健康・家庭の医学

バッチフラワーだより

「バッチ国際教育プログラム」を日本で唯一実施しているバッチホリスティック研究会発行のメルマガです。
英国バッチセンターからの最新情報や、暮らしに役立つオリジナルなバッチフラワーレメディの情報、各種講座の開催スケジュールなどをお伝えします。
心のバランスを取り戻すセルフケアをサポートします。


全て表示する >

『バッチフラワーだより』vol.70

2017/04/28

自己理解

4月も終わりになり、桜前線も北上しています。
ご自身やご家族の入園・入学・入社・転勤など、新しい生活がスタート
した方もおられることでしょう。

今月私は、関西、北海道、九州にバッチフラワーのコースや
セミナーで出かけ、人間が出会い、その場でお互いが交流していく
ことのパワーを、改めて感じました。
インターネットで情報が溢れていると、あたかも沢山の人と
つながっているように錯覚しますが、やはり最もパワフルなのは
同じ時間と空間を共有している人同士が出会う体験だと思います。
人の意見に共感したり、自分はそうは考えないなと気づいたり、
ライブの交流だからこその醍醐味です。

そして、東京で開催した「ホリスティックヘルス塾」でのディスカッション
では、人間の生老病死とのホリスティックなとりくみには、人がひとり
ひとり違うという認識がいかに大事かという話しになりました。

個別に自分にバッチフラワーレメディを選ぶプロセスそのものは、
自己理解を助けます。



林サオダ

☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆

目次 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆ 5月〜6月の『バッチ国際教育プログラム』スケジュール

■1  バッチ博士の言葉 『なんじ自身を癒せ』から
■2  典型的な状態と、口にしやすい言葉『バーベイン』
■3  関連性が考えられる2つのレメディ
■4  バッチミニ知識
■5  関連セミナー・イベントのご案内


☆★☆★☆★☆★☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


★ バッチ国際教育プログラムが日本で開始して、20周年! ★

レベル1〜3の受講生の声はこちらから↓
http://www.bachflower.gr.jp/biep/biep_voice.html


あなたもご自身や家族、まわりの人々をケアできるバッチフラワーレメディを
学んでみませんか?
日常生活に取り入れ、安全に毎日使える自然療法への第一歩です。
世界30数ヶ国で伝えられている「バッチ国際教育プログラム」をレベル3
まで修了すると、イギリスのバッチセンターに国際登録する道が開かれています。
世田谷の静かな環境の中で、また全国各地で、少人数制コースが受講できます。


◆ 5月〜6月のBIEP(バッチ国際教育プログラム)開催スケジュール

・ 5月16・23・6月6・13・20・27 (毎週火曜全6回)10:30〜12:30 レベル1PTT東京 
・ 5月18日〜21日 (木〜日)レベル3東京
・ 5月27日・28日 (土日)レベル2東京
・ 5月30日・31日 (火水)レベル1東京
・ 6月9日〜12日 (金〜月)レベル3大阪
・ 6月10日・11日 (土日)レベル1東京
・ 6月17日・18日 (土日)レベル2東京


BIEP開催に関する詳細は、研究会のウェブサイトの開催スケジュールを
ご覧ください。
http://www.bachflower.gr.jp/


===================
再受講割引のご案内
===================
BIEP(バッチ国際教育プログラム)を再受講される場合、割引料金で
ご受講ができます。
対面コースと通信教育を両方受講してみたい、前回受講してから時間が
経ってしまったのでもう1度復習してみたいという場合などにぜひご受講
ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆★☆★☆★☆★☆

■1 バッチ博士の言葉

「私達は断固として安らぎを保ち、自分の心はいつも穏やかな湖のようで、
波がなく、さざ波すら立たず、その静謐さが乱されることはないと想像しなければ
なりません。そして人生のどんな出来事も、どんな環境も、どんな他の人格も、
いかなる状況でも、その湖の表面を波立たせることはできず、どんな苛立ちや、
憂鬱や、疑いの感情も起こすことができないところまで、その安らぎの状態を徐々に
自分のなかで発達させてゆかねばなりません。」

『なんじ自身を癒せ』より

---------------------------------------------------------☆

■2 典型的な状態と、口にしやすい言葉 『バーベイン』

「健康のためには◎◎はあまり食べない方がいいし、××もよくないんだ、
なぜなら〇〇●●□が△△◆◆なんだよ。あなたはこないだ病気をした
ばかりなんだし、毎日絶対に気をつけた方がいいよ!それから健康
を維持するのには●▽□◎×▲を勧めるから、ねっ!」

「こんな不正が許されていいはずが無い、こんな世の中に誰がした
のでしょう??あなたもそう思いませんか??だから私はこうして
毎日署名を集めているんです、あなたのお子さんたちの将来のためにも
黙っていてはいけないと思いますよ!」

バーベインが必要な状態の人は、理想や信念をもっていて、それを伝え
ようと熱中するので、ほかが見えなくなってしまいます。自分の考えを熱く
語り、説得しようとするでしょう。

---------------------------------------------------------☆

■3 関連性が考えられる2つのレメディ

「バーベイン」と「バイン」の状態は、バーべインで理想や信念をもち、
まい進すると、ますます視界が狭くなり、熱い思いを訴えたり説得しても
反応してこない人たちに対して、時には強い要望を口にして、半ば強引に
従ってほしいと言う場合は、「バイン」も同時に必要になるかもしれません。

自分の判断がベストだと考えているために、有無を言わさず相手に自分の
考えに従うように求めるなら、「バイン」だけで対応できるでしょう。

---------------------------------------------------------☆

■4 バッチミニ知識

「人間は心が傷つくことがある」と誰もが知っていますが、どういう時に、
どう傷つくかは、ひとりひとり違い、その反応の現れ方も違うので、
注意深く言動を見ていないと見逃してしまうと思います。
私が敬愛するカウンセリングの名手や先生たちは、こぞって「注意深く
聞いていれば、言語非言語で本人の気持ちを表現している」と教えて
くれました。勿論日常生活ではそこまでの丁寧さで話を聴くことは
できませんが…。

そんなことを考えながら、日々出会う人や旅先で出会う人の言葉を
思い返すことがあります。そのような場ではなかったから、あえてそれ以上
を聞かなかったけれど、ストーリーがある、ドラマがある内容だったなぁと、
物想いにふけっている自分に気づいて、クレマチスを飲みました。
そうしたら、ルイ・アームストロングのWhat a Wonderful World のメロディーが
幻聴のように感じられました。 これは私としてはバランスがとれた証拠
なのですが、そう言ったら親しい友人が、「それはまだクレマチスの状態
じゃないの?」と笑われました。

---------------------------------------------------------☆

■5 関連セミナー・イベントなどのご案内
..................................................................................................................

今後も新たな講座や講演などの開催を予定しています。
詳細はウェブサイトの下記「セミナー・イベント」のページをご覧ください。

http://www.bachflower.gr.jp/bhk/miniseminar.html

---------------------------------------------------------☆

● バッチ国際教育プログラムを2時間×6回で学ぶPTTコースが東京でも始まりました! 

地方での開催に加え、東京でも2017年1月より2時間×6回で学ぶPTTコースが
開始しました。6回全てに出席するとバッチ国際教育プログラムレベル1の
修了証が発行されます。

現在、神奈川、大阪、京都、長野、名古屋(2ヶ所)、岐阜(2ヶ所)、福岡(2ヶ所)
東京でPTTコースを開催しています。

東京での次回開催は5月16日(火)より6月27日(火)までの6回(5/16・23・6/6・
13・20・27 )となります。

詳細、開催スケジュールは決定後、随時ウェブサイトにてお知らせいたします。
http://www.bachflower.gr.jp/

---------------------------------------------------------☆

● 『ホリスティックヘルス塾 基礎講座』

バッチ博士自身、ホリスティックな宇宙観をもっていた医師でしたが、
3時間で、人間まるごとをとらえたホリスティックな健康観を学んでみませんか?
NPO法人日本ホリスティク医学協会の「ホリスティックヘルス塾ー基礎講座」を
桜新町バッチホリスティック研究会にて、林サオダが同医学協会認定
ホリスティックヘルス塾インストラクターとして開講します。
詳細はホリスティック医学協会webサイトhttp://www.holistic-medicine.or.jp/
をご覧ください。

・2017年7月20日(木)10:00〜13:00

詳細、お申込は下記ページから
http://www.bachflower.gr.jp/bhk/bhk_holisticpeople.html

---------------------------------------------------------☆

● 『林サオダのイメージワーク』〜心の扉を開くイメージの世界を体験〜

私たちの中には、豊かなイメージの世界が広がっています。
自分がこれまで知らなかった、埋もれている叡智にアクセスする
方法であるイメージワークを、心理学者のディナ・グローバーマン博士
(www.dinaglouberman.com)に直接師事した林がご紹介します。
きっと新たな発見があることでしょう!

日時:2017年6月15日(木)10:30〜17:30
会場:バッチホリスティック研究会 セミナールーム
ファシリテーター: 林サオダ イメージワーク認定講師
受講料: 一般 20,000円 / BIEP受講生・BFRP 18,000円
「イメージワーク入門」ディナ・グローバーマン著 春秋社刊を進呈
当日は、動きやすい服装でおいでください。

詳細、お申込は下記ページから
http://www.bachflower.gr.jp/bhk/bhk_imagework.html

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

≪過去の開催分より≫

はるばる遠方から参加してくださった方たちもいて、本人の中
からわいた豊かなイメージの世界は、それぞれの方に多くの
気づきをもたらしました。
意識下にある叡智にアクセスして、ご自分の答えをみつけた人、
気づかなかった自分の強さを知った人、具体的な次のステップ
にシフトした人などがいたのは、嬉しいことです。

林サオダ


◎ 参加者の声
「思いがけないイメージを体験したけれど、ワークが終わって
みると、とても納得できた!」
「充実した一日だった。これからの一歩がわかった。」
「イメージが浮かばないのではと心配だったが、体験できた。」
「イメージとして体験したことの意味は、自分がいちばんわかる
と思った。」

---------------------------------------------------------☆

≪バッチ財団登録プラクティショナー(BFRP)対象≫

● スタンダードコンサルテーション研修

2017年6月7日(水)10:00〜17:00(東京)

詳細、お申込は下記ページから
http://www.bachflower.gr.jp/bhk/miniseminar.html

---------------------------------------------------------☆

● 『バッチ博士の宇宙観を学ぶ』 

・2017年6月29日(木)13:00〜16:00

バッチフラワーレメディの背景にあるバッチ博士の哲学を学ぶ講座です。
「なんじ自身を癒せ」を中心に、博士の豊かなメッセージを読み解いていきます。
バッチ博士は何を考えていたのかに関心がある方なら、どなたでも参加できます。


詳細は下記ページから
http://www.bachflower.gr.jp/bhk/miniseminar.html

..................................................................................................................

★★ フリースペース レンタルのご案内 ★★

バッチホリスティック研究会では、セミナーで使用しているスペースを、
平日の空いている時間にプラクティショナーとレベル3受講生に使用して
いただけます。
ミニセミナーやコンサルテーション、施術や講習など、様々な用途で
お使いいただけるスペースが2部屋ありますので、用途や人数に合わせて
お選びいただけます。
渋谷から電車と徒歩で30分圏内の便利な場所です。
施術用ベッド持込可

プラクティショナー支援の『コンサルテーションパッケージ』を
お申込いただくと、レメディセットや指標パンフレットがセットになって
いますので、手ぶらで来ていただきコンサルテーションをすることが
できます。また、クライアントのトリートメントボトルの購入も可能です。

料金その他のご案内、お申込は下記ページから
http://www.bachflower.gr.jp/bhk/bachrentalspace.html

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2011-09-29  
最終発行日:  
発行周期:月刊  
Score!: 90 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。