健康・家庭の医学

バッチフラワーだより

「バッチ国際教育プログラム」を日本で唯一実施しているバッチホリスティック研究会発行のメルマガです。
英国バッチセンターからの最新情報や、暮らしに役立つオリジナルなバッチフラワーレメディの情報、各種講座の開催スケジュールなどをお伝えします。
心のバランスを取り戻すセルフケアをサポートします。


全て表示する >

『バッチフラワーだより』vol.77

2017/11/29

科学的な解明がまだ十分ないバッチフラワーは「アヤシイ」か?

11月25・26日に、豊洲の東京有明医療大学で、第21回日本統合医療学会
と日本ホリスティック医学協会の合同大会が開催されました。

大会委員長は、バッチのシンポジウムで話して頂いたこともある川嶋朗先生で、
これからの日本の統合医療が目指す方向性として、テーマを『患者中心の医療」
にされたということで、全国から医師、研究者、施術者らが多数参加していました。
学会の学術的な発表や、ふたつの団体の重鎮である渥美先生と帯津先生の対談
や、統合医療を実践する病院やクリニックの医師たちの発表、最新の医療
の知見や患者の声まで、盛り沢山なプログラムが用意されていて、学び
の多い大会でした。

ホリスティック医学協会側のプログラムで、ソニーのアイボの設計者で知られる
天外伺郎さんが「『無分別智医療』の時代へ」という基調講演をされ、そのあと
1.インテグラル・ライフ 鈴木規夫氏 2.メディカルハーブ 林真一郎氏
3.フラワーレメディ 林サオダ 4.アントロポゾフィー医学 山本忍氏
5.エソテリック・ヒーリング 神尾学氏 
が話して、最後にパネルディスカッションがありました。

工学博士である天外さんは「生体共鳴」という観点で、身体智=無分別智と考えたと
いうことを、Oリングテストやゼロサーチを例にあげて説明されました。
そして「科学的には説明できないが、有効な医療が存在し、それらを『無分別智医療』
と呼んでいる。」と言われました。
私は2006年から2008年まで、天外さんのホロトロピックネットワークの機関紙にバッチ 
フラワーのことを連載していたことがあったのですが、バッチフラワーは科学的な説明が
十分されていないが、世界に普及している事実と経験値はあるわけです。
バッチ博士自身は、「科学も知識もいらない」と言う言葉を残していますが、
現在のエビデンス中心の検証法では説明しきらない世界にも、今後関心をもつ方が
増えるのかもしれないと思いました。

そして前日25日には、理論物理学者の保江邦夫先生がご自身の大腸がんからの生還と
「愛」について話され、こちらも非常に興味深く、さらに学びを深めたいと思いました。 

統合医療においては、「分別智」の現代医学の知見と共に、「無分別智」の代替療法や 
エネルギー医学についても有用性を認めていく方向に向かう兆しが感じられます。


林サオダ


☆━━━━━━━━━━━━ ━━━━━━━━━━━━☆

目次 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆ 11月〜1月の『バッチ国際教育プログラム』スケジュール
■1  バッチ博士の言葉『なんじ自身を癒せ』から
■2  典型的な状態と、口にしやすい言葉『ウィロー』
■3  関連性が考えられる2つのレメディ
■4  バッチミニ知識
■5  関連セミナー・イベントのご案内


☆★☆★☆★☆★☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


★ バッチ国際教育プログラムが日本で開始して、20周年! ★

レベル1〜3の受講生の声はこちらから↓
http://www.bachflower.gr.jp/biep/biep_voice.html


あなたもご自身や家族、まわりの人々をケアできるバッチフラワーレメディを
学んでみませんか?
日常生活に取り入れ、安全に毎日使える自然療法への第一歩です。
世界30数ヶ国で伝えられている「バッチ国際教育プログラム」をレベル3
まで修了すると、イギリスのバッチセンターに国際登録する道が開かれています。
世田谷の静かな環境の中で、また全国各地で、少人数制コースが受講できます。


◆ 11月〜1月のBIEP(バッチ国際教育プログラム)開催スケジュール

・ 11月30日〜12月3日 (木〜日)レベル3東京
・ 12月16日・17日(土日)レベル1東京
・ 1月20日・21日(土日)レベル1東京
・ 1月20日・21日(土日)レベル2福岡
・ 1月27日・28日(土日)レベル2東京


BIEP開催に関する詳細は、研究会のウェブサイトの開催スケジュールを
ご覧ください。
http://www.bachflower.gr.jp/


===================
再受講割引のご案内
===================
BIEP(バッチ国際教育プログラム)を再受講される場合、割引料金で
ご受講ができます。
対面コースと通信教育を両方受講してみたい、前回受講してから時間が
経ってしまったのでもう1度復習してみたいという場合などにぜひご受講
ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆★☆★☆★☆★☆

■1 バッチ博士の言葉

「ある人や生き物が、どんなに低い存在に見えようとも、その内部には
「神の火花」があり、それがゆっくりと、しかし確実に、その存在が
「創造主」の栄光によって照らし出されるところまで成長することを忘れては
なりません。」

『なんじ自身を癒せ』より

---------------------------------------------------------☆

■2 典型的な状態と、口にしやすい言葉 『ウィロー』

「どうして私ばかりこんな目にあわなければいけないのだろう。」

「みんなが嫌がる仕事をいつも自分ばかりがしている、こんなに
頑張っているのに、評価されるのは要領のいい同僚で嫌になる。」

「持病のせいで毎日あちこち調子が悪いし、元気が出ない。
もう少し健康に恵まれていればこんな生活じゃなかったはずなのに。
溌剌とした友達を見ると、恨めしい。」


ウィローが必要な状態の人は、 他人が自分を不当に扱うと感じたり、
運命の女神が自分には微笑まないと感じ、被害者意識があります。

---------------------------------------------------------☆

■3 関連性が考えられる2つのレメディ

「ウィロー」と「ゲンチアナ 」は、物事がうまくいかない時に、ウィロー
が必要な人は、理不尽なことをした相手に対して憤りを感じ、自分は被害者で
みじめだと、自己憐憫の感情をもちます。一方ゲンチアナは、おうまくいかない
ことについて挫折感を味わい、失望し落胆して、落ち込み、そもそも物事
がそんなにうまくはいかないのかもしれないと疑いの気持ちがわいてきます。
ウィローとゲンチアナのどちらかだけが必要な場合もあるでしょうし、落ち込んで
その結果、ウィローの気持ちが湧いてくることもあるでしょう。

---------------------------------------------------------☆

■4 バッチミニ知識

先日森林療法協会に呼ばれて、バッチフラワーレメディの植物の中の
木になる花を中心に説明しました。

ケルトの木の暦から9種類が選ばれていて、バッチ博士がウェールズを
こよなく愛したのは、ケルトの末裔で木々や植物と交信したのでは
ないかと言われています。
ゴース、ウィロー、オーク、ヘザー、ホリー、クラアップル、アスペン、
パイン、ビーチ。
また他にもレメディに使われている木本植物は、チェリープラム、エルム、
ホワイトチェストナット(チェストナットバッド*)、ラーチ、ホーンビーム、
ウォルナット、レッドチェストナット、スィートチェストナット、ハニーサックル
です。*は同じ木の蕾と花で、2度レメディを作ります。


---------------------------------------------------------☆

■ 関連セミナー・イベントなどのご案内


今後も新たな講座や講演などの開催を予定しています。
詳細はウェブサイトの下記「セミナー・イベント」のページをご覧ください。

http://www.bachflower.gr.jp/bhk/miniseminar.html

..................................................................................................................


●「BHC ボタニカルホリスティックコンシェルジュ」

11月より新たな自然療法の講座が始まりました。
女性の一生に起きる様々な場面や変化を切り取り、「アロマ・ハーブ・バッチ」の
3つの視点からのアプローチを学んでいきます

「アロマ・ハーブ・バッチ」の植物の癒しのつまった「緑の薬箱」をあなた仕様で、
ご自分や家族やクライアントのホリスティックケアに活かしていってください。
そして、あなたも、植物が支えるヘルシーライフのコンシェルジュ(案内役)に
なりませんか?

2月までの全8回のうち、1講のみでの受講もできます。

「ボタニカルホリスティックコンシェルジュ」
ウィメンズヘルスコース 〜植物の恵みと生きる〜


全8回(2017年11月7日〜2018年2月)

講師:
林 サオダ バッチホリスティック研究会代表理事・認定講師
林 真一郎 バッチホリスティック研究会理事・薬剤師


詳細は下記よりご覧ください。
http://www.bachflower.gr.jp/bhk/bhc/botanicalholisticconcierge.html

..................................................................................................................


● バッチ博士の宇宙観を学ぶ

2018年1月25 日(木)13:00〜16:00

バッチフラワーレメディの背景にあるバッチ博士の哲学を学ぶ講座です。
「なんじ自身を癒せ」を中心に、博士の豊かなメッセージを読み解いていきます。
バッチ博士は何を考えていたのかに関心がある方なら、どなたでも参加できます。


詳細は下記ページから
http://www.bachflower.gr.jp/bhk/miniseminar.html

..................................................................................................................


● 『ホリスティックヘルス塾 基礎講座』

2018年1月30日(火)14:30〜17:30

バッチ博士自身、ホリスティックな宇宙観をもっていた医師でしたが、
3時間で、人間まるごとをとらえたホリスティックな健康観を学んでみませんか?
NPO法人日本ホリスティク医学協会の「ホリスティックヘルス塾ー基礎講座」を
桜新町バッチホリスティック研究会にて、林サオダが同医学協会認定
ホリスティックヘルス塾インストラクターとして開講します。
詳細はホリスティック医学協会webサイトhttp://www.holistic-medicine.or.jp/
をご覧ください。

詳細、お申込は下記ページから
http://www.bachflower.gr.jp/bhk/bhk_holisticpeople.html

..................................................................................................................


≪バッチ財団登録プラクティショナー(BFRP)対象≫

● 「バッチフラワー入門」開講講座
2018年1月12日(金)10:00〜17:00(大阪)

● スタンダードコンサルテーション研修
2018年1月13日(土)10:00〜17:00(大阪)

2018年1月19日(金)10:00〜17:00(福岡)


詳細、お申込は下記ページから
http://www.bachflower.gr.jp/bhk/miniseminar.html


---------------------------------------------------------☆

★★ フリースペース レンタルのご案内 ★★

バッチホリスティック研究会では、セミナーで使用しているスペースを、
平日の空いている時間にプラクティショナーとレベル3受講生に使用して
いただけます。
ミニセミナーやコンサルテーション、施術や講習など、様々な用途で
お使いいただけるスペースが2部屋ありますので、用途や人数に合わせて
お選びいただけます。
渋谷から電車と徒歩で30分圏内の便利な場所です。
施術用ベッド持込可

プラクティショナー支援の『コンサルテーションパッケージ』を
お申込いただくと、レメディセットや指標パンフレットがセットになって
いますので、手ぶらで来ていただきコンサルテーションをすることが
できます。また、クライアントのトリートメントボトルの購入も可能です。

料金その他のご案内、お申込は下記ページから
http://www.bachflower.gr.jp/bhk/bachrentalspace.html

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2011-09-29  
最終発行日:  
発行周期:月刊  
Score!: 90 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。