健康・家庭の医学

バッチフラワーだより

「バッチ国際教育プログラム」を日本で唯一実施しているバッチホリスティック研究会発行のメルマガです。
英国バッチセンターからの最新情報や、暮らしに役立つオリジナルなバッチフラワーレメディの情報、各種講座の開催スケジュールなどをお伝えします。
心のバランスを取り戻すセルフケアをサポートします。


全て表示する >

『バッチフラワーだより』vol.67

2017/01/27

メルマガを読んでくださっているみなさま

あけまして、おめでとうございます。
どうぞ、今年もよろしくお願い致します。

新しい年になって、みなさま、気持ちも新たに日々を過ごして
おられることと思います。

私は、バッチ国際教育プログラムで、プラクティショナーを養成
するレベル3を長年、国内だけでなく台湾や韓国でも教えてきて、
バッチ博士の哲学の深い意味をますます感じています。

バッチフラワーレメディは、化学的に合成された薬で感情を鈍麻
させたり、抑え込んでしまうのとは全く違う形で、人間の感情面
に働きかけるということについて、最初は半信半疑なところから
使い始めましたが、自分自身や多くの実例をとおして、レメディが
精神的な安定をもたらすことを確信しています。
自分に必要なレメディを選ぶことを繰り返すプロセスそのものが、
自己理解を深め、自分を信頼する意味の「自信」を与えるので、
コースを終えた方たちは、自分の内面の成長を自覚されることが
多いのも、レメディ自体の効用とバッチ博士の哲学のなせる業
でしょう。

初めて使う方から、他者をサポートする人まで、何らかの形でバッチ
フラワーの恩恵を実感した人たちは、バッチ博士の
「かえがえのない、あなただけの人生を生きるために、あなたはここ
にいるのですよ。そして自分で自分を癒すことができるのですよ。」と
いうメッセージも同時に受けとっていると思われます。


林サオダ

☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆

目次 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆2月〜3月の『バッチ国際教育プログラム』スケジュール

■1  バッチ博士の言葉 『なんじ自身を癒せ』から
■2  典型的な状態と、口にしやすい言葉 『スクレランサス』
■3  関連性が考えられる2つのレメディ
■4  バッチミニ知識
■5  関連セミナー・イベントのご案内


☆★☆★☆★☆★☆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


★ バッチ国際教育プログラムが日本で開始して、20周年! ★

レベル1〜3の受講生の声はこちらから↓
http://www.bachflower.gr.jp/biep/biep_voice.html


あなたもご自身や家族、まわりの人々をケアできるバッチフラワーレメディを
学んでみませんか?
世界30数ヶ国で伝えられている「バッチ国際教育プログラム」をレベル3
まで修了すると、イギリスのバッチセンターに国際登録する道が開かれています。
世田谷の静かな環境の中で、また全国各地で、少人数制コースが受講できます。


◆ 2月〜3月のBIEP(バッチ国際教育プログラム)開催スケジュール

・  2月10日〜13日 (金〜月)レベル3東京
・  2月25日・26日 (土日)レベル1東京
・  3月11日・12日 (土日)レベル1東京
・  3月18日・19日 (土日)レベル2東京

BIEP開催に関する詳細は、研究会のウェブサイトの開催スケジュールを
ご覧ください。
http://www.bachflower.gr.jp/


===================
再受講割引のご案内
===================
BIEP(バッチ国際教育プログラム)を再受講される場合、割引料金で
ご受講ができます。
対面コースと通信教育を両方受講してみたい、前回受講してから時間が
経ってしまったのでもう1度復習してみたいという場合などにぜひご受講
ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━☆★☆★☆★☆★☆

■1 バッチ博士の言葉

「私たちは、他人を愛することを学ぼうと努力しなければなりません。
多分最初はただひとりの人を、でなければ一匹の動物でもよいから愛し
始め、その愛をより広く、より広い範囲に広げてゆきましょう。そして
それと反対の欠点が自動的に消えてしまうまで、発達させてゆきましょう。
憎しみが憎しみを呼ぶように、愛は愛を呼びます。」

『なんじ自身を癒せ』より

---------------------------------------------------------☆

■2 典型的な状態と、口にしやすい言葉 『スクレランサス』

「昨日まではあんなに行きたかったのに、今日は行くのがとても面倒だ。」

「Aちゃんに薦められたサプリメントを注文してみたいけど、前回Bちゃんに
薦められて買った健康食品も途中で飲むのをやめてしまったし、どうしようかな。」

「これ、ずっと迷っているんだけど買おうかどうしようか決められない、セールの時期に
なったらもっと安く買えるかもしれないし、春になったら新型が出るかもしれないし。」 


スクレランサスが必要な状態の人は、決断ができず、優柔不断にみえるでしょう。
あれにしようと言ったと思うと、そのそばからやっぱりこっちにしようと言うのです。 
揺れ動く気持ちに役立つレメディで、感情の浮き沈みが激しい場合にも使うことが
できます。

---------------------------------------------------------☆

■3 関連性が考えられる2つのレメディ

「スクレランサス」と「ワイルドオート」の関連性を考えてみると、
どちらも、決断ができないという点で共通点があるように思えますが、
人生の方向性が見えなくなっての決断ができず、立ち止まっている
というような大きなテーマでの問題には、ワイルドオートが必要です。
スクレランサスのほうは、日常的な事柄や、さまざまな選択で、迷って
決めかねる場合に必要です。あれがいいかもしれない。いや、こちら
もよさそうだ。でもやっぱりあれがいいのだろうか…。などと逡巡
して、いつまでも決められない傾向性があれば、使うとよいでしょう。

---------------------------------------------------------☆

■4 バッチミニ知識

普通の会話の中にも、その人らしい個性や、感じ方がちりばめられています。
会話をレメディの勉強に使ってみましょう。(林)

A 「何だか自分には、大いなる誤解や思い込みがあるという気持ちが
膨らんできて、いささか困っているんだけれど…。」

具体的に何に関して思い込みだと思ったのかを聞かないと、適切な
レメディはわかりにくいですが、他人が関わっている内容なら、思っていた
のとは違うという幻滅感、失望感にゲンチアナ、その人に対する不信感
や怒りにはホリーなど考えられるでしょう。

または、思い込みには、本人が造り出したイメージや空想癖がからんで
いるなら、クレマチスが必要になるでしょう。

B「よかったね…。(笑い)困っているなら健全だわ。人格障害の人は自分は
困らないで、周りを困らせるって話よ。(笑い)」

こんな風なやりとりができるとすれば、かなり親しい友人同士でしょう。
Bさんの、全体に軽い話にしていこうという感じは、アグリモニーが感じられます。

実際の会話は、常に微調整しながら進んでいくので、Bさんの返し方に、Aさんが
腹をたてたり、「もっとまじめに聞いてよ」と言えば、流れは変わるでしょう。

---------------------------------------------------------☆

■5 関連セミナー・イベントなどのご案内
..................................................................................................................

● バッチ国際教育プログラムを2時間×6回で学ぶPTTコースが東京でも始まりました! 


これまで、東京ではバッチ国際教育プログラムレベル1を終日2日間で学ぶ
コースを開催していましたが、2017年1月より2時間×6回で学ぶPTTコースが
開始しました。6回全てに出席するとバッチ国際教育プログラムレベル1の
修了証が発行されます。

これまでも、PTTコースを開催していた仙台、神奈川、名古屋、大阪、京都、広島
に加え、2017年より長野、名古屋(2ヶ所目)、岐阜(2ヶ所)、福岡(2ヶ所)での
開催が新たに始まりました。

次回は4月4日(火)より5月16日(火)までの6回(4/4,11,18,25,5/9,16)開催となります。

詳細、開催スケジュールは決定後、随時ウェブサイトにてお知らせいたします。
http://www.bachflower.gr.jp/

..................................................................................................................

≪バッチ財団登録プラクティショナー(BFRP)対象≫

● スタンダードコンサルテーション研修
2017年3月25日(土)10:00〜17:00(東京)

● バッチフラワー入門開講講座
2017年3月26日(日)10:00〜17:00(東京)

詳細、お申込は下記ページから
http://www.bachflower.gr.jp/bhk/miniseminar.html

..................................................................................................................

● 『林サオダのイメージワーク』〜心の扉を開くイメージの世界を体験〜

私たちの中には、豊かなイメージの世界が広がっています。
自分がこれまで知らなかった、埋もれている叡智にアクセスする
方法であるイメージワークを、心理学者のディナ・グローバーマン博士
(www.dinaglouberman.com)に直接師事した林がご紹介します。
きっと新たな発見があることでしょう!

日時:2017年4月8日(土)10:30〜17:30
会場:バッチホリスティック研究会 セミナールーム
ファシリテーター: 林サオダ イメージワーク認定講師
受講料: 一般 20,000円 / BIEP受講生・BFRP 18,000円
「イメージワーク入門」ディナ・グローバーマン著 春秋社刊を進呈
当日は、動きやすい服装でおいでください。

詳細、お申込は下記ページから
http://www.bachflower.gr.jp/bhk/bhk_imagework.html

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

≪2016年11月19日開催分より≫

はるばる遠方から参加してくださった方たちもいらっしゃり、
本人の中からわいた豊かなイメージの世界は、それぞれの方に
多くの気づきをもたらしました。

「思いがけないイメージを体験したけれど、ワークが終わって
みると、とても納得できた!」
「充実した一日だった。これからの一歩がわかった。」
「イメージが浮かばないのではと心配だったが、体験できた。」

意識下にある叡智にアクセスして、イキイキした表情になられた
方が多かったのが印象的でした。

林サオダ

..................................................................................................................

● 『ホリスティックヘルス塾 基礎講座』

バッチ博士自身、ホリスティックな宇宙観をもっていた医師でしたが、
3時間で、人間まるごとをとらえたホリスティックな健康観を学んでみませんか?
NPO法人日本ホリスティク医学協会の「ホリスティックヘルス塾ー基礎講座」を
桜新町バッチホリスティック研究会にて、林サオダが同医学協会認定
ホリスティックヘルス塾インストラクターとして開講します。
詳細はホリスティック医学協会webサイトhttp://www.holistic-medicine.or.jp/
をご覧ください。

・2017年4月26日(水)10:00〜13:00

詳細、お申込は下記ページから
http://www.bachflower.gr.jp/bhk/bhk_holisticpeople.html

..................................................................................................................

★★ フリースペース レンタルのご案内 ★★

バッチホリスティック研究会では、セミナーで使用しているスペースを、
平日の空いている時間にプラクティショナーとレベル3受講生に使用して
いただけます。
ミニセミナーやコンサルテーション、施術や講習など、様々な用途で
お使いいただけるスペースが2部屋ありますので、用途や人数に合わせて
お選びいただけます。
渋谷から電車と徒歩で30分圏内の便利な場所です。
施術用ベッド持込可

プラクティショナー支援の『コンサルテーションパッケージ』を
お申込いただくと、レメディセットや指標パンフレットがセットになって
いますので、手ぶらで来ていただきコンサルテーションをすることが
できます。また、クライアントのトリートメントボトルの購入も可能です。

料金その他のご案内、お申込は下記ページから
http://www.bachflower.gr.jp/bhk/bachrentalspace.html 

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2011-09-29  
最終発行日:  
発行周期:月刊  
Score!: 90 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2017/02/05

    今回取り上げられたスクレランサスの説明がこれまでより多面的に説明されているように感じました。よかったです。年会費をお支払いして、最も望んでいますのは、より深くレメディを理解したいという強い希望です! より一層の充実を望んでいます。ありがとうございました。