発信することを目指した自民党の「忍者NINJA議員連盟」(会長・古屋圭司衆院議院運営委員長)の設立総会が22日、衆院議員会館で開かれた。
三重県伊賀市や滋賀県甲賀市など忍者にゆかりのある自治体などでつくる日本忍者協議会を支援し、忍者を活用した観光振興や地域活性化が狙い。
「忍者ブランド」を確立するため、忍者を題材とした映画やマンガの普及、博物館の設立を検討。2020年の東京五輪・パラリンピックを見据え、訪日観光客誘致を後押ししたい考えだ。


東京五輪に来たあとで、滋賀県や三重県に行くと思うか???
すぐ隣に世界王者の京都があるのに???

心配なのは、どちらも旧民主党系が強い、左翼や共産主義者の砦エリアであること。
中韓財界と結んで、利用はするが日本に金は落とさない還流観光ルートなんかをこさえたりして。というか、あたしならそうする。

自民党だけで結成された、超党派ではないことにもちょっとひっかかる。
案外、政府与党による同地票田への殴り込みかな。
それこそ忍びの者を派遣して現地調査させたいな。

なお、日本の忍者ブランドを売り込むなら『NARUTO』との連携が必須で、かたや侍ブランドなら『るろうに剣心(海外名:SAMURAI・X)』が定石……だったのですが、作者の和月伸宏(本名・西脇伸宏 47)が児童買春・児童ポルノ禁止法違反(単純所持)容疑で書類送検されて以来、ちょっと情勢が変わったかもしれない。
(海外は児童性癖に、日本の百倍厳しい)。

海外でも放送されている侍マンガって、あとはなにがあるかしら…(´・ω・`)
ブリーチやサムライチャンプルー、なんならガンダムだってビームサーベルのチャンバラか(笑)


--
■後記
--
頭のいいバカ、と書くとなんだか斜に構えながらお高くとまって、嫌な顔して沢尻エリカをいぢめる菜々緒みたいなので、代わりに「バカだけど頭いい」例をひとつ。

☆ブログ「この星を守るため」2017.12.31『よりもいについて』
http://jare59.blogspot.jp/2017/12/blog-post_31.html



先日テレビで『イッテQ』登山部の南極ヴィンソン・マシフ登頂を見たせいもありますが、あの氷の死地にて、わざわざ大晦日に、こんなことしていた観測隊員がいると知ると、それだけで元気になれます。

いわゆる「頭のいいバカ」は、人をげんなりとさせます。元気を奪い、やる気を奪い、もしかしたらその無気力状態がお前の望みか?と思うほど、ポンスケな態度や口調で心身にアタックしてきます。頭がいいんだろうけど、バカだな、と思うのです。

つまり、ただいながらにして人を元気にするような方を、私は好んでいるのでしょう。なんなら憧れてもいる。だから賛辞を贈る。

ただバカ騒ぎをするのではなく、ただバカなことをするのでもない。
これはもう、センスよね。


関西ではバカはいざ知らず、アホは時として褒め言葉になります。
ダウンタウン浜ちゃんが自身笑いながら「こいつアホや」と言うときは、自分のツッコミを要しないほどに、すでに出来上がった笑いの種がまかれた時です。
頭を叩く時は、その仕切りが必要な時であって、この差がなかなかわからない人にはわからない。

南極で観測隊員になるほどの学はなく、かといって無知蒙昧な荒み方で金や博打や女など、刹那の享楽に耽る度胸はない。

頭がいい風を装うほどの厚顔無恥ではなく、ならばとPC・スマホを離れて実社会の中で汗かき“カイゼン”に奔走するほど勇猛果敢なわけでもない。

ま、「頭がいいバカ」のそしりを恐れるあまりにただのバカに成り果てる、そんなことのないよう気をつけてはいるのですが。

もうちょっとお気楽極楽で生きていたいのですがねぇ。


では、また(^_^)/

最新のコメント

  • 名無しさん2018-01-29 19:22:36

    カジノの機材メーカーを狙う、というお話は面白く、初耳の意見でした。

    ぜひ続報をお願いします。

  • 名無しさん2018-01-12 23:09:00

    お帰りなさい!

  • 名無しさん2013-04-28 02:00:52

    勉強させていただいてます。選んでいるニュースも楽しみですが、コメントを楽しみにしています。これからもがんばってください。

  • 名無しさん2012-12-04 09:55:42

    遅くなりましたが、民主党政権についてコメントいただき、ありがとうございました!

    これから選挙ですが、まったく困ってしまいます(私の場合は、都知事もです)。

    上から目線で申し訳ないですが、まともだと信じたい代議士が何か洗脳されていて、その間に変なのがスッと入り込んでくるような感じで。。。どこかにも書かれていたかもしれませんが、増税・脱原発等をすべてセットにすること、また、特に弁護士出身の代議士にも疑問を感じてきています。私の個人的な愚痴ということでお許しください。

    これからもコメントの切れ味!を楽しみにしています。

  • 名無しさん2012-11-22 11:32:40

    いつも楽しく(本当はそれだけではいけないと思うのですが)拝見しています。発行者様のコメントも、シュール((笑))で、秀逸で、とても勉強になります!世間的には受けがよさそうな人に対しても、サラッとしたコメントが何とも言えず、「あっ、実はそんなひとだったんだ」と気づかせてくれます。



    もし、すでに書いておりましたら、恐縮なのですが、民主党政権とはなんだったのか、コメントしてくださるとうれしいです。

    私自身は、正直、期待をしていた反面、根本的に政権としての体をなしておらず、不満は残っています。メンバーも魅力ある方もなかなかいませんし、投票する気分ではないです(じゃ、ほかにどこに?というと困ってしまう状況です)

    ただ、簡単に最低・最悪の政党と切り捨てていいのか、と思っています。私自身は、元経済産業相の古賀重明氏が話しているあたりのことが穏当なのか、と感じていますが。。。

    いろいろ書いても申し訳ございません。

    また、おもしろい記事楽しみにしています。